NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:30

どんつきの気になる狭小イタリアン「ドン・ツッキ」の激辛アラビアータ

2017-06-19-10-10-49
不思議物件大好き系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

両手をひろげて充分届く、狭小縦長物件。ここは商店街のどんつきにあるイタリアンバル、その名も「ドン・ツッキ」。ダジャレか。

狭小イタリアンバル
阿佐ヶ谷「ドン・ツッキ」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★気になるどんつきの丸見え狭小店

阿佐ヶ谷スターロード商店街のどんつきにある、その名も「ドン・ツッキ」は、商店街を歩く飲ん兵衛には気になってしょうがないお店のひとつです。

単純にどんつきにあるから目立つという話ではなく、こちらの物件は薄くて細長い狭小物件なのですよ。
どれくらい幅がないと言えば……

image
ご覧ください。見ず知らずの方なので顔にボカシをかけさせていただきましたが、カップル客です。カップル客が並んで座っただけで、その幅が終わるほど狭いんです。

お店に入ると、1階は厨房とレジ。そして立ち飲みスペースと数席のカウンター。

2017-06-17-18-09-21
2階はこのとおり、やはりカウンター席となっています。

多少台形で奥は広いのか、奥に見える扉はトイレのドアであり、その手前には4人席のテーブルが2つあります。

ですが「ドン・ツッキ」の人気席は、当然、商店街から見上げるカウンター2人席。

2017-06-19-10-10-28
窓からスターロード商店街を見下ろす絶好のロケーション。
ま、この席に座ろうとしたら、

 店員「外から丸見えですけど、いいんですか?」

と念を押されましたが。ええ、よくわかってます。私も見ず知らずのカップルがこの特等席で楽しむ様子を見てますからね。


★どんつき狭小店「ドン・ツッキ」はイタリアンバル

2017-06-19-10-09-49
日が暮れれば、また雰囲気のある商店街の様子を見下ろすことのできるこの2階特等席。あ、右手には以前紹介したこともある「かきっこ商店」が見えますね。

image
提供される料理は、カルパッチョやアヒージョ。イタリアンバルです。
ここには見えませんがピザなどもあります。

この2階のどんつき特等席は、カップルで並んでワイングラスを傾けたい、その様子を商店街を歩く者に見せつけたい、阿佐ヶ谷で一番“幸せ”なカップルシートかもしれません。

(参考)広島産牡蠣をリーズナブルな中央線価格で!阿佐ヶ谷「かきっこ商店」は“食べ放題”もあり!?


★「ドン・ツッキ」の料理紹介

2017-06-17-18-15-17
▲ササミスモークのサラダ仕立て

スモーク香が高く、サラダというよりはおつまみ。

2017-06-17-18-22-13
▲ムール貝の白ワイン蒸

シェフこだわりの産地から仕入れた、身縮みの少ないムール貝。

2017-06-17-18-31-22
▲エビのアヒージョ

殻ごと食べられるエビ。頭からバリバリとイケます。

2017-06-17-18-42-34
2017-06-17-18-43-30
▲アンガス牛ザブトンのグリルステーキ

ミディアムレアの仕上がり。肉汁閉じ込められたステーキは、大きくカットして頬張るように食べる。

2017-06-17-19-18-01
▲パルミジャーノチーズのリゾット

濃厚な味わいで、米粒が潰れずしっかり形の残っているので、パスタのようでもある。

さて、ほかにもピザやレバーペーストなど、気になる料理もあったのですが、ファーストドリンクの生ビールに続き、軽くワイン3杯進んでる。今夜はこれくらいにしとこうか。


★店員も驚く“激辛”パスタ試験導入中

2017-06-17-18-09-54
イタリアンにパスタが〆という概念は無いと思うんですが、壁の黒板メニューに気になるパスタを発見。

赤鬼(激辛アラビアータ)」
青鬼(青唐ペペロンチーノ)」


激辛パスタです。しかも「子鬼(Lv.5)」「大鬼(Lv.10)」と、辛さの調整も可能。

 店員「メニューに加えてからまだ1週間も経ってないもので、どうせそんなに出ないと思ってた冗談のようなメニューなんですけど、毎日必ず出るんですよ。阿佐ヶ谷の人って、激辛がそんなに好きなんですかね……」

