NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

それ、先に言ってよ!っていう注意書きが中に入ってる

IMG_0276
KALDIのコーヒー缶、最初開けづらかった。


IMG_9838
ペーパーいらずの有田焼“コーヒードリッパー”「LOCA」は、楽チンなのか面倒なのか、ちょっと判断に困るが、とてもエモいと思うんだ。

IMG_9840
「お湯の落ちるスピード」を3段階に調節でき、コーヒーを「好みの濃さ」に調整できるアタッチメント式コーヒードリッパー。

IMG_9930
山善の電気ケトルを買ったので、軽くレビューしときますね。60〜100度まで1度単位で温度設定できて設定温度で保温も可能。

ペーパーいらずのセラミックコーヒードリッパー「LOCA」、
濃さを3段階調整できる「ドリルドリッパー」、
60〜100度を1度きざみに調節できる「山善 電気ケトル」。

ここ最近、急にコーヒーに目覚めたイハラさん。
当然これらを使うために、コーヒー豆を買うのも初めて。

緑茶の茶筒は持っているが、コーヒー豆はいったい何に保存するのだろう。

そこで気づいた。いつも“輸入食料品店”として使っているKALDIは、そもそもコーヒー豆屋さんでは無かったか。

IMG_9813
というわけで、KALDIに行ったら当然売ってました。コーヒー豆の保存缶。
ただの缶ではなく、フタにパッキンが付いている密閉タイプらしいですよ。

コーヒー豆の香りにこだわる人は、少しも空気が漏れない堅牢な容器を探し求めるようですが、にわか的にコーヒーを始めたイハラさんには、これくらいでいいんだよ。

……と、買ってきたコーヒー豆を入れようと、この缶のフタを開けようとして、困る。
パッキンがけっこう固くて、開けづらい。
ジャムやお菓子のフタなら、叩いて歪ませて開けやすくするんですが、密閉型のコーヒー缶なのでそうもいかない。

IMG_9814
この固さが、コーヒー豆の香りをキープするのだ……と、ゆっくりねじって、ようやく開けたところ。

IMG_9811
中に、注意書きが入っていた。

IMG_9812
「図のように(両手の)親指で押上げて下さい」。

それ先に言ってよ。

何で開けてから開ける方法を知らなきゃいけないんだ。
むりやりこじって開けてフタが歪んだらどうするんだ!!

ちなみにこの方法で開けたら、スッとカンタンに開いた。

【Amazon】

【楽天】
カルディ オリジナルキャニスター缶 ブラック 1個
カルディ オリジナルキャニスター缶 ブラック 1個