NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:30

【12月27日】今日は「浅草仲見世記念日」です

IMG_7267
今日12月27日は「浅草仲見世記念日」。1885年のこの日、浅草寺前参道に近代仲見世がオープンしたのです。

12月27日は
「浅草仲見世記念日」

★不死鳥か!?浅草仲見世

BS朝日の番組『週刊記念日〜この日何の日〜』によれば、

12月27日は浅草仲見世記念日。明治18年、1885年の12月27日に浅草仲見世が誕生したことを祝う記念日です。

そもそも浅草仲見世の歴史は、元禄・享保の江戸時代の、浅草寺の門前町に始まります。
明治期になると東京府により寺社の所領が没収され、一旦政府の管轄となった浅草寺門前町。
そこには政府主導で煉瓦造りの洋風新店舗が建設され、新たな商店街――「近代浅草仲見世」としてオープンしたのが、1885年の12月の今日だったそうです。

冒頭の写真は、「浅草凌雲閣」通称“浅草十二階”と呼ばれた建物の模型。
1885年の浅草仲見世のオープンから遅れること5年。1890年にオープンした高層建築のはしり。東京で初めて電動エレベーターが設置されたスポットとしても有名ですね。

「浅草十二階」の麓、文明開化の象徴として浅草界隈は繁盛しましたが、1921年の関東大震災で壊滅。その後復活した街並みも太平洋戦争で消失。今見られる仲見世の姿は、4代目に当たるでしょうか。まるで不死鳥のごとき、浅草仲見世。

「近世仲見世」が誕生して、今年で131年。日本で最も古い“商店街”のひとつとして、これからも日本を代表する観光地であることでしょう。

さて、そんなところで、当ブログNewsACTの過去記事・浅草関連記事を紹介して終わります。

来年2017年は、久々に浅草に初詣に行こうかな。

【記事執筆参考】
浅草「仲見世」公式サイト

BS朝日- 週刊記念日〜この日何の日〜

★浅草関連過去記事紹介

浅草の名店「浅草むぎとろ」の名物”麦とろカレー”を混まず並ばず食べてみた
画像1

▲久々に食いたいな〜

浅草駅「浅草地下街」の”出口案内”が気になる
2014-09-15-14-51-51

▲手書き……

都内唯一!パチンコの原型―浅草「スマートボール」で遊んでみた
2014-09-15-16-50-07

▲営業日に注意!

22年目のリニューアル!1日居ても飽きない歴史体験スポット「江戸東京博物館」常設展に行って来た
IMG_7277

▲凌雲閣“浅草十二階”の模型が見られます

浅草うねうね食べある記
ぶんか社 (2015-08-17)

【茶道具】【送料無料】東京シリーズ浅草凌雲閣浅草十二階茶碗長谷川剛作(紙箱)
【茶道具】【送料無料】東京シリーズ浅草凌雲閣浅草十二階茶碗長谷川剛作(紙箱)