NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

日高屋 期間限定「大宮担々麺」に見る“大宮魂”

IMG_1215
日高屋の期間限定メニュー「大宮担々麺」。そんなご当地グルメは無いが、大宮魂(アンチ浦和ソウル)は感じる。


日高屋 期間限定
「大宮担々麺」


★NewsACT管理者 猪原賽 の新刊を買おう

2019comics
>>すやすや部活系お昼寝コメディ『ひるねぶる。』(作・猪原賽 画・春夏アキト)
>>HGウェルズ作 侵略SFの金字塔『宇宙戦争 1』(脚本・猪原賽 画・横島一)

★“大宮担々麺”というご当地グルメは無い

IMG_0371
日高屋の店先に掲示されていた、新メニューの案内。

「大宮担々麺」……? 元埼玉県民として言わせてもらえば、さいたま市に、そんなご当地グルメは無い。

あったとしても、大宮ナポリタン。それも別に昔ながらの……というものでもないし。

IMG_0364
グーグルマップよりキャプチャ)

ただし、留意されたいのは、大宮駅周辺は日高屋のお膝元。運営のハイデイ日高はさいたま市大宮区内にあり、大宮駅周辺にはハイデイ日高が運営する店がいくつもあります。

ね、こんなに近隣に日高屋がある駅は、大宮駅以外ないと思う。

日高屋発祥の地である大宮より発信しお客様にご愛顧いただき根付いて欲しい気持ちから大宮担々麺と名付けました。

実は、日高屋の公式サイトの大宮担々麺の紹介では、以上の文言が書かれています。

日高屋の期間限定メニュー「大宮担々麺」は、大宮という土地に対するリスペクト。
日高屋は大宮で生まれたという挟持があらわれたメニュー名だということ。

★“大宮担々麺”食べてみた

IMG_0344
というわけで、元埼玉県民としては、応援のためにも食っておかねば。大宮担々麺(640円)を単品でオーダー。

いわゆる担々麺とは違い、スープに混ざったかき玉の黄色が印象的。

IMG_0346
かきたまと共に赤い唐辛子スープに混ぜ込んである具材は、ニラやタマネギ、ザーサイなど。

FullSizeRender
スープには、かなりとろみがあります。

FullSizeRender
底に沈んでいる麺をほじくり出すと、そんな具材とスープが麺に大量にまとわりつき、辛味と酸味と、ベースのスープの旨味(甘味)と塩味が渾然一体となり、これ、かなり美味い。

このラーメンをおかずに白米が欲しくなる、おかずラーメンだと思いましたね。
ライスと交互にやってもいいですし、スープをご飯にかけて雑炊風にいただくのもあり。

IMG_0348
セットメニューは半チャーハンセットや餃子セットですが、私は断然、ライスをつけることをオススメします。

★ハイデイ日高の大宮魂

IMG_0364
グーグルマップよりキャプチャ)

さきほど、日高屋(ハイデイ日高)の創業の地は大宮だと書きました。
その歴史は、1973年に大宮で開業した「来来軒」に始まるそうです。

そんな歴史と土地へのリスペクトから「大宮担々麺」というメニュー名になったことは想像にかたくないのですが、現在、その本社のある土地は「埼玉県さいたま市大宮区」。

大宮市と浦和市と与野市が合併し「さいたま市」となったのは、もう18年も前のこと。
大宮市民と浦和市民の合併に際してのお互いの感情は、今でも「敵対」であり、仲良くする気はなく、「さいたま市」という名称すらも気に入っていないことは、

IMG_0273
この期間限定新メニューが「さいたま担々麺」ではなく「大宮担々麺」であることにあらわれているんだと思います。

【参考】
日高屋|ハイデイ日高公式サイト
【Amazon】
熱烈 中華食堂日高屋―ラーメンが教えてくれた人生
神田 正
開発社
売り上げランキング: 244,207


【楽天】
【60個入り】ボリューム満点、日高屋の冷凍生餃子(タレ付き)\1個あたり約19円/1人前116円で10人前が1160円!熱烈中華食堂日高屋
【60個入り】ボリューム満点、日高屋の冷凍生餃子(タレ付き)\1個あたり約19円/1人前116円で10人前が1160円!熱烈中華食堂日高屋