NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

角打ち立ち飲みで寿司!「早川寿司」は阿佐ヶ谷・酒ノみつや不定期イベント

IMG_6141
酒屋の片隅、角打ちで寿司。阿佐ヶ谷「酒ノみつや」で不定期開催「早川寿司」は、気軽な立ち飲み寿司。


「酒ノ三ツ矢」裏でひっそり
立ち飲み「早川寿司」


★当ブログ管理人の新連載!「ひるねぶる。」

hiruneburu
>> Amazon.co.jpで「猪原賽」作品をチェック!

★阿佐谷パール商店街「酒ノみつや」は角打ち酒場

IMG_0943
パール商店街の中腹にある酒屋「酒ノみつや」は、昔ながらの佇まいを持ち、さらに店の奥はDEEPな角打ちになっています。
店頭で飲みたい酒を買い、店の奥へと足を進めれば……

FullSizeRender
見えますか? じんわりと優しい明かりの下で、立ち飲みをしているお客さん達が。

この写真は夜ですが、昼から飲めるそのスペースは公園に面しており、子供が遊んでいたりするととても背徳的な感じ。
このDEEPさが話題となり、テレビなどのメディアでも何度も紹介されています。

そんな「みつや」で、とりわけ人気のイベントが「早川寿司」。
角打ち立ち飲みで旨い寿司が食べられると、中央線沿線を巡る酒飲みの間で話題です。

今回は中央線の散歩者・to-Dieモトクラシー(東田妹暮らし~)さんの案内で行って来ました。


★「早川寿司」で寿司をつまみに酒を飲む

IMG_6137
「みつや」の店先で瓶ビールを買って、「奥で飲みます」と告げると、栓を開けてグラスを添えてくれます。

瓶とグラスを持って店の奥へ行く。

IMG_0933
写真をアップにしてみましょう。角打ちスペースはこちら。この小さなスペースに、寿司職人さんが待機しています。

ちょっとオープンな環境なので、近隣の迷惑にならぬよう静か〜にやりましょうね。

IMG_6137
メニューはこんな感じ。にぎり寿司、巻物、そして一品料理。角打ち立ち飲み、サッと飲んでサッと帰るのにちょうどいいボリューム感。

握り寿司は1貫200円。まきものとおつまみは400円。

セットも用意されていて、「にぎり5貫+おつまみ1品」が1,000円ぽっきり。
寿司ではなく「刺身おまかせ」も1,500円、1,000円、500円の大中小があります。

IMG_6139
というわけで、to-Dieモトクラシーさんとお互い1,000円の「5貫+おつまみ1品セット」をオーダー。

一品料理は「マグロの血合いの佃煮」(左)と「自家製魚肉ソーセージ」(右)をチョイス。

血合いの佃煮は濃い目の味付け、ちみちみと少しずつ酒が進むいいおつまみ。
自家製魚肉ソーセージは、想像していたものと違った。まるでパテのような粗いミンチ状で、何がギョニソか。ワインに合いそう。

IMG_6143
もう一杯飲もうかなーと、店内の短冊を見て、ビールの空きグラスを持って店先に移動。

日本酒の銘柄を伝えると、レジ裏の冷蔵庫から出したお酒を注いでもらえます。

IMG_6145
そして追加した寿司は、まきもののトロタク。私はトロタクが好きでしてね……。
このトロタクもここ最近で指折りのおいしさ。

お酒も含めて2,000円ちょっとでお会計。いいぞ〜、酒屋の角打ち立ち飲み寿司。


★「早川寿司」は「出張職人 鮨川」さんだった

FullSizeRender
▲店頭掲示のカレンダーで寿司立ち飲みの日を確認できる

「みつや」にて不定期で開催されている「早川寿司」。

調べてみると「出張職人 鮨川」として活動する無店舗型の寿司屋さん。
Facebookでそのスケジュールを確認できますので、「みつや」だけでなく他の場所でも寿司を握ってらっしゃるのがわかります。

まずは「みつや」でその腕を知り、味わい、気に入ったらパーティのケータリングを依頼する……なんて事も想定できます。こういう寿司職人の稼ぎ方もあるんですね。

【店舗情報】
名称:早川寿司(酒ノみつや内での不定期営業)
住所:東京都杉並区阿佐谷南1丁目13−17
営業時間:(不定期・要確認
公式サイト:Facebook

【Amazon】
月刊 東京ウォーカー 2018年11月号 [雑誌]
KADOKAWA / 角川マガジンズ (2018-10-20)


【楽天】
寿司がまるごとわかる本 (晋遊舎ムック)
寿司がまるごとわかる本 (晋遊舎ムック)

寿司大全【電子書籍】
寿司大全【電子書籍】