NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:30

日本酒を飲んで学べる!原価でお得!荻窪「原価酒場かたりば」

2017-06-12-09-53-03
日本酒大好き系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

日本酒を原価で飲んで、いろいろ味を覚えるのに良さげなお店。「原価酒場かたりば」を紹介。

原価で飲める!持ち込み可!
荻窪「原価酒場かたりば」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★お酒を原価で飲める!?「原価酒場かたりば」

2017-05-23-18-50-57
荻窪駅の北口、飲み屋が軒を連ねる「荻窪北口駅前商店街」に「原価酒場かたりば」があります。オープンから半年ほどの新参店ですが、日本酒好きならぜひ行くべき、通うべき!

2017-05-23-19-11-59
ビルの6階にあり、なかなか入りづらい雰囲気もありますが、生ビール150円! イカの塩辛60円! もちろん日本酒は、3種飲み比べ360円から! など、異常なほどに安い価格でいただけるヤバい店。


★原価提供の秘密は“入場料制”

2017-06-12-09-49-47
こちらがメニュー表。プレモル生中150円から、角ハイボールも150円。ウーロンハイ110円、ワインはボトルで900円など、赤字覚悟の価格が並んでいます。
日本酒も260円から。しかも10段階の温度設定も可能。

そんな激安価格で提供できるのは、こちらのお店が「入場料金」を徴収しているため。
基本料金:1時間 1,000円
延長料金:500円/1時間
3時間パック:1,700円
時間無制限:2,000円
このような料金を入店時に支払った者が、上記の原価(他店舗の相場の約3分の1の価格)でお酒を飲める、というわけです。

例えば入場料1,000円を支払い、150円の生ビールを1時間で4杯飲めば元を取れる計算……ですかね。

ですが、こちらは「日本酒にこだわったお店」。ビールは最初の一杯にとどめ、2杯目からは日本酒へ行くべきです。


★わかりやすい!飲んだ銘柄を覚えられる

2017-06-12-09-53-03
冒頭写真、こちら。皆さん、グラスの横に「カード」が見えますね。これはオーダーした日本酒の銘柄表。
蔵のある県名、銘柄名、酒の種別、味の傾向、オススメの温度、コメントが書かれたカードで、まるでそのお酒の名刺か、トレーディングカードのよう。
そしてこれはその場限りのものではなく、持ち帰れる。その日飲んだお酒の傾向を復習しつつ、集める楽しみがあるというわけです。


★おつまみ持ち込み可!

2017-05-23-20-11-54
2017-05-23-21-33-47
この日、お店でいただいたおつまみは「たぬき奴っこ」と「豚しゃぶ小鉢」のみ。
原価価格はおつまみも同様で、やっこは100円、豚しゃぶ小鉢は150円。
特に豚しゃぶ小鉢は、純米酒の豚しゃぶで、純・日本酒に豚肉をくぐらせたおつまみなんですよ!

おつまみ2品程度で、しこたま日本酒飲むにはつまみが足りないと思うでしょう? でも大丈夫なんです。なぜなら……

2017-05-23-19-13-11
こちらのお店は、フードの持ち込み可! 好きなおつまみを買って持ち込んで、原価の酒をあおれば、完全に宅飲みのような雰囲気に!

だけど日本酒に関して相談できる店長さんがいて、とびきり燗から雪冷えまで、10段階の温度調節もお願いできて、片付けも不要!

そんなステキなスペースを貸していただいて、入場料+原価(+持ち込みフード代)。納得どころかホントにいいんだろうかと心配になっちゃうシステム。


★会員になることで「隠し酒」もお得に飲める!

また、メニューにない貴重な日本酒も「隠し酒」としてストック。会員になることで飲めるようになります。

image
この日は言わずと知れた銘酒「十四代 特別本醸造 本丸」。大手通販サイトでは一升瓶で軽く20,000円オーバー。

そして「梵 日本の翼」は、政府専用機で飲まれているプレミアムな1本。こちらも大手通販サイトでは、四合瓶で5,000円を超えるもの。

その1杯の値段はいくらになるのか……それは会員になった人のナイショの「隠し酒」ですから、ここではお知らせしません。ですが、他店より安く飲めるのは確実! だって原価だから!


★「作」のSAKE COMPETITION 2017 受賞記念に再訪

2017-06-12-09-54-30
そんな最初の訪問から間もないとある週中。三重のお酒「作(ざく)」が SAKE COMPETITION 2017 において、4銘柄が受賞という快挙の報。

それが会員向けの通知がスマホに届きました。受賞した4銘柄を含む6銘柄がお店にはストックされており、その飲み比べをしないか、という会員向けのお店からの連絡です。そりゃ行きますよ。
つまみを買い込んで持って行き、受賞4種を飲み比べ。
カードは再び持ち帰り、トレーディングカード遊び。

会員で良かった。近場にこんなお店があってよかった。

というわけで、荻窪「原価酒場かたりば」、日本酒好きなら行くべきお店!
実は店長ひとりのワンオペなので、

「おつまみも頑張ってますが、フードの持ち込みはホントに助かるんですよ……」と、控えめな店長さんがおっしゃってましたので、皆さんも荻窪の西友あたりで買い物してから行くといいです!

(……で、満席や休みだとショックで荷物も大変なことになるので、事前の連絡が良さげですよw)

【店舗情報】
名称:原価酒場かたりば
住所:東京都杉並区上荻1-4-7流動ビル6階
営業時間:平日18時〜26時/休日16時〜24時(不定休)
Twitter:@genka_katariba


【Amazon】
日本酒のペアリングがよくわかる本

シンコーミュージック
売り上げランキング: 24,705

【楽天】
知らないとソンする!価格と儲けのカラクリ 図解63のモノとサービス原価の秘密
知らないとソンする!価格と儲けのカラクリ 図解63のモノとサービス原価の秘密