NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    惣菜

    • 17:00

    看板がないステルスぶりに驚く!新橋老舗精肉店「石塚商店」のコロッケ他

    2017-04-28-10-45-15
    厚くて大きいコロッケ他、肉屋の惣菜がどれもおいしい新橋「石塚商店」を紹介します。創業昭和八年の老舗ながら、ビルの1階に入居し、看板がない。あまりにビルに馴染んでいるためステルスぶりがすごいんです。


    • 19:00

    中野の町のお肉屋さん「佐藤精肉店」は肉屋だけど弁当充実!…霜降りステーキ弁当2,350円が気になる

    2014-03-26-10-18-17
    「佐藤精肉店」と聞くと、吉祥寺の超有名な大行列・松阪牛メンチカツを思い出す方が多いでしょうが、中野区民である私にとっては、薬師あいロードの中腹にある町のお肉屋さん「佐藤精肉店」です。
    お肉屋さんですが、持ち帰りの弁当が充実しており、私は単純に「お弁当屋さん」として利用しています。
    でも、どうしても手を出せないお弁当があるんですよね……。
    それが「霜降りステーキ弁当」。
    ……2,350円

    • 19:00

    セブンイレブンの新商品「カニクリームコロッケ」が絶品!

    画像10
    おいしそうなフライ。
    これ、なんだと思いますか?
    今回は単純に「おいしかったのでオススメです」という話題。

    コンビニ各社はカウンター内にフライヤーを用意し、各種揚げ物、惣菜を用意しています。
    で、これはセブンイレブンの新商品「カニクリームコロッケ」
    これが絶品なんですよ!

    • 19:00

    「三代目茂蔵」の惣菜が超使える!安い美味いヘルシーな”豆腐メンチ”と”湯葉とろろごはん”

    画像2
    三代目 茂蔵」という豆腐チェーンをちょくちょく利用しています。
    豆腐や油揚げだけでなく、大豆を使用したお菓子や惣菜の種類が多く、またそれらが安くて美味しいので重宝しているんですよね。

    今日は「湯葉と豆腐とろろのごはん」というお弁当を見かけたので、つい買ってしまいました。
    これ、250円でしたよ。

    • 12:00

    スーパーで買える美味しくて安い本格鶏燻製!「チアーズ」ブランドの燻製シリーズがうまい

    画像1
    スーパーの精肉売り場でこんなものを見つけました。

    手羽先や砂肝など、種類豊富な「鶏の燻製」シリーズ。
    プライフーズのブロイラーブランド「チアーズ」の商品のようです。

    その値段も300円前後、この日は2つで500円セールもされており、格安。

    正直、全部買いたいと思いましたね。
    • 15:15

    蒲鉾屋の個性派コロッケ「おでんコロッケ」を食べに戸越銀座へ行こう

    画像13

    丸いコロッとした一口サイズのこのコロッケ。
    いったい何かおわかりでしょうか。
    ヒントは、かまぼこ屋さんで買えるもの。

    正解は、「おでんコロッケ」。

    戸越銀座の新名物「戸越銀座コロッケ」のバリエーションのひとつです。
    • 18:00

    驚異の一点突破で50年!きんぴらしか売ってない!川越のきんぴら専門店「斎藤牛蒡店」

    画像1

    川越の街を散策していると、こんなお店を発見。

    きんぴらごぼう専門店「斎藤牛蒡店」。
    きんぴらと言えば和食の惣菜として地味な存在ながら、惣菜店では欠かせない一品。
    しかし、きんぴらしか置いてない、きんぴら専門店となると、なかなか見かけませんよね。
    • 23:00

    なぎら健壱のお気に入り!おでん種の「増田屋」はお酒も飲める!あとなぜか洗面器使う

    画像5

    数年前、何の番組か忘れたんですが、なぎら健壱さんがテレビで紹介していたコチラ、埼玉県さいたま市、JR大宮駅近くのおでん種屋さん「増田屋」。

    店の表はおでん種屋、裏手に回るとおでん居酒屋、そしてなぜかうな重も食べられるという謎の居酒屋で、ぜひ一度お邪魔したいと思ってたのですが……数年を経て、やっと伺うことが出来ました!
    • 17:00

    デフレ止まらない!やばい!西友の「デカうま298」シリーズ弁当がでかい

    画像14

    アベノミクス効果でデフレ脱却!
    今年の花見弁当は3,000円の商品も!!
    ……なんてニュースが流れる中、まだまだ毎日のお弁当市場は当分デフレのまんまのようです。

    スーパー西友が若者、特にサラリーマンの需要を当て込んだ商品を3月23日から投入。
    それが「デカうま」シリーズ。
    その値段、ウワサの花見弁当の約1/10の価格、298円