NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

正真正銘“元祖”!「わっぱ飯」という料理名は商標登録されている!

FullSizeRender
池袋を散歩していたら、こんな看板を発見。郷土料理「わっぱ飯」を“登録商標”とは、ずいぶんおっきく出たな! 大丈夫かそんなことして……! と心配になったんですが、大丈夫でした。


[北海道お土産] 海鮮わっぱ飯 (日本 国内 北海道 土産)

「わっぱ飯(わっぱめし)」とは、ヒノキや杉の薄い板を筒状に丸めた容器(=わっぱ)に入れたコメと具材を蒸した郷土料理のこと。

主に新潟の郷土料理とされていますが、具材は海鮮(鮭・イクラ等)が王道で、そのため新鮮な海鮮が売りの北海道や福島でも郷土料理として「わっぱめし」が提供されています。

そもそも「わっぱ(曲げわっぱ)」という容器自体が一般名詞で、日本では昔から弁当容器や米びつとして使われていたもの。それに飯を入れれば、「わっぱ飯」。
わっぱを容器として使った駅弁「五目わっぱ飯」弁当もJRの駅弁売店で売られてもいますね。

FullSizeRender
そんな一般名詞と言っていい「わっぱ飯」を“登録商標”とは、大きく出たもんだな! と思うのは仕方ないと思います。ですが、この「田舎家」というお店、新潟に本店がある老舗割烹「田舎家」の支店。

そして「わっぱ飯」とは、「田舎家」の初代が北大路魯山人と共に開発した料理だそうで……。そりゃ元祖を名乗り、登録商標もするわ! というものだったのです。
なお、「わっぱ飯」の商標登録は1954年。もう半世紀以上も前なんですね。
(※日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」の2004年2月28日放送分の紹介文による。)

ま、でもその元祖の味を味わうのは、また別の機会に……。


田舎家池袋店
東京都豊島区南池袋1丁目9−21


【参考サイト】
新潟の味、ここにあり|ようきなった 食の街新潟を楽しむ情報が満載ー新潟グルメガイドー

にいがた田舎家|ぶらり途中下車の旅

曲げわっぱ 一段 漆塗り
tawatawa
売り上げランキング: 7,166
その他 【北海道名産】海鮮わっぱ飯 2種入り(ずわい蟹わっぱ飯、帆立わっぱ飯 各180gx2) 61200031
【北海道名産】海鮮わっぱ飯 2種入り(ずわい蟹わっぱ飯、帆立わっぱ飯 各180gx2) 61200031