NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

井の頭公園の池が干上がってる!「かいぼり27」〝池〟底探検ツアー実施中!

DSC_3359
漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。先日吉祥寺を訪れたところ、「井の頭公園」の井の頭池が完全に干上がっていました。

これは水質改善のための「かいぼり」をしている最中だからなのですが、普段滅多に見られない池の底。まさに「池底探検」をするイベントが、毎週末開催されているそうですよ。


地底ではなく〝池〟底探検!井の頭池かいぼり


★当ブログ管理人原作の著書!

オーバーペイントRe:PAINT
賽の目記ブックス (2016-01-08)
売り上げランキング: 1,615
Kindleで印税100万円稼げるのか!?という挑戦をしています。
ストリート・アート“グラフィティ”をテーマに描き下ろし!猪原賽×横島一のKindleコミック『オーバーペイントRe:PAINT』ぜひお買い求め下さい!
描き下ろし31ページ+未単行本化読切60ページで【250円】!

>> Amazon.co.jpで「オーバーペイントRe:PAINT」をチェック!


★井の頭池、かいぼり中!

DSC_3357
2014年2月の「井の頭池かいぼり」に引き続き、今年も井の頭池、かいぼりが実施されています。

一度では完全なクリーン作戦も終わることなく、2014年のかいぼりスタートから隣の弁天池と交互に実施されている井の頭池のかいