NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

R2-D2 ANA JET ビジネスクラスに乗って来た!【前編】−『スター・ウォーズ』ノ・ミカタ。 スピンオフ

Image-1
毎度NewsACTに映画関係のコラムを寄稿いただいている「まじさんの映画自由研究帳」まじさん(@mazy_3)が、なんと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』コラボキャンペーンに当選!「R2-D2 ANA JET」中国・北京便にタダ乗りしてきたらしい!うらやましい!

というわけで、さっそくまじさんにペンを渡します。どうぞー


【前回】『スター・ウォーズ』ノ・ミカタ。エピソード10:ジャパン・プレミア特別映像上映会レポート

『スター・ウォーズ』ノ・ミカタ。スピンオフ企画
R2D2 ANA JET ビジネスクラスに乗って来た!前編

★R2-D2 ANA JET ビジネスクラス搭乗モニターキャンペーンに当選!

image
昨年から全日空が、ANA STAR WARS PROJECTという『スター・ウォーズ』とコラボした企画を始めた。

第一弾として僕らのR2-D2をデザインした、旅客機「R2-D2 ANA JET」を発表。昨年10月にも遊覧飛行イベントが行われ、多くの人たちが参加した。現在は国際線で活躍し、世界中を飛び回っている。

そんな「R2−D2 ANA JET」に乗ろうキャンペーンが1月26日から始まり、何の気なしに応募してみたら、なんと当選してしまったのだ!

しかも通知が来たのが出発の12日前!

行き先は北京!

どうやらキャンセルがあっての繰上げ当選らしい。
そんな訳で、ちょっと北京行ってくる!って事で、急遽「R2−D2 ANA JET」に乗って来たので体験をレポートしてみる。


★R2-D2 ANA JET に“乗れる”だけ!?

当選通知のメールが来たのは2月18日19:00頃だった。

…お客様が下記の日程にて「R2-D2™ANA JETビジネスクラス体験モニター」ご当選となりましたので、ご連絡申し上げます。

行き先:北京

3/1 09:25 羽田発→北京着
3/3 15:10 北京発→羽田着


……という主旨のものだった。

オイラはまず、パスポートの確認した。よし、有効期限まであと2年あるぞ。行ける!仕事も「3/1〜3/3休むからよろしく!」と、無理くり有給取ったので問題なし!

ただ、詳細なツアーの行程が書かれてないので、これでは道連れにする同行者を誘いようがない。まずはツアーの行程を問い合わせてみた。すると……

「本キャンペーンにつきましては、羽田空港までの交通費、渡航先(滞在先)での費用(交通費・宿泊費)等は、モニター参加者ご自身でのご負担ならびにお手配となります。その為事務局でご用意いたしますのは、往復の航空券のみとなります。」

詳細はなかった! 航空券の往路復路の期日も指定なので二泊三日の行程、その間はすべてゼロ! 勝手に過ごせ!
ホテルから何から自腹で手配だ!!

海外のホテルなんか自力でとった事ないので、ANAオススメツアーとかないのか聞いてみた。

「ない」

現地完全自由行動!!

どうやらこのキャンペーンのは、無料で航空券を手配してくれて、その片道にビジネスクラスを体験し、その感想を#ANAPLANET_MONITOR のハッシュタグを付けて、SNSにライブ投稿して欲しいという趣旨のものらしい。ヨーロッパやアメリカの便はキャンセルがなく、北京行きだけがキャンセルがあったのだろう。とにかく北京行き(の往復航空券だけ)が当たったのだ。

よかろう。誰よりも楽しんで、誰よりも多くのライブ投稿をしてやろうじゃないか!
オイラは、大慌てで同行してくれる友達を探し、ホテルを予約して、現地で使えるポケットWi-Fiを手配し、最低限の両替を済ませ、荷物をまとめて一週間後の3月1日の朝7:00、オイラは羽田空港に降り立った。

今年は閏年で1日多くて助かったぜ。


★R2-D2 ANA JET 搭乗まで2時間!

Image-2
さて、事前に送られて来たキャンペーンのストラップを首から下げていよいよモニター開始!

チケットはメールで来ており、出発の24時間前からネットでオンライン・チェックインができるのが便利だ。
パスポート番号など記入し座席指定を済ませておいた。空港のカウンターでは、チェックインが済んでいるので、スムーズに搭乗チケットが発行された、手荷物を預けた。

金属探知機を通りサクッと出国審査を受け、いざ出発ロビーへ。ここまで空港到着から30分もかからなかった。さっそくオイラは免税店を物色し、ホテルで晩酌キメる酒を手に入れた。

よし出発まで、あと2時間近くあるぞ! オイラが9:25発の飛行機に乗るのに、早朝から来たのには理由がある。

今回のビジネスクラス体験キャンペーンでは、飛行機の座席だけがビジネスクラスに座れるという訳ではない。チケットの発行からビジネスクラスのカウンターなど、すべてにおいてビジネスクラスが体験できる。

つまり、空港ラウンジが利用できるのである!

