NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

【10年ぶり2度目】2017初ラーメンは「天下一品」で敢えて“味がさね”にいってみた

2017-01-05-17-27-32
天下一品大好き系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

天下一品の一部店舗でいただける「味がさね」は、天下一品が第3のラーメンとして売り出したい新商品(※)ですが、あっさり同様、なかなか見向きされないメニューのひとつでもあります。

(※2004年に登場したメニュー。もう13年経つので“新”というほどでも……w)

天下一品「味がさね」
食べてみた



★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌


肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012

マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~」をチェック!

★天下一品唯一無二の“こってり”を敢えて外してみる

2017-01-05-17-27-32
2017年、ラーメン初めは「天下一品」に決定。しかもそのメニューチョイスは、敢えて「味がさね」にしてみた。

というのも、昨年末に天下一品総本店を訪れ、東京でもフェイバリッド店としている江古田店や他FC店、そして高円寺の直営店すらとも、本店の味は段違いにうますぎることを知ってしまった猪原さん。
それでもこれから本店に通うわけにもいかず、都内で食べるしかない天下一品。
本店での体験以降初めての天下一品こってりラーメンで、「本店はうまかった……」と、ためいきをつくわけにはいかない。

そのためには、まず一拍置く必要がある。本店とは違うこってり(※)を食べる前に、“違うもの”を食べればいい。

そこで、「味がさね」。

2004年に天下一品に登場した「味がさね」は、これまで1度食べたことがありますが、それ以降食べていない、もはや味を忘れてしまったもの。このチョイス、意外といいんじゃない?

【追記】天一本店のうまさに迫る「高田馬場新聞」記事が天下一品本部の要請により削除されたため、この一行にあった関連文を削除しました。


★「味がさね」食べてみた

2017-01-05-17-27-50
「味がさね」の具は、豚バラ肉と白菜、そしてネギの3種類。ラーメンの王道の具、メンマやチャーシューが無い分、白菜と豚バラのボリュームはあります。

2017-01-05-17-27-56
スープはこってりベースの味噌風味。なのでややこってり粘度は低め。(それでもこってり然としたとろみは健在。)

ひとくちスープをすすってみると、いつものこってりのあの風味に加え、味噌の甘味と、生姜の香りが立ちます。
あっ、生姜。天下一品こってりに外せない、にんにくという薬味ではなく、生姜の風味は確かに新しいかも。

もうひとつの特徴は、スープの熱さでしょうか。厨房の中は見えませんが、一食分を鍋で煮立てているのかも。

そんな「味がさね」のベースを味わったところで、

2017-01-05-17-27-05
卓上に用意された、味がさね専用の薬味を使いましょう。これは「味がさね」をオーダーしたお客だけに出されるもので、白ゴマ・揚げネギ・おろしにんにく・肉味噌を、順番にスープに投入することで、「味を重ねていく」もの。だから「味がさね」。


★「味がさね」で味を重ねていった

2017-01-05-17-28-20
まずは白ゴマから。香ばしさが足されます。

2017-01-05-17-28-34
続いて「揚げネギ」を投入。ゴマとはまた別の油の香味が足されます。ここで麺をたぐってみる。

「味がさね」は、麺も通常のこってりとは違い、やや太麺。加水もやや低めでしょうか。普段の麺や細麺と違い、麺の小麦の味わいが強く感じられます。

そして生姜風味のベーススープに、にんにくを投入。いつものこってりに入れる辛子にんにくとは違い、通常のすりおろしにんにくですから、辛味はまだ足されませんが、翌日の息を心配したくなるガツン系に変化。

ですがスープがアツアツ、個別調理で煮込まれた豚バラと白菜は、甘味増し。まだまだ上品さが残っています。
そこへ最後に辛い肉味噌を溶かし込むと、こってりに辛子味噌を足したようなパンチが戻ります。

ほう、この変化を楽しむのが「味がさね」。

2017-01-05-17-36-05
天下に類なきもの すなわちこれ天下一品なり

気がつけば、完食。スープまで完飲。
完飲完食者のみが読める、天一からのメッセージ。ごちそうさまでした。


★「味がさね」を振り返る

2017-01-05-17-27-26
一度食べ、その後10年近く遠ざかっていた「味がさね」。遠ざかっていたというのは、その時大したものではないなと思ったのかもしれない。やっぱりこってり食べずして天一に来たかいがないと思っていたのかもしれない。
でも、今食べてみると……悪くない。

当然、こってりで天一にハマった人間が、こってり以上の感動を味わえるわけはなかった。だが、悪くない。少なくともこってりスープがベースな分、戯れにあっさりを頼んで後悔するほどのコレジャナイ感ほどでもありません。

都内でも、京都から来た者が「箸が立たない」「薄い」とガッカリする天下一品店舗があるとウワサされていますね。そんな店をもし事前に知っているなら、そしてその店が「味がさね」取扱店舗なら、ダメージを軽減する保険になるかもしれませんよ?w

思えば天下一品のこってりラーメンを初めて食べたとき、まずいと感じ「2度と入るか!」と憤慨したものです。それがいつしか“本店参り”するほどの重度のファンに。
「味がさね」も同様に「二度とは……」と10年以上のブランクを経て、2度目の体験。悪くない。
次はまた10年先などと言わず、5回に1度は食べるローテ入るかもしれません。

そうそう、あのひとくち目の生姜の風味が、意外にクセになるのよなぁ……。


★1月16日「天下一品ファンの集い@高田馬場」イベント情報

15326298_1878646725690455_2815576058734939755_o
私が高田馬場で仲良くしてもらっている「高田馬場新聞」さんが、天下一品ファンミーティングイベントを主催。1月16日に高田馬場「CASE Shinjuku」で開催されます。

天下一品高田馬場店オーナー・遠藤氏をゲストに、【追記】オーナー氏のゲスト出演は中止となりました。高田馬場新聞さんがもちかえりスープを使ってアレンジした「天一鍋」をつつきながら、天一愛を叫ぶイベント。イベント参加者絶賛募集中とのこと。
お土産は高田馬場店で使える「こってり1杯お食事券」。
私も参加申し込みしましたよ!


天下一品ファンの集い@高田馬場
〜明日もお待ちしてます。〜
開催日:2017年1月16日(月)
時間:19:00〜21:30
料金:4,000円
会場:CASE Shinjuku
(東京都新宿区高田馬場1−28−10三慶ビル4F)
概要:天下一品ファントーク/天一鍋/こってりラーメンお食事券付き
ゲスト:「天下一品高田馬場店」オーナー・遠藤氏
イベント告知ページ:
https://www.facebook.com/events/1004017206388083/
チケット購入サイト:
https://babashinbun.thebase.in/

アメトーーク! DVD 13
アメトーーク! DVD 13
posted with amazlet at 17.01.07
よしもとアール・アンド・シー (2011-03-30)
売り上げランキング: 4,169

▲スタジオを飛び出し高円寺店でロケ敢行した「天下一品芸人」回収録

天下一品 ラーメン 6食 チャーシュー付 天一の日 こってりスープが自慢の天下一品 お取り寄せ|内祝い_お返し_結婚祝い_出産祝い|ギフト|お供え|10800円〜送料無料|秋冬_贈り物_お歳暮|
天下一品 ラーメン 6食 チャーシュー付