NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

新宿ご当地唐辛子×鉄腕アトム!「アトム七味」発売

IMG_0245
新宿ご当地七味「アトム七味」!これをかければ十万馬力!?

FullSizeRender
高田馬場「青柳」の“くりまんアトム&ウランちゃん”は手塚治虫ゆかりの和菓子
昨日アップした「くりまんアトム&ウランちゃん」は、実は今日の「アトム七味」の伏線。

アトムまんを販売する「青柳」は、新宿ご当地七味「アトム七味」の数少ない販売店のひとつだったんです。

手塚プロダクションも地域通貨「アトム通貨」のプロジェクトとして「内藤とうがらし再興プロジェクト」に参画し、6年前から社屋で内藤とうがらしの栽培に勤しんでおります。
近年では、秋に「バル辛フェスタ」という内藤とうがらしを使用した街バル(食べ飲み歩きイベント)の事務局を担い、CSRとして地域に盛り上がりを見せようと取り組んでまいりました。

そして、2018年2月。
ついに、その、新宿ゆかりの幻の伝統江戸東京野菜「内藤とうがらし」を使った「アトム七味」がナルコーポレーション(内藤とうがらしプロジェクト)より発売される運びとなりました。

と、情報が上がっていたのは、手塚治虫公式サイトの2月1日付のお知らせ。鉄腕アトムグッズのひとつとして、そして手塚プロのお膝元・新宿(高田馬場は新宿区です)ゆかりの伝統野菜「内藤とうがらし」を使った、新宿ご当地七味。それが「アトム七味」です。

FullSizeRender
「青柳」では、このようなパッケージで販売されており、お値段は820円(税別)。

FullSizeRender
袋詰めされた七味を、自分でこの特別仕様の缶に入れて使います。

FullSizeRender
七味唐辛子としてお馴染みの缶。パッケージデザインは鉄腕アトム特別仕様。
赤・緑・黒のシンプルな色分けは、
  • 赤(アトムのブーツ/内藤とうがらし)
  • 緑(アトムのベルト/和山椒)
  • 黒(アトムのパンツ/黒ゴマ)
と、アトムのカラーリングと七味の材料に合わせたものらしいです。

……あれ? 七味なのに、材料は3種……?

FullSizeRender
はい、「アトム七味」は、内藤とうがらし、黒ゴマ、和山椒の3種からなる配合香辛料。“七味”とは概念。

IMG_0249
内藤とうがらしはビリッと辛味が強く、和山椒は香り高く、黒ゴマは香ばしい。雑味の少ない、刺激的な辛味を求める人にはかなり良さげ!

手塚治虫公式サイトによれば、「アトム七味」が買える場所は、
  • 高田馬場「御菓子司 青柳」
  • 新宿「新宿武蔵野館」(内藤とうがらし販売コーナー)
  • 新宿「小田急百貨店」(うまいものめぐり・2月28日まで)
の3箇所。小田急以外は常設販売だそうです。

辛いもの好きの調味料としてだけでなく、鉄腕アトムグッズのひとつとして、ご家庭にひとついかがでしょうか。

【参考】
新宿ゆかりの幻の内藤とうがらしを使った「アトム七味」発売!|手塚治虫公式サイト
【Amazon】

情熱の!  新宿内藤とうがらし ~新宿名物誕生物語~ (JG mook)
成田 重行
H14 (2015-10-04)
売り上げランキング: 572,585


【楽天】
情熱の! 新宿内藤とうがらし ~新宿名物誕生物語~【電子書籍】[ 成田重行 ]
情熱の! 新宿内藤とうがらし ~新宿名物誕生物語~【電子書籍】[ 成田重行 ]