NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

蒸し鶏、蒸し燗酒、そしてアッツアツの蒸しおしぼり!せいろ蒸しと肉豆腐の店・荻窪「酒場ななめ」

FullSizeRender
荻窪にオープンした「酒場ななめ」はせいろ蒸し料理メインのお店。2時間蒸した「骨付鳥(ほろほろ蒸し)」はマジほろほろ。箸でスッと骨から剥がれる様は楽しいし、ウマイ!

荻窪「酒場ななめ」
骨付鳥と蒸し燗酒


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★荻窪のニューフェース即大人気の酒場「ななめ」

IMG_4089
荻窪在住の友人が「最近のオススメの店」として紹介してくれたのが「酒場ななめ」。
昨年11月にオープンしたばかりで、半年も経たずに満席続きの人気店になっているそう。

IMG_4090
店内厨房の中心に据えられた、おおきなせいろ。「ななめ」はせいろ蒸しをメインに提供する居酒屋。

そういえば、店先の提灯には「蒸」と1文字。さて、どんな料理がいただけるんでしょうか。

トップ写真の「骨付鳥(ホロホロ蒸し)」は記事末で紹介。せいろ蒸しの鳥だけ見せろという方は、スクロールダウンプリーズ。


★おしぼりすらも“せいろ蒸し”!日本一熱いおしぼり

IMG_0966
まずはお通しの写真から。実はこれより先に、当然おしぼりが出て来ます。

「ななめ」のおしぼりは、せいろ蒸し推しの店だけあって、「せいろ蒸しのおしぼり」が出て来ます。
「日本一熱いおしぼりです!」と出されるそれは、当然アッツい!
その熱さをすぐさま体感したい!と手にして手を拭い顔にあてて、「アツッ!あっつ!!」とやりたいがために、少しでも熱を冷ましてしまう、写真を撮ってるヒマなどなかった。

IMG_0965
気になる本日のメニュー。……あれっ? 刺身。スピード一品メニュー。せいろ蒸し一辺倒というわけではないんですね。

「オススメは肉豆腐と、今日は刺身、特にいいですよ〜」と店長が言うのは、「せいろ蒸しはいつでもダントツうまい」という自信のあらわれでしょうか。

FullSizeRender
さて、せいろ蒸しも気になるし、刺身も気になる。何を頼みましょうかね〜。


★刺身!肉豆腐!そして……“蒸し燗酒”!

FullSizeRender
まずはお刺身から。「刺身盛り合わせ」は本日の刺身を4種、それぞれ2切れずつで680円は、お得。(写真は2人前)

信用のおける魚屋(仲買人)から仕入れているそうで、おいしい〜と思わず声を出せば、

 店長「ボクらじゃなくて、魚屋さんの手柄ですよ。ボクらは切ってるだけ」

テヘと、笑う店長さん。いえいえ、どんなにいい刺身のサクを手に入れたって、我々素人が自宅のキッチンで切っても、おいしくならないんですよ。

FullSizeRender
せいろ蒸しと同じくらい、看板メニューだと言う「肉豆腐」(580円)は、トロットロになるまで煮込んだ牛すじに、程よく味と色が染み込んだ豆腐の煮込み。濃いのにスッキリしてておいしいので、確かにこれはマストなメニュー。

FullSizeRender
「カマ大根」(450円)も、大根にカンパチのカマの旨味が染み込んでて、よろしくってよ。あれ? ちょっと、せいろ蒸しの店なのに、せいろ蒸し以外でも、かなり酒が飲めちゃう……。

FullSizeRender
「バルサミコきんぴら」(450円)は、きんぴらごぼうをバルサミコ酢で味を整えた、洋風おつまみ。辛いだけではない酸味がすっきり。酢までは想像できても、バルサミコ酢か。これは家で真似してみたいな。

FullSizeRender
そんな数々のアテに合わせる酒は……燗酒。これからあたたかく、暑くなっていく時期ですが、この燗酒、ぜひやってみて欲しい。なぜなら……

IMG_0976
日本酒のメニューの一番左。「蒸し燗できます。」

む、蒸し燗!?

