NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

スゴいスコーン「スゴーン」のスゴい営業姿勢

2017-07-06-09-43-24
スナック菓子大好き系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

「プライドポテト」が速攻品切れ発売休止(現在復活)になったことで話題のコイケヤが、もうひとつの人気ブランド「スコーン」の上位版を発売。すごいスコーン、略して「スゴーン」。またダジャレか。

スゴいスコーン
湖池屋「スゴーン」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★さっそく実食!スゴいスコーン

2017-07-06-09-44-37
フレーバーは「海老まるごと」「鶏炭火焼」の2種で展開する「スゴーン」。

2017-07-06-09-46-31
「スゴーン海老まるごと」は、他社製品ですがカルビー「かっぱえびせん」を彷彿させます。海老の風味が濃く、スコーンのあのカリカリ感がまたやめられない止まらない。(なんて書くと湖池屋にもカルビーにも怒られるかな?w)

「スゴーン鶏炭火焼」は、炭火焼きの鶏の脂感が濃厚に再現されていて、これまた後を引いて止まらない。

「プライドポテト」の時もそうでしたが、パッケージデザインを豪華にして“上位機種”を印象づけながら、160円で買えるリーズナブルさがまたスゴいですね。


★ブランド力にあぐらをかかない営業姿勢を考える

先日、明治「カール」が長年愛されたブランドにもかかわらず、生産量・販売エリアの縮小を余儀なくされたことが話題になりました。

どんなにメジャーなお菓子ブランドでも、期間限定・季節限定のフレーバーを発売。SNSなど消費者側の口コミや、写真発信力によって急速に認知度を上げ、プロモーションを仕掛けて来ています。
おかげで私のような野良ブロガーもネタに事欠かないわけですが、湖池屋は会社本体の統合やロゴの刷新に合わせ、「プライドポテト」や「スゴーン」を投入。
ダジャレも組み込んだ商品名に、ついつい消費者も突っ込んで、またそれだけでもひとネタになって情報が拡散されていく――

2017-07-06-09-52-21
▲「写真はイメージです」って、お前は誰なんだ!? というツッコミどころさえ用意している「スゴーン」のパッケージ

ね、味だけじゃない、こういうネタを仕込んでいく姿勢がスゴいなと思うんです。

一方で「カール」の販売縮小は、受験期の「受カール」程度のネタ性で、いまいちSNS映えするネタやフレーバーを提供できなかったのが理由なのかなーとも。

実際、「スゴーン(スコーン)」を私が買ったのは数年ぶりですし、こういう機会もなければ手に取らなかったと思います。そして「カール」も同じくらい買っていなかった。

メジャーでお馴染みのブランドでも、どんどん攻めて行かねばならないお菓子業界。「スゴーン」はホントにスゴい、という話でした。

スゴーン特設サイト|湖池屋
▲公式特設サイトもキャンペーンもスゴいので一見の価値あり
【Amazon】


【楽天】
マルちゃん焼きそばBAGOON(バゴーン)1個
マルちゃん焼きそばBAGOON(バゴーン)