NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

「Withings Activite Pop」「Smart Body Analyser」 を20日使用してみた!

2016-04-27-09-52-10
年中無休でダイエット&リバウンド系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

健康管理ガジェット「Withings」の活動量計と体組成計、「Withings Activite Pop」と「Smart Body Analyser」をセットで使用し約20日経ったので、レポートしたいと思います。

買おうと思ったそもそもの経緯からつらつら述べていきますので、「で、どうなのよ? 良いの? 悪いの?」というのを知りたい方は、すぐ一番下までスクロールダウンしてもらえれば。


「Withings Activite Pop」
「Smart Body Analyser」
を20日使用してみた!


★当ブログ管理人原作の著書!

オーバーペイントRe:PAINT
賽の目記ブックス (2016-01-08)
売り上げランキング: 1,615
Kindleで印税100万円稼げるのか!?という挑戦をしています。
ストリート・アート“グラフィティ”をテーマに描き下ろし!猪原賽×横島一のKindleコミック『オーバーペイントRe:PAINT』ぜひお買い求め下さい!
描き下ろし31ページ+未単行本化読切60ページで【250円】!

>> Amazon.co.jpで「オーバーペイントRe:PAINT」をチェック!


★ダイエット続行中!

IMG_1764
【ダイエット】「ナイシトールZ」を約1ヶ月飲み続けてみた

……と、2月から3月にかけて、クスリに頼るダイエットを敢行していた猪原さん。2月7日に74.5kg だった体重が、3月4日には73kg に減っていました。
その後ナイシトールの服用はやめましたが、週に2回、1回5km 程度のランニングは続けており、なんと、4月4日には71.8kg までの減量が成功。ナイシトール関係ないじゃん、という声は一旦無視しておいて、軽い運動を始めると、活動量計への興味が湧きました。一体自分は一日、どれくらいの運動をしているのか。

活動量計は各社さまざま発売しており、どれを買えばいいのかわからなかった自分に、活動量計を日々、右の手首と左の手首両方に嵌める友人が紹介してくれたもの。それが「Withings Activite Pop」でした。


★Withings Activite Popとは

2016-04-04-07-09-09
まあ、そんなわけでサクッと買ってしまいました。活動量計と言えば“簡素なデジタル表示の時計付きリストバンド”然としたものが多い中、完全に“アナログ腕時計”の顔をしているのが、キュンと来た部分。

2016-04-04-07-23-22
私の腕毛の濃さは置いておいて、シンプルな盤面のアナログ腕時計にしか見えませんよね。これ、活動量計なんですよ。
竜頭が無いので、右手にはめても問題なし。時刻調整はBluetooth 接続したスマホから、自動で検知・調整されます。

盤面には、時間を表示する短針・長針と、一日1万歩を100%とした場合の活動量メーターしかありません。

2016-04-27-10-05-30
ですがこれは、身につけているだけで歩数を計測し、“深・浅”の睡眠時の眠りのレベルまで計ってくれます。
活動量計としての機能はさすがにスマートウォッチには敵いませんが、
単純な「歩数計」だけでなく運動の種類を自動で検出し、ランニングや水泳など「運動計(アクティブトラッカー)」としても働きます。
水泳にも対応するということで、当然「防水機能」もあります。
必要最小限に機能を絞ることで、必要な電源もぐっと抑え、なんとボタン型電池で最長8ヶ月動くという充電不要タイプ。つまりこの一台で、

・アナログ腕時計
・歩数計
・運動トラッカー
・睡眠トラッカー


として機能し、

・充電不要(最長8ヶ月)
・時刻調整不要
・防水


と、常に身につけるガジェットとしての仕様も完璧。発売からしばらく経っているので、実勢価格16,000円程度と、そう値段が高くないのも決め手のひとつでした。


★Withings Activite Pop のセッティング

2016-04-04-07-12-03
箱の中身は至ってシンプル。本体とマニュアル、そして本体リセットと裏蓋オープン用の金具。

もちろん、アナログ盤面ではトラッキングした歩数などの詳細を表示出来ませんので、スマートフォンとの接続が必須です。

2016-04-04-07-13-29
スマートフォンで「Withings」設定のサイトを開くと、アプリのインストールを促されます。

2016-04-04-07-13-38
必要なアプリは「Health Mate by Withings」。サクッとこいつをスマホにインストール。

2016-04-04-07-15-16
「Activite Pop」をチョイスし、後は画面の指示通りにセッティングすれば、同期が始まります。説明不要のカンタンさです。