聞くところによれば、日本酒の「蒸し燗」は、味がまろやかになると最近注目される日本酒の飲み方なんだそうですよ。

感想としては、まろやかという前に、せいろの移り香が特徴かなと。竹の香りがほわっと加わって、日本酒の香りが華やかになってる気がしました。

さて、おしぼりに始まり、蒸し燗酒までいただいた「ななめ」の真骨頂。せいろ蒸し料理を次項で紹介。


★ほろほろ身剥がれの良い「骨付鳥」は1人1本必食

IMG_0983
せいろ蒸しの温野菜「そら豆」(680円)は、メニューにも書いてあるとおり、ただただ、蒸しただけ。なのに塩をパラリとかければ甘さが引き立つ。茹でて味も栄養も抜けることなく、電子レンジで水分が飛ぶこともなく。蒸すからこそおいしい野菜、素材のおいしさ。

さて、そんなせいろ蒸し、今回レポートのメインに据えたい1食は……

FullSizeRender
「骨付鳥(ほろほろ蒸し)」は1本580円。これ、騙されたと思って1人1本いっといて!

FullSizeRender
骨付きの鶏肉を「2時間せいろで蒸す」という調理が、こんな身剥がれのいいほろほろの仕上がりになるとはね……。箸の必要性すらも感じないほど、ほろっ、ほろっと肉が骨から剥がれていく。

「鶏肉を長時間蒸す」とだけ聞けば、それ肉汁もどんどんこぼれちゃう奴じゃないの〜とか思うじゃない。
盛られた皿の下にひたひたのスープに、肉は旨味逃げちゃってるんじゃ……なんて心配するじゃない。

そんな懸念は、まったくいらない。骨からスッと剥がれた肉は、しっかり鶏肉の繊維を保ち、滲み出たスープをまた自ら吸ったのかと思うほど、旨味がジューシー。じゅんじゅわ~ですよ。

箸でほぐしてホロッと感動。食べてジュワッとあふれる旨味に驚き。
煮込みではなく、焼くのでもなく、「蒸す」という調理は鶏肉をここまで楽しくおいしいものにするのかと。
1人1本頼んで正解。むしろGJ。

FullSizeRender
皿に残ったスープは、蒸しパン(1個100円/写真は2個を4分割)にひたして食べる。最後の一滴までウマーですよ。
ごちそうさまでした。大満足。

いろいろ頼んでバランスを欠いて、せっかくのせいろ蒸し料理をあまりオーダーできなかったけど、次の機会は「肉豆腐→骨付鳥」をメインに、小籠包や出汁蒸し玉子に温野菜。せいろのパワーを感じる料理で攻めてみたいですね。


★荻窪に来る理由がまたひとつ増えた

IMG_4089
昨年11月にオープンしたばかりの「酒場ななめ」。
紹介してくれた荻窪人によれば、オープン当初は空いていたと。

飲食店情報サイトFavyによれば、店長は聖蹟桜ヶ丘「三太」で働き、独立。常連や知人、縁故に頼らない完全新規オープンの大勝負のために、聖蹟桜ヶ丘から離れた荻窪という土地を選んだのだそう。

だからこそ、オープン当初は空いていた。友人曰く「気がついたら毎日満席で、飛び込みではなかなか入れない店になっていた」と。半年足らずでこの繁盛ぶりは、店主の人柄と味によるものか。

名店・人気店の多い荻窪に、新たな注目酒場爆誕。ぜひ注目あれ。

【店舗情報】
名称:酒場ななめ
住所:東京杉並区荻窪4-25-10
営業時間:17:30〜24:00(火曜定休)
公式サイト:Twitter

【Amazon】
蒸し器もせいろもいらないフタさえあれば!極上蒸しレシピ
浜内 千波
日本文芸社
売り上げランキング: 24,979

パール金属 中華 せいろ 27cm 蒸し器 和の里 H-5716
パール金属(PEARL METAL)
売り上げランキング: 19,902

【楽天】
蒸し鍋、温野菜がおいしくできる蒸し器 杉蒸篭(せいろ)18cm2段鍋つきセット【中華せいろ】
蒸し鍋、温野菜がおいしくできる蒸し器 杉蒸篭(せいろ)18cm2段鍋つきセット【中華せいろ】