NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    埼玉

    • 12:00

    リアル前方後円墳の“中”の博物館!「さきたま史跡の博物館 将軍山古墳展示館」

    IMG_3888
    漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)がGWに帰省したので地元・埼玉を紹介するシリーズ。

    帰省中に行田にある「埼玉(さきたま)古墳群」へ散歩に行ったら、たまたま「さきたま火祭り」が開催されていました。……が、今回はそんな「埼玉古墳群」内にある世界的にも珍しいであろう、古墳の中の博物館の紹介です。


    • 17:00

    790円ポッキリで“麺・天ぷら・ご飯”食べ放題!つまり天丼も食べ放題のセルフうどん店「武蔵野うどん竹國(山崎製麺所)」

    2016-05-03-13-54-14
    漫画原作者・猪原賽(@iharadaisuke)がGWに帰省したのでご当地・埼玉を紹介するよシリーズ。

    今回は“武蔵野うどん”をたった790円で、うどんだけでなく天ぷらとライスまで食べ放題という脅威のカロリーコスパ店「武蔵野うどん竹國(山崎製麺所)」を紹介します。セルフ方式なんで「天丼」まで食べ放題なんですよ!!!


    • 17:00

    埼玉県北・行田市熊谷市のご当地B級グルメ“フライ”を「わぐりの店」から漫画原作者が思い入れたっぷりに紹介する

    2016-05-04-12-19-43
    ゴールデンウィークに帰省していた漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

    私の地元・埼玉のご当地B級グルメ「フライ」を紹介します。実は私が高校時代、昼飯時に学校を抜け出しては食べていた「フライ」を提供する店。今回は「焼きそば・フライ わぐりの店」の“焼きそばフライ”の紹介です。


    • 07:30

    宮崎に宣戦布告!?w丸美屋「埼玉の味冷汁うどんの素」が超うまい!!!

    2016-05-07-18-57-55
    漫画原作者・猪原賽(@iharadaisuke)がゴールデンウィークに帰省したので地元・埼玉を紹介するシリーズ。

    「冷汁」と聞くと皆さんは宮崎県の郷土料理を思い出すでしょうが、埼玉にも「冷汁」があるんですよ。そんな埼玉フィーチャー「うどん汁」を、全国区のメーカー・丸美屋が発売を開始しました!


    • 07:30

    うまい!うますぎる!埼玉銘菓「十万石」12年に1度の激レアまんじゅう!

    2016-01-03-13-44-57
    はい、元埼玉県民の漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

    埼玉県民が年末年始の帰省土産として外せない、埼玉銘菓「十万石まんじゅう」。今年も新春恒例、12年に1度の特別焼き印、紅白まんじゅうが販売されていましたよ。

    • 12:00

    やなせたかし先生がデザインしたキャラクター「浦和うなこちゃん」はキャンペーンソングまでやなせ先生の作詞

    image
    マンガ原作者の猪原賽です、こんにちは。今日は秋の「土用の丑の日」。

    昨日も「浦和のうなぎ」のレポートをお伝えしましたが、本日はそんな浦和が“うなぎの街”として目下売出し中のキャラクター「浦和うなこちゃん」の像の話です。


    • 17:00

    知る人ぞ知る“うなぎの街”―埼玉県・浦和!創業127年の老舗「満寿家」で高級鰻ブランド「坂東太郎」食べてみた

    2015-10-18-13-10-11
    どうも、マンガ原作者の猪原賽です。ちょっと先日、臨時収入があったのでたまには贅沢に、鰻屋さんでうな重を食おうかという事になり……

    今回は、ウナギといえば夏の「土用の丑の日」の風物詩ですが、実は年4回あるんだぜという話と……一説にはウナギの蒲焼きの元祖は埼玉・浦和なんだぜというお話です。

    • 12:00

    埼玉・浦和に棲む“風の神”は……メキシコから来たカッパ?

    2015-10-18-14-47-37
    こんにちは、マンガ原作者の猪原賽です。ノストラダムスやオカルトがテーマのコメディマンガ「放課後カタストロフィ」の原作を書いてるから……というわけではありませんが、ちょっと神秘的な体験の出来る公園を紹介しますよ。

    親子が何か広場で、儀式的なことをしています。

    • 18:00

    借金も余裕で返済出来るほどの収穫量とおいしさ!埼玉・秩父在来大豆「借金なし」とは

    2015-06-15-10-32-23
    何の変哲もない「豆せんべい」ですが、今回はこの「豆」の紹介です。

    栽培すると借金を返せるほどに儲かる――そんな意味が込められた、その名も「借金なし大豆」という品種の豆。しかし文字通り読んだ「借金“無し”」ではなく、とある地方の“方言”なんだとか。