羽田空港の国際線にはANAのラウンジが2つある。
それぞれ同乗口の最寄りのラウンジが利用できるのが便利だ。

ANAはラウンジでの撮影が禁止されてており、プライベートな空間を保っているので、ここの写真はない。因みにJALのラウンジでは撮影できると利用者から聞いた事がある。

ラウンジのロビーで受付を済ませ、廊下を歩くとディスプレイには、『スター・ウォーズ』のストームトルーパーやオビ・ワン=ケノービ、チューバッカなどのフィギュアが飾られていた。多分あれはホットトイズだ。

ムービー・マスターピース スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望 ストームトルーパー(2体セット) 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

なるほど、セレブリティな空間には、セレブリティなフィギュアという訳か。


★ANAビジネスクラス・ラウンジを無料モニタ!

廊下を抜けると、広大な空間が広がった。全面ガラス張りの窓からは滑走路が一望できる。
ピカピカに磨かれたまっ黒な御影石の床に、黒いガラステーブルが置かれ、白い革張りのソファーが並んでいた。

黒と白を基調にした落ち着いた空間を演出し、ピアノのリラクゼーション・ミュージックが流れていた。
ラウンジ内の飲食は、すべて無料であり、オイラはこの為に、朝メシどころか前日の晩メシも抜いて、2時間前の早朝からここ来たのだった。ぬかりはない!

ブュッフェは広いラウンジに二ヶ所あった。メニューは一口サイズのサンドウィッチ、唐揚げとフライドポテト、ソース焼きそば、おにぎり、味噌汁、スープがあり、注文すれば出てくる麺類のカウンターも備えてあった。
ドリンクは、コーヒー、紅茶、緑茶、ミルク、オレンジジュースやトマトジュース、野菜ジュースなどがあり、お酒はアサヒの生ビールや赤白のワイン、ジャックダニエル、白州、ブランデー、ドライジン、カンパリなどが、すべてセルフで飲めるようになっていた。

作ろうと思えば、カンパリオレンジなどの簡単なカクテルを作る事も可能である。

オイラは、サンドウィッチと唐揚げをつまみにビールと、白州の水割りを作って飲んだ。
ここで食べ過ぎてしまうと、機内食が食べられなくなるので注意が必要だ。

ラウンジのゆったりした時間を存分に楽しんだ。搭乗時間が近づいたので、ジャックダニエルを入れたコーヒーを飲み干し、ラウンジを出た。ガラス越しにR2-D2 ANA JETの勇姿を眺めつつ搭乗口へ向かった。


★いよいよR2-D2 ANA JET に搭乗!

Image-3
R2-D2 ANA JETは、2014年からデビューしたボーイング787型機のバリエーション、B787-9であり、最先端技術が投入された最新鋭旅客機の一つである。大きめの双発エンジンで反り上がった主翼が特徴。機体の50%にカーボン素材を採用し軽量化が図られ、中型機でありながら747型など大型機並みの航続距離を持つ。低燃費で巡行速度も速く、大型機よりも低コストの長距離直行便を実現させた機体である。

そんなR2D2 JETは、昨年行われた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ワールドプレミアで、出演者を始め、多くの関係者を、ハリウッドからロンドンへ運んだ実績がある。機体には、その時に書かれた、ハン・ソロを演じたハリソン・フォードと、ルークを演じたマーク・ハミル、レイアを演じたキャリー・フィッシャーの3人のサインが入っている。

Image-4
〈画面中央 〒マークの下に3人のサインが!〉

248億円の機体に、世界で唯一のR2-D2塗装が施され、さらにサインが入り、計り知れない付加価値が付いている事になる。

Image-5
さて、機内に入ると半個室のようなシートが現れた。

持ち込みの手荷物をしまい着席し、ベルトを締めた。因みに機内アナウンスのアラームが鳴るはよくある「ポーン♪」ではなく、R2-D2のBeep音を使用していた。芸が細かい。

目の前には18インチのタッチパネル・モニターがあり、その下は足を伸ばせるスペースがあり、さらにその上は下足入れになっているようだ。さっそく靴を脱ぎ、アメニティのスリッパに履き替えた。

Image-6
〈持ち帰りに便利な手さげと、小さな靴ベラも付いている〉


★R2-D2 ANA JET、離陸!

程なく機は搭乗口から離れ、滑走路へ向かった。その間、機内には『スター・ウォーズ』のテーマが流れ、ライトセイバーカラーの赤と青をモチーフにした、LEDライトによる照明演出が始まった。

Image-7
日中は外光が明るく微妙な演出だが、夜間のフライトでは、かなり綺麗な演出になるだろう。

機は離陸し、ベルトサインが消えたので、iPhoneを機内Wi-Fiに接続。このキャンペーンでは、ビジネスクラスであっても本来は有料のWi-Fiが、無料で使えるバウチャーコードがついて来る。ライブ投稿をして貰う為の計らいだ。
さっそくネットに接続し、投稿しまくるぞ! と思ったら、全くネットに接続しない! 機内Wi-Fiはしっかり接続できるのに、インターネットに接続しないのだ!
ログインのし直しなどをしていると、この表示が出た。

Image-8
え? そうなの?
せっかくWi-Fi使い放題のバウチャーコードを貰っても、中国へ向かう便に於いては全く役に立たないじゃないか。おいおい、当選者にライブ投稿して貰うキャンペーンなのに、北京への便に限って言えば、全くもって企画倒れだよANAさんんんん!!!

