NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

台湾版の“やきそば弁当”!スープ付き汁なしインスタント麺「維力炸醤麺」

2016-08-27-09-03-28
お土産もらってばかりの漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

台湾土産のインスタントラーメンシリーズ。今回は……これ、台湾の「焼きそば弁当」じゃね!? というお話。

台湾のラーメン
「維力炸醤麺」は
台湾版「やきそば弁当」


★当ブログ管理人の“肉”コラム掲載誌

肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~

マイナビ出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 82,012
マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿!
NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。
“肉”好きさんはぜひチェックを!(サービスクーポン有!)

>> Amazon.co.jpで「肉の都 東京 ~今すぐ食べたい美味しい店169~ 」をチェック!


★「維力炸醤麺」は台湾版「やきそば弁当」説

2016-08-27-09-03-28
これまで「リアル“台湾ラーメン”」と、「台湾のベビースターラーメン」と、台湾土産のインスタントラーメン(袋麺)を紹介しました。

今回は「台湾版“焼きそば弁当”」とでも言うべき「維力炸醤麺」の紹介です。

2016-08-27-09-03-42
袋麺のため、またもや普通に鍋で450cc の水を沸かしていた猪原さん。沸騰したタイミングで「作り方」を見ると……あれ? これ、どんぶりに麺を置いて熱湯かけて3分待つ、チキンラーメン方式の作り方が書いてある。

しかもフタを閉じたどんぶりから、新たなどんぶりに戻し湯を差し中華スープを作る工程と、湯を切った麺にタレをかけて、ふたつのどんぶりで食べろといった文脈が。

これ、麺の戻し湯を使って中華スープを作る北海道のソウルフード「やきそば弁当」スタイルじゃないか?

そういや炸醤麺(ジャージャー麺)は汁なし麺の中華料理じゃん。むしろカップ焼きそば的な食べ物だ。


★「維力炸醤麺」作ってみた

2016-08-27-09-07-30
袋の中身は、乾麺とタレとスープの素。

2016-08-27-09-08-31
「作り方」によれば、フタ付きどんぶりでチキンラーメン風に作れとのことでしたが、フタ付きどんぶりを持っていないので、鍋の火を止め、沸かしたお湯の中に投入することにしました。

火は消したまま、麺は茹でずに、フタをして3分待つ。

2016-08-27-09-11-12
事前に茶碗に「スープの素」を用意しておき、3分後戻し湯をそこにこぼす。

2016-08-27-09-12-11
戻し湯を切った麺を皿にあけ、タレを乗っけます。

2016-08-27-09-14-25
具が寂しいので、白ネギと青ネギを添えて、完成!
ジャージャー麺と中華スープ。完全に台湾版「やきそば弁当」です。


★「維力炸醤麺」食べてみた

image
よく混ぜて食べてみました。

甜麺醤の甘さが、インスタントのわりには本場のジャージャー麺を再現している感じ。もっと気を使った具を用意すればもっとおいしくいただけたかなと。

スープは「作り方」に、どんぶりサイズのスープが描かれていますが、大きめの茶碗に300ccくらいのお湯で作ったところ、かなり味が薄かったです。150cc くらいがベストだったのでは? と、これも反省。


★台湾のインスタント麺はお土産に最適

2016-08-22-18-28-19
さて、これまで台湾土産の袋麺「排骨鶏湯麺」「統一脆麺」「維力炸醤麺」の3つを、3つの記事で紹介して来ました。どれも台湾ではメジャーで、リーズナブルなもの。

輸入食料品店でもインスタントラーメンといえば、どちらかというと東南アジアや韓国に偏ってますので、台湾のお土産としてインスタントラーメン(袋麺)というチョイス、悪くないと思います。
インスタントですから、賞味期限も長く、「早く渡さなきゃ!」と焦ることもないのが、マルだと思います。




維力炸醤麺(ジャージャー麺)
維力炸醤麺(ジャージャー麺)