NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    タイ

    • 12:00

    同じ!?別物!?賛否両論のトムヤムラーメン元祖“ティーヌン”監修カップラーメン食べてみた

    2015-04-03-15-14-57
    「ティーヌン大好きっ子でお馴染みの僕が、猪原さんのブログのネタのために買って来ました!」と友人に渡された、元祖トムヤムラーメン「ティーヌン」監修のカップ麺。

    正直コンビニ飯のレビューは回転数の上がらないユーチューバーみたいで最近はあまりネタとして取り上げづらい心境になっているのですが……w



    • 16:00

    タイ限定!正真正銘グリコ製の「トムヤムクン味・ラーブ味」プリッツ!

    2015-02-12-12-41-38
    たぶんこれはリアルにタイ土産、紛れも無いグリコのプリッツです。先日紹介した「プリッツ風・日本製を装ったプリッツ風の何か」ではありません。

    トムヤムクン味と、ラーブ味。トムヤムクンは日本でも定番の味になって来ていますが……ラーブ? 聞きなれないな。


    • 12:00

    阿佐ヶ谷「ピッキーヌ」のカウソイとカオムーヤン(タイ風カレーラーメンとタイ風豚丼)

    2015-01-12-12-32-06
    以前、高田馬場のタイ料理店を訪れ「(タイ)カレーラーメン」を、トムヤムラーメンやトムヤム炒飯のような日本人向けアレンジメニューかのようなニュアンスで紹介しました。

    あれ、ウソです。不勉強にもタイ料理のことを私が知らないだけでした。訂正してお詫びします。
    • 18:00

    中野で唯一!2014ベストシェフ受賞!「タイ屋台999(カオカオカオ)」開店3ヶ月の快挙

    2014-12-19-10-24-49
    (この画像はタイ屋台999Facebookページより転載)

    先日訪れた中野の愉快なタイ料理店「タイ屋台999(カオカオカオ)」。開店3ヶ月で快挙の受賞!

    なんと中野域で唯一、「2014年Bestシェフ&レストラン2014」を受賞したそうです! おめでとうございます!

    • 12:00

    トムヤムラーメン半額!「ティーヌン西早稲田本店」は毎月16日がお得で狙い目!

    2014-06-16-18-59-19
    タイ料理にして世界3大スープのひとつ「トムヤムクン」。
    それをラーメンにアレンジした「トムヤムラーメン」は高田馬場発祥だということ、ご存じだったでしょうか。
    今では都内各地をはじめ、海外台湾にすら支店のあるラーメン店「ティーヌン」。
    西早稲田に本店があり、ここが「トムヤムラーメン」の発祥の店。

    そんな歴史と伝統あるティーヌン西早稲田本店では、毎月16日はトムの日(お客様感謝デー)ということで、限定メニュー(トムヤムラーメン、タイラーメン、グリーンカレー、ガパオ)がサンキュー価格(\390)の、通常価格のほぼ半額で食べられるんですよ!
    • 12:00

    新商品!カップヌードルエスニックシリーズ「トムヤムクンヌードル」「ミーゴレン」レビュー

    2014-04-20-07-15-52
    カップヌードルの日清が、新たに投入した「カップヌードルエスニックシリーズ」。

    「インドネシア風甘辛焼きそば ミーゴレン」と「トムヤムクンヌードル」。
    それぞれインドネシア・ニッシンマス、タイ日清という日清の現地法人と共同開発したというこのエスニックシリーズ。
    これは期待できる! とさっそく食べてみました。
    • 12:00

    高田馬場タイレストラン「BOSS」の中華アレンジランチ”トムヤムクン炒飯”がうまい!……え、チャーハン!?

    画像8
    なんか不思議なランチメニューに出会いました。

    こちらは高田馬場のタイ料理店「BOSS」。
    実は普通にタイ料理ランチを食べたくて入ったこのお店。
    あまりメニューを熟読もせずにレッドカレーをオーダー。カレーの到着を待つ間にランチメニューを熟読していると、あまり耳慣れないメニュー名が書いてあったのです。

    それがこの写真に写っている……

    トムヤムクン炒飯

    です。
    え、何これ……? と気になった私は、気もそぞろのままレッドカレーをいただき、翌日「トムヤムクン炒飯」を試すために、2日続けて「BOSS」を訪れたのでした。
    • 12:00

    いなばトムヤムチキンこそおうちでお手軽トムヤム味!の救世主だった

    画像1
    夜中にトム・ヤム・クンを食べたくなったが、近所にタイ料理屋がない……どうしよう、スーパーはやってる、どうする? 作るか……!? とトム・ヤム・クンに取り憑かれたある日の深夜。
    そもそもトム・ヤム・クンを作る材料がスーパーで揃うわけもなく、途方にくれたわたくしの目の前に、なんとこんな缶詰が!!

    「いなばトムヤムチキン」。

    こいつが俺の救世主だ!!