と、ライブ投稿しまくるつもりのやる気をくじかれ、いきなり心が折れたが、仕方のない事に文句を言って時間を割くのは馬鹿げているので、せっかくのビジネスクラスを満喫する事にした。


★ビジネスクラスすげええええ!

Image-9
窓の外には、機体に対してやや大きめのエンジンが見える。B787の為に開発されたロールスロイス社製のTRENT1000である。

大型のタービンファンで高出力でありながらCo2の削減に成功。更に従来機よりも騒音の低減化も実現している。ビジネスクラスではSONYのノイズキャンセリング・ヘッドホンを貸出してくれるが、その必要性を感じぬほどエンジン音が気になる事はなかったので、自前のイヤホンを利用した。

Image-10
18インチのモニターで観る映画は迷わず『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を再生!

これでオイラは通算7回目の鑑賞となる。何度も観ているから、見流しができるというのが選んだ理由だ。
初見の映画は集中して見たいし、映画に集中しちゃうと飛行機が楽しめなくなってしまう。ほどよく見慣れた作品でありながら、この便にふさわしい作品としてベストだった。
機内のオーディオシステムは圧縮率の高い音質で、極上とは言えないが、聞くに堪えない程ではなかった。

暫くするとCAさんがウェルカムドリンクの注文を取りに来た。
ソフトドリンクにビール、赤白のワイン、そしてシャンパンがあるという。

Image-11
まぁ、シャンパンと言いながらスパークリングワインが出てくるのはよくある事だと思いながら、シャンパンを注文したら、本当にシャンパンが来た!

「シャルル・コラン・ブリュット」聞き慣れないシャンパンだが、泡もキメ細かく、飲みやすかった。
ドンペリのようなどっしりとした飲みごたえはないが、気圧の低い機内では酔いが早いので、ライトなサッパリしたシャンパンが丁度良い感じなのだろう。こういうセレクトにも、ANAのおもてなしの心を感じた。このシャンパンは市販されていないもののようで、恐らくはANAが機内用に買い付けているものではないだろうか?

シャンパンを楽しみながら待っていると、機内食がやって来た。同行者が和食を選んだので、オイラは洋食を選択。

Image-12
香りの良いフェンネルのサラダ。
酒のつまみになるソフトドライビーフ。
口直しに丁度良いローストした金柑。
色も楽しい、ホタテと季節の野菜を閉じ込めたゼリー。
トロトロのポークのブレゼに濃厚なトマトのデミグラスソース。
付け合わせは程よい硬さのポテトと玉ねぎ。
ハードタイプのチャパタ。
デザートにはチョコレートケーキが付いて来た。

これはもう赤ワインでしょ♪って事で、赤ワインをオーダー。

Image-13
「シャトー・ド・レグリーズ 2013年」思わずラベルよりもCAさんの美しい指に目を奪われてしまう♡
このワインはボルドー産のメルローがベースのようで、まろやかな味わいとベリー系の優しい香り。
機内食とは思えぬ料理とワインのマリアージュを楽しんだ。

Image-14
ちなみに同行者が食べた和食はこんな感じ。

Image-15
季節感溢れる割烹料理のようである。

ラウンジでの軽食もあり、すっかりお腹も満たされたので、オイラはパンは食べずにこっそりポケットにしまい、ホテルでの晩酌用にキープした。

食後はペリエを頂いた。ちゃんとレモンスライスを入れて来る辺り、上等なレストランのようであった。


★CAさんもすごい

CAさんがR2-D2柄のかわいいエプロンをしていたので、写真を撮りたいと言ったら、「着てみますか?」と言われ、全力で遠慮したが、オイラもまんまと口車に乗せられて、2分後には、なぜか同行者と一緒にエプロンを着せられて、ヨーダのぬいぐるみを抱えた姿をCAさんに写真を撮られていた。

Image-16
〈CAさんにエプロンを着せられる同行者〉

気付けばCAさんの写真は撮っておらず、門外不出の恥ずかしい写真だけが残った…。(※オイラの写真は掲載不可!断固拒否する!
CAさんの接客スキルの高さが伺える。


★(まだまだ続きます)

さて、今回は機内の飲食についてまでとし、明日は機内の設備などについて紹介してみる。
最新鋭の旅客機は、どんな設備があるのか? また、R2-D2 ANA JETだけのアメニティは?
お楽しみに。

後編に続く】


<執筆・写真 まじさん/編集 猪原賽>

まじさんの映画自由研究帳(まじさんの本家ブログ)

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-11-13)
売り上げランキング: 251
スターウォーズ STARWARS R2-D2 USB Car Charger カーチャージャー【新品/並行輸入品】
スターウォーズ STARWARS R2-D2 USB Car Charger カーチャージャー【新品/並行輸入品】