NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

南阿佐ヶ谷の新・創作和食立ち飲み店「田っくん商店」はクリーニング店の看板が目印!www

FullSizeRender
たばこ、おかし、クリーニング……看板が渋滞しちゃってますが、実はここ、立呑酒場です。更にカオス!


看板は居抜きのままに
阿佐ヶ谷立呑「田っくん商店」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★南阿佐ヶ谷・看板をかけ変えず営業する立ち飲み店

IMG_3615
中央線の散歩者、to-Dieモトクラシー(東田妹暮らし~)さんから「なんか、青梅街道に変な店が出来てました」と通報を受けました。

以前から気になる冷やし中華スポット「えのけんラーメン」もそのあたりにあったので、様子を窺おうとさっそく来てみたんですが……

FullSizeRender
クリーニング屋さんですかね。クリーニングだけじゃやってけなくてお菓子とタバコも置くようになったんですかね。

IMG_3616
というか「田っくん商店」、ここは居酒屋ですね。

いや、まあ、クリーニング屋さんが潰れて、そのテナントを借りて営業しているんでしょうが、看板くらいきちんとしたほうが……

FullSizeRender
看板がないから、こうやって窓に執拗にオープンの知らせを貼ってるんだと思いますがw

というわけで今回は6月5日にオープンしたばかり(来訪日・7月7日)の、南阿佐ヶ谷の立ち飲み店「田っくん商店」のレポートです。

この後「えのけんラーメン」で、昨年『マツコの知らない世界』冷やし中華の世界で紹介されそこなった冷やし中華もいただいたので、近々そちらもレポります。


★「田っくん商店」は立ち飲み店だが椅子もある

IMG_3617
執拗に貼られたオープン貼り紙で中があまりよく見えないので、おそるおそる中に入ってみると、店内はコの字カウンターの小奇麗なお店。

高めのカウンターは立ち飲み仕様ですが、実は入り口側の手前の席には、椅子があります。
今回はその椅子のほうに座って、ざっと周囲を観察。

カウンターの上に置かれたヤカンが気になりますね。

IMG_3618
ヤカンは、「やかんハイボール」「やかんレモンサワー」用のものでしょう。約5杯分で1,590円のやかんハイボールは、1杯あたり318円。普通に1杯頼むと390円ですから、確かにお得。

私は上にも書いたとおり、今日は2軒ハシゴするつもりなので、長っ尻になりそうなのでヤカンは回避。軽く生ビールから始めましょう。


★「田っくん商店」は意外な和食系立ち飲みだった

IMG_3622
表にあった手書きのメニューを、いま一度拝見。刺し身の種類こそ少ないが、豆腐、白うり、はたはた一夜干し、酒盗焼き、あさり、鮎……

んん〜? 立ち飲みにしとくにはもったいない、創作和食がずらりと並んでいるではないか。

そんな中、私が頼んだおつまみは――

IMG_3620
IMG_3621
玉子を割って楽しむ「ニラユッケ」(490円)。なるほど、ごま油と甘辛ダレ、卵黄で楽しむニラ。

IMG_3624
IMG_3626
「焼き空豆」(330円)は、さや下の白いワタも、さじでこじっていただくよう進言されつつ出て来た。これまでまったく無視していたさやワタ、確かに甘くておいしい。

IMG_3623
「ししゃも網焼き」(350円)と、ここまで器もしっかり気の利いた、立ち飲みにしとくにはもったいない和食の数々。

次のことを考えずに、ちょっと腰を落ち着けていただくとするか。ししゃもの佇まいを見て、もう俺はそんなふうに決心した。

IMG_3625
日本酒は、メニューには「本日のお品書き」を見ろと書いてあった。厨房側のホワイトボードに、現在用意されている地酒が書かれているが……。

 女将「今日、口開けのお酒が2本あるんですが」

 ――それください。

「たかちよ」というこれまでたぶん飲んだことのないお酒をいただく。
(値段は聞かなかったが、ホワイトボードの日本酒は、銘柄に限らず690円均一。これもたぶんそれくらいなんだろう。)

おつまみも、少し攻めてみる。

IMG_3628
「種なしぶどう みぞれ酢」(350円)。まさかの果物が酒のアテに。おろしポン酢にぶどう、意外とイケる。

IMG_3631
これまでのつまみで「たかちよ」をすいっと飲んでしまったので、刺し身を頼みつつ、お酒2杯目。
これも今日の口開けだという「王祿」。

IMG_3629
ほどなく、刺し身メニューのひとつ「生わかめ」(290円)。

わかめが刺し身って、刺し身の少なさをカバーしすぎでしょ!? と思いつつも、箸休めにGood。日本酒にも合うし。

IMG_3630
薬味たっぷりの「真鯛」(590円)。ぷりぷりと歯ごたえと旨味あり、また器も真鯛の色合いにマッチしてて、こういうきちんとした器でものが出てくるお店、私は好きですよ。

小料理屋で出てもおかしくない器、つまみ、酒。これが立ち飲みとは、かなりイイ感じ。
(椅子席に座ってるけれど、ね。)


★南阿佐ヶ谷「田っくん商店」は2号店だった

FullSizeRender
クリーニング屋さんの看板をそのままに、中だけ改装した立ち飲み・座り飲み酒場「田っくん商店」。

後で調べてみたら、代田橋の立ち飲み店が本店で、南阿佐ヶ谷のこちらは2号店という扱いのよう。

南阿佐ヶ谷は私のお気に入りの和食系日本酒の店と言ったら「さん七」、「東京スズメ」の二択でしたが、なかなかいい感じの新店がベストスリーにランクインの予感……!

二回目のレポートもそう遠くないと思いますが、この後は青梅街道並び「えのけんラーメン」の冷やし中華で〆ますよ〜。

【店舗情報】
名称:田っくん商店(2号店)
住所:東京都杉並区成田東4丁目37−8
営業時間:17:00〜26:00(日曜定休)
公式サイト:Instagram
【Amazon】
東京立ち飲み案内
東京立ち飲み案内
posted with amazlet at 18.07.09
吉田 類
メディア総合研究所
売り上げランキング: 336,095

【楽天】
by Hot-Dog PRESS 立ち飲み、行こうぜ! 女子も一緒に3大聖地でハシゴ酒! 赤羽・新橋・門仲センベロ立ち飲み探検ガイド【電子書籍】[ Hot-Dog PRESS編集部 ]
by Hot-Dog PRESS 立ち飲み、行こうぜ! 女子も一緒に3大聖地でハシゴ酒! 赤羽・新橋・門仲センベロ立ち飲み探検ガイド【電子書籍】[ Hot-Dog PRESS編集部 ]