NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:30

\ミラバケッソ!/アルパカの“クラレちゃん”に会いに行く!H.I.S.いちご狩りバスツアーレポ【3】

2017-04-01-14-43-40
アルパカといちご狩りを堪能するH.I.S.のバスツアーシリーズは、今回「お菓子の城 那須ハートランド」併設の「那須高原農園いちごの森」でのいちご狩りを紹介して全3回、ラストです。

「御用邸チーズケーキ」と
「いちごの森」のいちご狩り


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!

★アルパカ牧場・ビール園は“前の記事”参照ください

2017-04-01-11-15-21
「アルパカ牧場といちご狩り」H.I.S.のバスツアーに参加したレポ、今回は全3回のうちの第3回。ラストです。

タイトル共通のため「アルパカ」と文字が入っていますが、今回もアルパカ要素ありません。約400頭ものアルパカと触れ合える「那須アルパカ牧場」に関しては、前回のレポートを参照ください。

つづく第2回は「那須 森のビール園」を紹介。合わせてどうぞ。

アルパカ牧場レポ→\ミラバケッソ!/アルパカの“クラレちゃん”に会いに行く!H.I.S.いちご狩りバスツアーレポ【1】
森のビール園レポ→\ミラバケッソ!/アルパカの“クラレちゃん”に会いに行く!H.I.S.いちご狩りバスツアーレポ【2】


★いちご狩りの前に「チーズガーデン」買い物タイム

前回「那須 森のビール園」で、サッポロの工場見学、限定醸造のビール試飲、そして和洋中のバイキングランチをレポート。その後いちご狩りに向かうわけですが、さすがにバイキング後、言ってみれば食べ放題のいちご狩りはいきなり過ぎる。というわけで、バスツアーのコースには、お土産の買い物タイムがセッティングされています。

2017-04-05-09-52-42
場所は、「THE CHEESE GARDEN(チーズガーデン)那須本店」。90年代中盤から販売されている『御用邸チーズケーキ』は、今や都内でも買えるチーズケーキ(※)ですが、「本店で買ってこそ!」というファンが多いのでしょう。添乗員さんが言うには……

 添乗員「今回皆さん参加のツアーはいちご狩りですが、ここ『チーズガーデン』でチーズケーキを買うためだけに、ツアーに参加するお客様もけっこういらっしゃるんですよ」

(※東京ソラマチ内に支店店舗がある。)

2017-04-03-09-39-37
そんなの聞いたら、「買い物かよ〜、ツアー代金以外にお金使わせるなんて……」とケチくさいことも言いたくなるわたくしも、つい買っちゃいます。

2017-04-03-09-42-00
那須で生まれた「御用邸チーズケーキ」は、90年代中盤に誕生しましたが、その後何度かレシピなどをリニューアル。現在販売されているものは、2010年に開発改良されたレシピで、ロゴやパッケージなどは昨年2016年に見直したもの。

ツアー内のお土産として書いやすい特徴として、「常温で保存」できることが挙げられます。
「これを目的にツアーに参加する」人もいるということを裏付けるように、フロアの様子を観察すれば、ひとりで10個以上買い込む方も見られ、その人気の高さがうかがえました。

2017-04-03-09-57-31
「御用邸チーズケーキ」はベイクドチーズケーキにも関わらず、滑らかでチーズが濃厚。もったりとした食感に反するように、甘さがすっきりとしており、口溶けが良い。この写真は職場のメンバーへのお土産として持っていったものを皆さんにふるまったものなのですが……2、3個、自宅用に買っておけば良かったなと!w


★「お菓子の城」“いちごの森”でいちご狩り!

