NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

中野「肉酒場ふじ」の低温調理・肉刺し5点盛り

IMG_4156
低温調理なら肉の刺身も安心だ! 中野「肉酒場ふじ」で肉刺し5点盛り!


中野「肉酒場ふじ」で
低温調理の肉刺し


★当ブログ管理人の新連載!「ひるねぶる。」

hiruneburu
>> Amazon.co.jpで「猪原賽」作品をチェック!

★肉の刺身食べたいなあ。そうだ「肉酒場ふじ」に行こう

IMG_3346
中野北口飲み屋街にいつの間にかオープンしていた「肉酒場ふじ」をしばらくチェックしたまま放置していました。2018年3月オープンの、牛・豚・鶏の肉専門居酒屋。

肉刺し、食べたいですね。肉のお刺身、もう見かけることは少ないですね。
そうだ、「ふじ」に行こう。7月の末日、お邪魔してきましたよ。

現在飲食店で提供される肉の刺身は、だいたい低温調理で加熱され、きちんと殺菌処理がされています。
こちら「肉酒場ふじ」も同様、低温調理で仕込んだお肉を、刺身と呼んで提供しているのです。


★肉酒場ふじの「肉刺し5点盛り」

IMG_4156
もうさっそくですが紹介しちゃいます。これは「肉刺し5点盛り」。一人前980円、写真は二人前です。(注文は二人前から。)

この日の肉刺しは、時計12時の位置から「カイノミ・トモサンカク・馬刺し・タテガミ・モモ」。

馬刺しは安心安全の生の刺身ですが、牛肉のモモと希少部位2種類は低温調理が施されています。
しかし記憶の中のガチ生の肉刺しのあの食感、それを思い出す絶妙な火入れ具合よ。

この肉刺しを食べるためだけに、「肉酒場ふじ」に行けばいいよ!


★肉酒場ふじの“肉”メニュー

IMG_4147
……と、ショートレポート、言いたいことだけ書いてサッと終わることもできますが、一応ほかのメニューも紹介しておきますね。

IMG_4150
こちらは「つまみ4点盛り合わせ」(1,150円)。

メニューを拝見すると「すぐ出るつまみ」「肉つまみ」の項目に入っているので、そこからチョイスされたものかと思いきや、

IMG_4151
「チャーシュー」と「ハツとレバの醤油漬け」。

IMG_4152
「おつまみもやし」と「ポテトサラダ(サラミ添え)」。グランドメニューの中に入っているのはポテサラだけかな? その日のシェフお任せつまみということみたいなので、メニューにないサプライズが楽しめそう。

特にこの日は「ハツとレバーの醤油漬け」。ハツとレバーは低温調理されており、ねっちりとした生感残っていてなかなかお酒に合いました。

IMG_4153
「煮込み」(500円)は、想像していたものよりも1.5倍ほどのボリューム。七味ではなく山椒がかかっているのがアクセント。

IMG_4157
FullSizeRender
「肉屋の餃子」(500円)は、みっちりと肉餡が詰まっていて、さすがの肉感。

ただし添えたタレは調合済みのものが出てくるので、酢や醤油、ラー油を自分好みに整えられるとなお良いかなと思いました。

IMG_4149
その他本日のオススメにも気になる高級肉が並ぶほか、日本酒は売り切れ御免の各地の地酒が120cc500円で飲め、ここは大人数で来るといろいろ頼めて楽しそう。

この日はアラフォーのおっさん二人で軽くのつもりだったので、レポートはこれにて終了です。

メニューの中の〆の一品「生ハムおにぎり」(380円)が食べられなかったのが心残り。もちろん海苔の代わりに生ハムでくるんだおにぎりだそうですよ。次回への宿題かな。ごちそうさまでした。

……あ、ここは禁煙店でした。このご時世、そんなお店が増えていくのだろうなあ。

【店舗情報】
名称:肉酒場ふじ
住所:東京都中野区 中野5丁目56−11
営業時間:17:00〜23:30(土日祝〜23時/平日ランチあり)

【Amazon】
強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (講談社+α文庫)
講談社 (2013-11-01)
売り上げランキング: 6,688

【楽天】
簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」 SOVDCOOK ※日本語マニュアル付き 【16時締切翌日出荷※祝前日・休業日前日を除く】
簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」 SOVDCOOK ※日本語マニュアル付き