NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

昔なつかし醤油ラーメンが週イチ限定たったの200円!阿佐ヶ谷の昭和DEEP中華料理屋「開々亭」

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

2016-04-01-13-56-06
ラーメン大好き系漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。

この至って普通の醤油ラーメンが、たったの200円なんですよ! 激安過ぎてびっくり、見た目のボリュームにびっくり、食べたら普通にうまくてびっくり!

阿佐ヶ谷開々亭の曜日限定!
“200円”ラーメン


★当ブログ管理人原作の著書!

オーバーペイントRe:PAINT
賽の目記ブックス (2016-01-08)
売り上げランキング: 1,615
Kindleで印税100万円稼げるのか!?という挑戦をしています。
ストリート・アート“グラフィティ”をテーマに描き下ろし!猪原賽×横島一のKindleコミック『オーバーペイントRe:PAINT』ぜひお買い求め下さい!
描き下ろし31ページ+未単行本化読切60ページで【250円】!

>> Amazon.co.jpで「オーバーペイントRe:PAINT」をチェック!


★散歩中 昔ながらの中華料理屋を発見

2016-04-01-13-48-30
路地裏散歩が大好きな猪原さん。今日もひとり「モヤモヤさまぁ~ず2」気分で高円寺から阿佐ヶ谷へ抜ける住宅街を歩いていると、昔ながらの中華料理屋さんに出くわしました。

ちょうど小腹も空いてきた、お昼の2時前。

image
「本日200円ラーメン」

なんて文字を見たら、ついつい潜入してしまいますよね。


★200円ラーメンはもともと500円

2016-04-01-13-51-02
中に入ると、外見から想像するとおりの、昔ながらの中華料理屋の雰囲気。メニューも定番の料理が並んでいます。

そして本日200円のラーメンは、もともと定価は500円のようです。これで充分安いじゃないか……。

2016-04-01-13-50-55
定食や割引セットも豊富で、ぼかあこういう店だいすきだな! 近所に欲しい。

まあ「200円ラーメン」に惹かれて入ったけど、さすがに200円のラーメン一杯で帰るのは申し訳ないな……。どうしよう。


★200円と侮るなかれ!500円でも安いボリューム

2016-04-01-13-55-51
ラーメン単品と、チャーハンをいただきました。
半チャーハンじゃないですよ。

2016-04-01-13-57-03
これ、並盛りのチャーハンです。価格は600円。

2016-04-01-13-55-51
並盛りのチャーハンが半チャーハンに見えるほど、ラーメンでけえ!

2016-04-01-13-56-06
本日のみ200円のラーメンは、500円という定価でも「安い!」と叫ぶほど、しっかりした昔ながらの中華そばの風体。具はネギ、メンマ、半玉子、いんげん、なると、そしてチャーシューが2枚。
200円セールとはいえ、手抜きはしていません。

2016-04-01-13-57-22
こうなると、チャーハンは半チャーで良かったな……と後悔するほど、胃が膨れました。

味は普通です。よい意味で普通。これが200円+600円で800円。得したぜ〜!


★「200円ラーメン」は週1回!

2016-04-01-13-48-30
阿佐ヶ谷の路地裏中華料理屋「開々亭」の200円ラーメンは、この日限りのイベントではなく、週に1回、金曜日に実施されているようです。

別に金曜に合わさずとも、オトクなセットや定食が豊富ですが、ロケーション的に客層はほぼ阿佐ヶ谷の地元民のみと言っていいでしょう。「やったー! 200円でラーメン食えるぞー!」と、ホントにラーメン1杯で済ませて帰るようなミーハーな客は、ちょっと場違いかもしれません。ご注意。


開々亭
東京都杉並区阿佐谷南2丁目12−1
11:00〜14:00/18:00〜23:00(日曜定休)


昔ながらの中華そば 5食パック×6個
東洋水産
売り上げランキング: 5,182

昔ながらの鉄フライパン 20cmと26cmセット 日本製 【532P19Apr16】
昔ながらの鉄フライパン 20cmと26cmセット 日本製 【532P19Apr16】