NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    もつ焼き

    • 19:00

    老舗もつ焼き酒場・中野「カッパ」新春恒例!”新年のご挨拶”いただいて来た

    画像2
    昨年末、中野のもつ焼き酒場「カッパ」を訪れました。

    (参考)――店員が変われば店も変わる!しかしそれでも拭えない場末感に安心「カッパ中野店」のモツ串

    この記事の中で、新しい店員さんとこんなやりとりがあったことをお伝えしましたよね。
    ――来年も小銭入れ、出すんですか?
    店員「もちろんですよ! じぃじが張り切ってデザインしてます!」
    ――え、デザインするんですか?w 確かに毎年違うなと思ってたけども。
    店員「ええ、毎年違うし、吉祥寺・荻窪も違うの用意するんで、毎年3種類新しい小銭入れ作るんですよ」
    ――店によっても!?
    で、新年最初のカッパの営業日、1月6日。
    実際お店を訪れて新年ご祝儀(カッパオリジナル小銭入れ)をもらってきましたよ!


    • 12:00

    店員が変われば店も変わる!しかしそれでも拭えない場末感に安心「カッパ中野店」のモツ串

    画像1
    「カッパ」という屋号のもつ焼き屋があります。
    いや、けっこうよく聞く、被りやすい屋号ですが、私がここで紹介したいのは、
    吉祥寺・荻窪・中野の系列3店舗展開しているもつ焼き屋さん。

    吉祥寺店は丸井の前に、
    荻窪店は荻窪駅北口東側・荻窪銀座街の中に、
    そして中野店は中野ブロードウェイの並び・白線通り商店街にあります。
    特に吉祥寺店・荻窪店は常連さんが多く、いつも満席。なかなか入ることが出来ません。
    では、中野店は?

    これが妙なことに、すごく空いてるんですよ。

    • 21:33

    思い余って養豚始めちゃったモツ焼き屋「串屋横丁」のもつ煮が、串が、レバフライが、そして生ベーコンがうまい

    画像2
    養豚 始めました

    あまりに食材にこだわるあまり、養豚を始めてしまった酒場があります。
    串屋横丁 もつ焼きセンター」。

    豚をかわいがって、育てて、そして工場直送!
    ブタがいた教室」なんて映画がありましたが、
    そんな愛情と手間暇かけた料理だからこそ、安くてうまい。
    • 12:00

    孤独のグルメでも舞台になった沼袋がアツイ!もつ焼き酒場「たつや」

    画像9
    「たつや」というもつ焼き店を発見した。

    ゴメン、美味すぎてリピーターになっちゃった!「笠置そば」のカレーざるセットが絶品!
    笠置そばに挑戦状!武蔵野うどんで勝負!「肉ZIRU王」


    このとおり沼袋のそば・うどん戦争ですっかり沼袋という土地が気に入った筆者は、そばを食う為に、うどんを食う為にこの土地に通っている。

    ドラマ版「孤独のグルメ」セカンドシーズンでも、舞台のひとつとなった地・沼袋。

    せっかく開拓し始めたのだから、他に記事になる店は無いかと、ついでに散歩してみた。
    • 12:00

    昼酒の背徳感は異常!「アド街ック天国」にも登場した、雑色のもつ焼き屋「三平」

    画像15
    昼間に飲む酒って、何でこう、背徳感があってワクワクするんでしょうね。

    おひさまが高いうちから飲むビール、実にうまいです。

    京浜急行・雑色駅からちょっと離れた住宅街に、突然、昼間からのれんが出ている店があります。

    もつ焼き酒場「三平」。

    営業時間は昼の2時から。

    「アド街ック天国」雑色の回でも、第9位にランキング入りした、地元の人気店です。
    • 21:00

    練馬「金ちゃん」のホッピーは、公式レシピをガン無視な件

    最近は発泡酒なんかもそこそこ美味しくなって、かつてはビールの代用品として、安く酒を飲もうとする呑べぇの愛好品であった「ホッピー」も、ちょっとした「酒飲みの嗜み」みたいなファッション性を感じることがあります。

    新しい店なのに、歴史ある古い内装をわざと作った昭和イメージな酒場、とかでホッピーを推してたり。

    ホッピーのレシピは、正式には、

    氷無しで、
    良く冷やしたジョッキ、ホッピー、焼酎、
    焼酎1:ホッピー5

    これ、「三冷ホッピー」なんて言いますけど、まあ、たいていの店で守ってないですよ。

    どこでもジョッキに氷は入ってるし、ジョッキも焼酎もぬるい。

    でも、酒飲みにとっちゃあ、「安くてアルコールが多けりゃいいんだよ!」

    ホッピー1本で、おかわり焼酎(通称「中身」)何杯イケるか、それを競ったりします。

    で。




    「中(焼酎)がすげぇ多い飲み屋あるんだよ」と酒飲み友だちに連れて来られたのは、

    kin_01
    練馬駅近くの飲み屋街の隅にある、もつ焼き屋「金ちゃん」。