2017-04-05-09-53-52
「チーズガーデン」での買い物が済めば、やっと今回のツアーのメインイベントにして、最終目的地「いちご狩り」スポットへ。

ここは「お菓子の城 那須ハートランド」。こちらも那須のお土産買い物スポットとして有名ですが、いちご狩りはこちらの建物に隣接する「いちごの森」で体験できます。

2017-04-01-14-37-44
「いちごの森」は、20ものビニールハウスが並んだ敷地では、とちおとめとスカイベリーのイチゴ狩りができます。今回のツアーでは水耕栽培の「とちおとめ」いちご摘み放題、その場で食べ放題。

2017-04-01-14-43-40
ハウスは20棟ありますが、10棟が連なった広い敷地になっています。イチゴの生育状況により、その一部のレーン内で、摘み放題。

2017-04-01-14-41-04
色づいたイチゴと、まだまだ青いイチゴが混在しています。
この中から、おいしいイチゴを狙って、もぎっては食べ、もぎっては食べの30分。

2017-04-01-14-48-06
おいしいイチゴの見分け方ですが、ダイヤ型で、全体的に濃い赤に色づいているものが、特に甘くておいしいそうですよ。

2017-04-01-14-49-56
この写真でいえば、一番手前のひとつでしょうか。

2017-04-01-14-54-43
この写真で言えば、左側かな。

image
20粒以上のとちおとめを食べました。

しかし、目の前に赤いイチゴがあるとついもぎってしまう食い意地の悪さか、「これだ!」という甘くておいしいイチゴを選べるようになったのは、最後の5粒くらい。おいしいイチゴばかりを狙って食べ放題できる選球眼が求められますw


★注意!バスツアーと通常営業ではルールが違う

image
そんなおいしいとちおとめを摘み放題で、その場で食べ放題なのは、あくまで今回参加した「H.I.S.春色もふもふアルパカ牧場ともぐもぐ森のビール園&「とちおとめ限定」いちご狩り食べ放題」のみでのルールです。

選べば充分甘〜いとちおとめですが、ツアー客の会話を聞くと、「練乳ないのか……」とガッカリする声も聞こえました。確かに渡されたものはイチゴ摘み取り用のハサミとヘタ入れ用のパックのみ。

ですがここ「いちごの森」で普段、ツアーではなく普通に参加すれば、
  • 1パック分の摘み取り
  • その場で食べてはダメ
  • 持ち帰り
というルールが適用されます。スカイベリーのコースでも、やはり1パック分の摘み取りと、その場で食べられるのは味見としての1粒だけ。
ここ「いちごの森」でのいちご狩りとは、「1パック分のいちご摘み体験」が通常の営業なのです。

その点、ツアー参加者はその場で食べられるし時間内食べ放題だし、という特別扱い。さらに練乳まで用意されたら、通常のお客様から不満の声も聞こえてしまうでしょう。

ここは、摘みたてイチゴの食べ放題、フレッシュな素材の甘さをおなかいっぱい楽しむべき! それが今回参加したツアー客の特権! 実際いちごで充分おなかいっぱい! ごちそうさまでした!

2017-04-01-15-01-13
でも、この顔はめ看板は……ちょっと穴大きすぎませんかね!? カップルで並んで入るにしても、顔の部分丸く2つ開けるとか……


★アルパカといちご狩りを楽しむバスツアーはH.I.S.で!

image
那須アルパカ牧場では、ツアー客限定でミラバケッソの「クラレちゃん」と触れ合うツーショット写真が撮れました。
いちごの森では、ツアー客限定で摘み放題、その場で食べ放題のいちご狩り。

これはH.I.S.のバスツアーに参加したからこそ体験できた、役得。

まだまだいちご狩りのシーズンは残っています。5月の連休後までツアー日が設定されていますので、4月5月とあんまりレジャーしてなかったな、GWに予定なかったなーという方は、検討されてみては?

【関連リンク】
チーズガーデン
那須高原農園いちごの森

【今回の参加ツアー】
新宿発・春色もふもふアルパカ牧場ともぐもぐ森のビール園&「とちおとめ限定」いちご狩り食べ放題|H.I.S.
料金:A日程7,990円/B日程8,490円

【Amazon】
17/03月号 (関東・東北じゃらん)

リクルートホールディングス (2017-02-01)

【楽天】
栃木県産いちごスカイベリー&とちおとめ詰合わせセット 1箱【送料無料】【期間限定】【産地直送】【RCP】日時指定は出来ません。02P07Feb16
栃木県産いちごスカイベリー&とちおとめ詰合わせセット 1箱【送料無料】【期間限定】