あとは日々「Withings Activete Pop」を身につけ、歩き、運動し、眠るだけ。防水なのでシャワー時にも外す必要なし。充電不要なので睡眠時も外す必要なし。
特に「睡眠トラッカー」としては、日々でも週単位でも充電が必要なものとなると、「寝る時外してたら睡眠が計測できないじゃん!」みたいな事がないのが地味に安心です。

でも、この「Acitivite Pop」を管理するアプリ「Health Mate by Withings」には、体重や体脂肪を入力し、日々の体重変化をグラフ化する機能もあるんですよね……。もちろん、自前の体重計で量って、手入力すればいいんですが……


★連携する体組成計「Smart Body Analyser」

2016-04-08-10-04-12
数日後、カッとなって手に入れていた「Withings Smart Body Analyser」。こちらは、

・体重
・体脂肪
・心拍数


を計測し、Wi-Fi接続で「Health Mate by Withings」アプリと連携、データを自動転送する体組成計。あまりにシンプルなデザインなのは、スタートボタンもなく、単に乗るだけで自動起動するからです。

同じデバイスで、最大8人まで使うことができ、乗った時の体重(初期値)によってアカウントも自動振り分けするという高機能。
(ちなみに似たような体重のアカウントの場合は、画面に「どっちのアカウント?」と選ぶ画面が表示され、乗っている足の重心を左右に傾けることで選択できるらしい。)

加えて、室内の二酸化炭素濃度を計って快適な環境か判断したり、天気予報表示機能があるんですが、そこは「要る?w」と、ちょっと謎。

2016-04-27-10-04-12
そんなわけで、「Withings Activite Pop」と「Smart Body Analyser」で計測されたもろもろのデータは、BluetoothやWi-Fiによって自動でスマホの「Health Mate by Withings」アプリに取り込まれ、日々のダイエットの進行がレコーディングされ、私のダイエットが捗るというわけです。めでたしめでたし。

さて、長々と、これまで「Withings」シリーズを導入したキッカケと経緯を述べて参りました。次はそんな私が約20日使ってみて思った双方のアイテムの良かった点・悪かった点をリストアップしてみます。


★Withings Activite Pop の良い点

2016-04-04-07-23-22
・アナログ時計にしか見えないさり気なさ
・充電不要
・時刻調整不要
・身につけているだけで運動と睡眠を検知する楽チンさ
・防水


とにかく、身に付けるだけで活動量計としての用はほとんど足ります。腕時計にしか見えないので、特にアナログ腕時計派の人には、デザインさえ気に入れば導入は容易でしょう。
充電不要という部分もあり、むしろ「腕時計付けていたら活動量計としての機能も付いてきた」みたいな感覚で、普段使いに充分。


★Withings Activite Pop の悪い点

image
・アラームを止める方法がない
・せめてメール着信通知機能欲しかった


実は「Activite Pop」にはアラーム機能があります。
「7時」に起きるためにアラームをセットしておくと、睡眠トラッカーの機能と連動し、眠りの浅いタイミングでアラームが機能します。
鳴るのではなく、バイブレーションするのです。腕に着用しておくと、軽く手を揺すられて起こされるようなものなのですが、本体に竜頭やボタン、タップ機能がないために、この振動を止めることは出来ません。

また、バイブレーション機構が付いているのに、振動するのはこのアラームのためのみ。だったら連携するスマホのメール着信くらい、知らせる機能あってもいいのにと思いました。

もう1つ挙げるとすれば、
2016-04-27-09-57-45
「Health Mate by Withings」アプリからデバイス項目を見ると、Smart Body Analyserは電池のバッテリー量を表示してくれるんですが、Activitie Pop にはそれがないこと。充電が必要ない分、いつ切れるのか逆に不安になりそう。

しかし、不満点は「挙げるとしたら」レベルです。日々の着用に、運動量の確認に、これほどしっくりする買い物が出来て99%満足しています。


★Smart Body Analyser の良い点

2016-04-08-10-04-12
・シンプルでスタイリッシュなデザイン
・乗るだけで起動
・連携アプリ「
Health Mate by Withings」との親和性が良い

スマートなデザインで部屋に置いておいて気にならないシンプルさと、Activite Pop を使う以上手放せない「Health Mate by Withings」アプリとリンクが容易。