と、呆れたような物言いをする店員さん。実はこちら「ドン・ツッキ」は、主に練馬近隣で様々な業態のイタリアンのお店を展開する会社の系列店のひとつ。店員さんもいくつかの店舗を掛け持ちしている様子です。

ま、阿佐ヶ谷代表にされるのもアレですが、猪原さんの激辛マニアとしてのプライドが、

「じゃあ遠慮なく、激辛大丈夫なので『赤鬼』大鬼ください」とすかさずオーダーさせた。
「まずは小鬼(Lv.5)から……」と言いたげな店員さんのガチの呆れ顔に、テヘペロですよ。

で、来ましたよ。

2017-06-17-18-56-25
……鬼だこれ。角生えてるし。

2017-06-17-19-01-14
 店員「これらのホットソースを使って、激辛でもおいしいパスタに仕上げてます。ちなみにどれを足しても、(ベースの辛さが高止まりして)これ以上辛くなるわけじゃないので……」

 ――(じゃあ何でこの激辛ソースセットを置いて行く……?)

 店員「……中華調味料の『花椒』だけは、風味が変わって面白いので、使ってみてください」

 ――なるほど。

実際「赤鬼(大鬼)」を食べてみたところ、刺すような辛味の中にしっかりトマトの旨味やチーズの濃厚さ、そしてニンニクの香りが生きていて、旨辛のバランスをきちんと保ったパスタに仕上がっていました。
ですが、辛さが苦手な方は注意。遊び半分で大鬼頼んではいけませんよ。ガチで辛く、即汗だく。激辛マニアも納得の激辛度。

花椒に関しては「中華じゃん」とツッコみたくなりましたが、かけてみればトマトと意外なマッチング。

2017-06-17-19-08-18
舐めるほど食べ尽くした。唐辛子は1本だけ食べました。

 店員「1本だけでも唐辛子まで食べた人初めてですよ……」

大勝利とまでは言わずとも、一応の勝利を得た気分です。ごちそうさまでした。


★「ドン・ツッキ」8周年ゾロ目フェア準備中!

狭小物件の珍スポットとしても、カップルのデートスポットとしても、そして激辛スポットとしても楽しい阿佐ヶ谷のイタリアンバル「ドン・ツッキ」。

2017-06-17-18-13-06
実は阿佐ヶ谷にオープンして8周年を迎えるそうです。

6月23日(金)、24日(土)の2日間は、「8th Anniversary」として、
  • 飲み放題888円
  • 記念プレート888円
  • 泡ボトル888円
  • グラスワイン88円
など、8のゾロ目メニューを用意し、皆さんを待っているそうですよ。
お近くにお住まいの方はチェックしてみては。

【店舗情報】
名称:バール ドン・ツッキ/DON TSUCCHI
住所:東京都杉並区阿佐谷北2-3-7
営業時間:17:00〜(6月より月曜定休)
公式サイト:http://www.boucila.jp/brand/dontsucchi/


【Amazon】
阿佐ヶ谷ラプソディ (ハルキ文庫 ま)
又井 健太
角川春樹事務所
売り上げランキング: 110,127

【楽天】
本気で怖い!!リアル鬼全身セット 【tkp510】節分 豆まき 鬼 赤鬼 青鬼 かぶりもの 着ぐるみ 角 アフロ 全身タイツ コスプレ コスチューム 仮装 リアル イベント 2月 行事 季節 フリーサイズ 劇 発表会 桃太郎 【RCP】
本気で怖い!!リアル鬼全身セット コスプレ衣装