NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

飛び散るきなこと戦え!五島銘菓「ちゃんここ」

IMG_3473
五島列島銘菓「ちゃんここ」。きなこをこぼしまくるお菓子。箱にすでにもれまくり。


IMG_3474
長崎・五島列島に一週間リモートワーク体験に行っていた、仕事場のメンバーさんが買ってきたお土産「治安孝行(ちゃんここ)」。「御菓子司はたなか」の商品です。

「ちゃんここ」とは、この箱のイラストに描かれている祭、念仏踊りのことで、「ちゃん」は鐘の音、「ここ」は太鼓の音ではないか……と、語源がはっきりしない歴史あるものらしいですよ。
「治安孝行」は当て字、ということでしょうか。

そんな五島の無形文化財「ちゃんここ」の名を冠したお菓子は――

IMG_3476
きなこの漏れる、円筒状のお菓子。包は二重になっていて、まだ中身を見ないうちは、まさかこれ、熊谷の五家宝か、水戸の吉原殿中的なものか……? と、類似するお菓子を頭の中で想像していたのですが、

IMG_3477
中身はこれでもか!ときなこがまぶされた、ふにゃっとやわらかな、お餅。

IMG_3478
さらに芯には餡がたっぷり。ああ、これはもしかして、「ちゃんここ」に使われる太鼓の形を模しているのかなと。

IMG_3480
きなこと餅と餡、そんなのうまいに決まってる。それにしても、きなこが飛び散りまくり。
写真を撮るために無造作に開いたら、こんなことになってしまいましたが、

IMG_3479
包み紙に、きなこをこぼさないように食べる方法が書いてありました。

「手のひらにのせてお召し上がり下さい」とあるものの、それでもきなこを散らさず食べることはできないんじゃないかなあと思うと、パッケージのひとつの文言にハッとします。

FullSizeRender
「両陛下御買い上げの光栄」――それは昭和44年のことだったそうです。
ということは、昭和天皇の御代。

当時、陛下が五島にご来島。その際に「ちゃんここ」を献菓申し上げたところ、お帰りの際に御買い上げ召されたとのこと。

当時の陛下が飛び散るきなこと戦われ、その上で、お買い求めになるほどお気に召したというのは、なるほど実に光栄だと納得しました。

【Amazon】
五島銘菓 ちゃんここ 20個入り
御菓子司はたなか
売り上げランキング: 39,909

【楽天】
るるぶ五島列島 奄美 九州の島々【電子書籍】
るるぶ五島列島 奄美 九州の島々【電子書籍】