デザインは気に入っていますし、Activite Popを使う以上手放せない「Health Mate by Withings」アプリとの連携は便利ですが、その分セットで買わせる気マンマンで、ちょっとこれは買わされた感ありますね。実はこちらは、不満点がけっこう大きなものです。それは事項へ。


★Smart Body Analyser の悪い点

・体重表示が200gきざみなこと
・体脂肪計測法を「ジャパニーズ」に設定必要なこと


シンプルすぎるデザインのせいで、液晶画面は非常に小さく、情報量も少ないです。そしてそこに表示される体重は「71.8」と、200g 単位。

これは、近い価格帯の日本のメーカーの体組成計ではありえない大雑把さ。ダイエットし日々体重を計測するなら100g どころか小数点2桁まで欲しいくらいです。でも欧米のメーカーだから仕方ないのか。

そしてそんな欧米のメーカーゆえの難点がもうひとつ。

image
使用していて数日後、アプリの設定画面に「ジャパニーズ」モードの項目発見。これは計測した体脂肪をより正しく算出するための機能で、他に常人より筋肉量の多い「アスリート」モードのオンオフがあります。これが初期設定はオフになっていた

あわてて「ジャパニーズ」をオンにする猪原さん。おかげで……

2016-04-27-11-48-34
Smart Body Analyser 導入直後、体脂肪量「20%」前後で推移し、おや、意外と俺デブじゃないじゃん! と喜んでいたが、ジャパニーズモードをオンにした途端に「24%」だよ。やっぱりデブだったよ。グラフの振れ幅大き過ぎて、見づらい変なグラフになっちゃってるよ。


★管理アプリ「Health Mate by Withings」について

こうなると、ガジェット2つだけでなく、それらを総合して管理するアプリ「Health Mate by Withings」についてももうちょっと話さなくてはなりません。

2016-04-27-12-57-52
「Health Mate by Withings」は、活動量計「Activite Pop」と、体組成計「Smart Body Analyser」のほか、他社のアプリである「My Fitness Pal」とも連携し、毎日の食事量・栄養量の管理も出来ます。……が、この「My Fitness Pal」アプリに大いに不満。

2016-04-27-13-02-19
日本語の検索システムがクソ過ぎて、「ステーキ」ひとつを検索しても、検索結果に出て来ません。海外製のアプリで、日本語対応しているものの、「ス」「テ」「ー」「キ」を分解して検索しているようなのです。
アプリのレビューを見ても、

「ビッグマックを検索してみて、サーチの10ページ目までに表示されず、蕎麦が上位検索にでた時点でこのアプリは使いこなせないと感じました。」

とあり、まさに私もこの感覚。

食事管理に関しては提携アプリが「My Fitness Pal」一択という状況。これは使いたくない。しかし運動量と食事量をプラスマイナスしながら、一日のカロリー摂取量を見て行かねば、健康管理アプリとしての「Health Mate by Withings」の意味がない。

せめて、他の食事管理アプリとの連携を進めるか、(他社のアプリですが)「My Fitness Pal」の飛躍的改良アップデートを期待するしかありません。

さて、長くなってしまいました。ここからが最後の結論です。


★結論!

腕時計型活動量計「Withing Activite Pop」、体組成計「Smart Body Analyser」、そしてその管理アプリである「Health Mate by Withings」に関して、全て猪原は使用続行

「Withing Activite Pop」は活動量計として99%満足。人にも勧められる

「Smart Body Analyser」も買うと、Withings Activite Pop と共にアクティブトラッキングとその成果を計り、記録するのが捗る。

ただしダイエット目的には少々難がある。その理由は2つ。
・基本200g単位の体重数値が大雑把
・ガジェットを管理する「
Health Mate by Withings」のパートナーアプリ「My Fitness Pal」がクソ

ちなみに、この20日間で体重はほぼ変わらず。ただし最大値・72.6kg 〜最低値・71.0kg と振れ幅あり。

**********

以上です。
ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。長々とすみませんでした。




TANITAタニタ【体組成計】Bluetooth通信でiPhoneと連携 インナースキャンデュアル RD-901BK ブラック[RD901] 【メール便不可】
TANITAタニタ【体組成計】Bluetooth通信でiPhoneと連携 インナースキャンデュアル RD-901BK ブラック