NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

苦味や泡が変わる!違う!“注ぎ分け”で味変する生ビール!中野「麦酒大学」

image
一番右のアワアワな生ビールは失敗ではありません。ひとつのビールを「注ぎ方」によって味わいを変えるマジックを体験できる、中野「麦酒大学」の紹介です。


昭和と平成のビアサーバーで
味を変える“注ぎ分け”
中野「麦酒大学」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★キリンラガーの“注ぎ分け”を体験する「麦酒大学」

2017-05-12-18-53-34
中野南口・レンガ坂の「麦酒大学」は、学校じゃありません。ビアホールです。

注ぐビールは「キリンラガー」ひとつ。しかし「昭和のビアサーバー」「平成のビアサーバー」を使い分け、注ぎ方も使い分け、何種類もの味に「注ぎ分け」するテクニックと、その味の激変ぶりに驚きます。

その「注ぎ分け」の妙味を味わうには、2階の立ち飲みスペースで利用したいところですが、今回は大人数の3階貸し切りパーティに参加したため、どう「注ぎ分け」をしているかは、フードスタジアムの記事から引用します。

カウンターに設置された4基のビアサーバー。うち1基はヱビスビール記念館に保管されている昭和8年当時のものを忠実に再現したレプリカだ。このサーバーと現代のサーバーを使い、様々に注ぎ分けたキリンラガーの生ビールを提供している。

メインの注ぎ分けは、現代のビアサーバーを使った現代風の「麦酒大学注ぎ」、銀座ライオンと同じ昔ながらのスタイルの「一度注ぎ」、昭和20年代〜40年代頃の居酒屋隆盛期に主流だった「二度注ぎ」、キリンシティと同じドイツスタイルの「三度注ぎ」の4種。「一度注ぎ」はシャープな味わいを、「二度注ぎ」はクリーミーな泡を、「三度注ぎ」は苦味を抑えたマイルドな味わいを楽しむことができる。
フードスタジアムから引用)

さらに現在は6種類の「注ぎ分け」もメニューに追加され、同じビールをなんと10通りの「注ぎ分け」ているのだそう。


★飲み放題+追加分で味わう「麦酒大学」

2017-05-12-19-00-37
こちら、今回参加した「飲み放題パーティ」のメニュー。本来の価格が書いてありますが、1杯目はどれでも可、2杯目以降は、グレー地のメニューのみ1杯ずつ200円の追加料金が発生します。


★「麦酒大学」の“注ぎ分け”を体験する

2017-05-12-19-03-06
というわけで、1杯目は基本の「麦酒大学注ぎ」の生ビール。もっちりとした泡が特徴で、その泡の妙味を味わうために、貸し切りとは言え「乾杯禁止」。

数人ごとに提供される生ビールは、泡が消え始める前にゴクリと行ってもらいたいと、届いた順から飲みだして欲しいという店主のリクエスト。どうしても「乾杯!」したいと言うのであれば、瓶ビールをオススメされるこだわりようです。

2017-05-12-19-04-56
薄はりのビアグラスに現れる、エンジェルリング。ひとくち飲むごとに復活する泡が描くこのラインが出ないようでは、生ビールを注ぐ職人を名乗れません。

2017-05-12-19-20-05
2杯目は、昭和のビアサーバーを使用した「二度注ぎ」。

2017-05-12-19-20-11
ビールの液本体と泡の間のモヤモヤ、わかりますか? この微妙な境目が、飲み口で泡とビールをまとめ、不思議と泡とビールの区別が付かない味わいに。口当たりがマイルドで、これが1杯目と同じビールなのかと驚きます。

2017-05-12-19-36-27
そして冒頭でコメントしたこちら。居酒屋でこんなビールが出てきたら「やり直せ!」と突っ返すレベルの泡の量。

こちらはメニューの説明によれば、「ミルコ」という注ぎ方。チェコで人気の、泡を楽しむビールなんだそうですよ。

2017-05-12-19-37-02
泡とはいえ、ビールです。時間を置けばどんどん黄金色のビールのかさが増していく。泡は消えていく。消えるまえに、ミルキーな泡の食感を楽しむ飲み方。

2017-05-12-20-38-38
「三度注ぎ」は上が荒目、下にいくほど細かくなっている泡。ビールの苦味がマイルドな仕上がり。

もう一度言っておきますが、ここまで見た目の違いが現れる数種の「注ぎ分け」。どれも同じ、ひとつのビア樽の同じ銘柄なんですよ。注ぎ方が違うだけでなぜこんなにも味が変わるのかと、びっくりします。


★料理もおいしい、ビールに合うあう!

料理も込みの「飲み放題コース」で臨んだ今回の会。生ビールの「注ぎ分け」に注目してもらうため、これまでビールしか紹介していませんが、おつまみもおいしいので。

2017-05-12-19-12-45
「シーザーサラダ」は前菜に。

2017-05-12-19-31-10
「枝豆」は「ビール漬け」と「ビール煮込み」の2種盛り。

2017-05-12-19-43-40
2017-05-12-20-01-43
焼鳥などの串もの……

2017-05-12-20-20-20
ジャンクなソーセージ、唐揚げ、フライドポテトのほか、ポテトサラダや豚肉のビール煮など、ビールに合うためのつまみが充実!

3階のフロアとテラス席を独占したパーティは楽しくおいしく過ごせましたが、やはり「昭和のビアサーバー」と「平成のビアサーバー」を使い分け、様々注ぎ分けてビールの飲み口、味わいを変えていく妙味を眺めるためには、2階のスタンドバーフロアを少人数で利用するほうが、興味深い体験ができそうです。

【店舗情報】
名称:麦酒大学
住所:東京都中野区中野3丁目34−23(2F、3F)
営業時間:17:00〜24:00


【Amazon】
おばあちゃんのビヤホールはこわいよ (絵本の時間)
松谷 みよ子
ポプラ社
売り上げランキング: 240,394

【楽天】
週刊 東洋経済増刊 本当に強い大学2017 2017年 5/24号 [雑誌]
週刊 東洋経済増刊 本当に強い大学2017 2017年 5/24号 [雑誌]