NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

“存在感”に貫禄あり!?中野新顔煮込み酒場「よし葉」

2017-12-19-17-57-06
コの字カウンターで濃厚なもつ煮を。中野裏路地大衆酒場「よし葉」潜入。

2017-12-19-17-47-27
「煮込み」の白い提灯がずっと気になってたんです。中野北口、裏路地飲み屋街・昭和新道の「よし葉」。

ここ数年に建った新規の建物、新規の店なんですが、中はコの字カウンター。歴史が長いというのなら迷わず入るはずのイハラさん。ただ、とってつけた昭和感だとしたら、演出だとしたらちょっと興ざめ。そんな危惧があってずっと入らずにいたお店のひとつ。

結論から言えば、損してた。もっと早く来るんだった。

2017-12-19-17-51-45
キンミヤ焼酎、飲み切りセット。割もの選べて980円。

1,000円以内でつまみと酒を、というせんべろ派もいらっしゃいますが、私はぐいぐい飲んで長っ尻が信条です。

2017-12-19-17-50-22
キンミヤの300mlミニボトル、かわいいじゃないですか。このミニボトルを眺めながら飲む。これだけで酒飲みはツマミになるんですよ!

2017-12-19-17-55-52
お通しは焼きジャガイモ。ベーコンと粉チーズトッピング。もうこれで充分だよ、飲めるよ!

……なんてアホなこと言ってないで、ツマミを頼みましょう。

2017-12-19-17-52-06
もちろん一番の売りは「煮込み」。牛もつの煮込みと牛すじ煮込みは、メニューの中で大きく目立つように書かれている。まずここは、「牛もつの煮込み」を頼みましょうかね。

2017-12-19-17-57-06
それが冒頭の写真。モツたっぷり! タレが濃厚!

様々な部位が入っていて、こんな大ぶりに切られていますが、驚くほどに臭みなし。くにゅくにゅりとした食感がありながら、ふつりと切れる歯ざわりの良さもGOODですよ。甘過ぎず濃厚なタレも、ただそれを舐めるだけで酒が進む。この1品でキンミヤ飲み切りセットがぜんぶ無くなる勢いだ。

2017-12-19-17-52-06
もつ煮込みでニヤニヤしていた私が、メニューをじっくり見て、せめてもう一品頼もうと考えていると、

 店員「魚、お好きですか。よかったら看板メニューもどうぞ」

と、声をかけられた。その言葉を受けてコノ字カウンターの中に掲げられていたホワイトボードを見上げると……

2017-12-19-17-54-16
あ、いっぱいメニューある。

正直、卓上メニューの一品料理は「ちょっと少ないかな……」と眺めていた。が、その日のオススメは店内のホワイトボードにあったのだ。

 店員「今日は赤魚の粕漬け焼きと、いわしのみりん干しが特にオススメです」

むむむ……と悩ましいイハラさん。
  • ラム肉串焼き、450円
  • 旨タレ豚テキ、380円
  • Bigメンチカツ、450円
肉にくしいメニューが並んでいる。
一方で店員さんオススメの、
  • 赤魚粕漬け焼き、450円
  • イワシのみりん干し、380円
それだけじゃない、
  • インドマグロの脳天炙り刺し、680円
魚も確かにいいじゃないか……。

2017-12-19-17-59-34
というわけで、「インドマグロの脳天炙り刺し」と、「赤魚粕漬け焼き」を頼んでみました。

なにこの刺身。生のピンク色、サッと炙った焼き色のコントラストが美しい! おいしそう! いや、うまい!

マグロの希少部位なだけでなく、サッと炙るひと仕事が、食感や味、脂のおいしさをWに引き立てる。

そんな刺身をちくちくつまんで、自分でホッピーをおかわりしていると、

2017-12-19-18-05-01
赤魚の粕漬け焼き、来た。でかい。身が厚い。粕漬けだから身が引き締まってふっくらしてる。
こんなおいしいつまみ、これまでたった3品だけど、キンミヤセットじゃ全然足りないよ!!w

あーダメだ。オープンしてから数年、何で俺ここに来なかったんだろう。もったいないことしたー。

 店員「実はまだ、オープンしてから1年なんですよ」

 ――えっ。でも、このビルが出来た時から、コの字カウンターの煮込み屋さんで……

 店員「あ、知ってましたか。実は『オーナーが変わって店名が変わって再オープンした』のが1年前なんですよ」

 ――居抜きってことですか? それともスタッフさんが変わった?

 店員「何も変わってないです。常連さんも変わらず。お客さんみたいに気づいてない人も多いみたいですね」

2017-12-19-17-47-27
昭和新道、この立地にオープンして約3年。店名変わって1年。でも、店構えも客も、店長・店員さんも、そしてメニューも変わらず。変わったのは屋号だけ。

3年というと中野じゃまだまだ新顔ですが、常連さんも多く、この夜初めて入った私も「あの角の煮込み屋」という認識。
名前ではなく、存在感で認知されている「よし葉」は、既に中野の飲み屋街に馴染んでいるとも言えるかも。

【店舗情報】
名称:大衆酒場 よし葉(旧名 耀)
住所:東京都中野区 中野5-47-3 おかだビル102
営業時間:17:00〜25:00(日曜〜24:00)

【Amazon】
大衆酒場の達人 酒と肴を極める!
久住 昌之 大竹 聡 江口 寿史 西村 賢太 柳沢 きみお ほか
宝島社
売り上げランキング: 156,331

【楽天】
【送料無料】国産豚使用 群馬 上州名物 もつ煮_1kg×2袋_4978408520023_73
【送料無料】国産豚使用 群馬 上州名物 もつ煮_1kg×2袋