NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    飲料

    • 12:00

    革命的“コーラ”爆誕!「ドライコーラ」超うまい/“ウィルキンソン”は日本のブランド

    2016-07-21-22-46-03
    漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

    ウィルキンソンの新商品「ウィルキンソン タンサン ドライコーラ」が画期的においしいので紹介……するだけじゃ面白くないんで、ちょっと豆知識。「ウィルキンソン」って外資っぽいブランド名ですが、100年以上の歴史ある日本のブランドだって知ってました?


    • 07:30

    森永「マミー」50周年!タカラトミー「トミカ」「プラレール」とコラボパッケージ発売中!

    image
    漫画原作者の猪原賽です、こんにちは。

    “俺の冷蔵庫”でお馴染みの「ローソンストア100」で、こんな商品を見かけました。森永マミーとタカラトミーの「プラレール」「トミカ」コラボ商品。

    • 12:00

    【コレジャナイ】アメリカの乳酸菌飲料「ヤクルト」パチモノの名前が完全に日本人のダジャレセンスwww

    2015-03-16-23-18-33
    こんな写真をFacebookに投稿したところ、思わぬレスが来ました。

    この飲み方についてのツッコミ? いやいや、もちろんそれもありますが……どうやらアメリカにはヤクルトのパチモノが売ってるそうなんです。


    • 12:00

    ”甘酒”は夏の季語――冷水を注ぐだけの「冷やし甘酒」がお手軽べんり!おいしい!けど「赤」と「青」の甘酒、何が違うのか

    2014-05-20-11-15-37
    『甘酒』は夏の季語。冷やし甘酒を飲んでこの夏を乗り切りましょう」……と書いたのはもう一年前になるんでしょうか。
    そう言いながらわりと自分自身が甘酒を手軽に手に入れられなくて困っていたんですが、セブンイレブンでこんな商品を発見。
    森永「本格おうち茶屋 冷やし麹甘酒」。冷水を注ぐだけ、ノンアルコールのお手軽商品です。

    ホット自販機の真っ赤なアイツ、「甘酒」は夏の季語って本当?
    • 12:00

    ブラックの缶コーヒーがエナジードリンク顔負けのカフェイン含有量だったwww

    画像1
    先日、500ml缶でカフェイン190mg! というガツンとキそうなエナジードリンク「BLACKOUT」を紹介しましたが、その記事にこんなリアクションがありました。

    「カフェイン240mg/400mlの缶コーヒー飲んでますよ」

    おい。エナジードリンク、負けてんぞ?
    • 12:00

    カナダドライ「ホットジンジャー」の美味さに感銘し、コーラを温めたら大変な事になっちゃったヤツ

    画像1
    ホットの炭酸飲料「ホットジンジャー」。
    あったかいのに炭酸がシュワシュワ。画期的なドリンクだと話題になっていますね。

    その美味しさにハマり、コーラもホットでイケるんじゃなかろうか

    そんな無謀な挑戦をした友人が、写真と共にレポートを送って来ました。

    最初に言っておきますが、大変危険なので、炭酸缶飲料をご家庭で、湯煎してあっためようとしてはいけませんよ?w
    • 12:00

    サントリー×サーモス+セブンイレブン先行!「マイボトルドリンク drop」シリーズがアツい

    画像1
    オフィスで学校で、マイボトルを利用している方は多いと思います。
    これから買っておきたいなあ、と思う方もいるでしょう。
    私も在宅ワーカーながら、淹れたコーヒーがすぐぬるくなる季節となり、どうしようかなーと思っていたところ。
    旧友がTwitter上で絶賛している商品がありました。

    マイボトルドリンク drop」。

    現在1都3県とセブンネットサービスで先行販売されている、サーモスとサントリーがコラボしたマイボトル専用ポーション(希釈)ドリンクです。

    先行販売フェアで専用マイボトル(1,980円)を買うと、ドリンクポーションが3つ付いてくるので、即購入余裕でした。
    • 19:00

    【名古屋珍百景】おにぎり公式飲料「午後の紅茶おいしい無糖」キャンペーン・名古屋版

    画像1
    キリンビバレッジ「午後の紅茶 おいしい無糖」のキャンペーンとして、

    おにぎり公式飲料

    というCMや広告を見かけると思います。
    サンドイッチ公式飲料!?
    というテーマのCM第二弾もTVで見かけますよね。

    ところがここ名古屋では、どう考えても名古屋ローカルのキャンペーンが打たれていました。