NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    【幻の栄楽】

    • 07:30

    幻の栄楽の味を求めて――オーダー15秒で超速着丼!「目白丸長」

    2016-07-19-11-12-48
    ラーメンだいすき系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

    これまで中野の今はなき銘店「栄楽」のつけそばの味を求め、都内をさまよって来ました。今回は「栄楽」の加盟していた丸長のれん会の一店舗「目白丸長」のレポートです。


    • 12:00

    幻の栄楽の味を求めて――まさかの上位互換か!?東中野「好日」のつけ麺

    2014-08-29-19-20-10
    一昨年末に突然閉店した、中野の行列ラーメン店「栄楽」。
    私はそこのつけ麺(つけそば)が大好物でした。親父さんの体調不良が閉店理由と聞けば、ゆっくり養生して欲しいと思いつつ、やはりあの味、常に求めていました。

    そしてまさか、同じ中野に、「栄楽」つけそば上位互換とも言えるつけ麺があったとは――
    • 12:00

    幻となった「栄楽」の味を求めて……「丸長 新井薬師店」に行って来た

    画像12

    こういうのがいいんだよね、こういうのが。

    魚介ダシ、魚粉たっぷり、濃厚どろり。そんなつけ麺がもてはやされ、実際食べて美味しいわけですが、たまにはこういう「昔ながらのシンプルなつけ麺」が食べたくなるんです。

    ここは中野区、西武新宿線・新井薬師前駅の駅前「丸長 新井薬師店」。
    つけ麺と言えば東池袋大勝軒の大将・山岸氏ですが、大勝軒系も元を辿れば行き着くという「丸長のれん会」、そのひとつがここ「丸長 新井薬師店」です。

    老舗の灯、消える…つけ麺の名店「栄楽」突然の閉店
    「栄楽」の味を求めて……「中野大勝軒」に行ってきた
    幻となった「栄楽」の味を求めて……沼袋「丸長」のつけそば


    • 12:00

    「栄楽」の味を求めて……「中野大勝軒」に行ってきた

    画像2

    幻となった「栄楽」の味を求めて……沼袋「丸長」のつけそば
    の記事で「丸長のれん会」各店の味から、「栄楽」に近い味は無いかと沼袋「丸長」を訪れた筆者。
    「栄楽」から近い店から攻めて行く、と書いておきながら、すっかり忘れていました。

    「中野大勝軒」の存在を。
    • 00:00

    幻となった「栄楽」の味を求めて……沼袋「丸長」のつけそば

    画像2

    老舗の灯、消える…つけ麺の名店「栄楽」突然の閉店

    この記事で伝えたとおり、中野の名店のひとつ、「栄楽」は無くなってしまった。
    しかし、あの味、どうにかして食べたい……。

    そう思った筆者は、「栄楽」と同じ「丸長のれん会」に属する「丸長」系列各店舗を巡ってみれば、「あの味」に出会えるのではないか、と考えた。

    そしてまず出かけてみたのは、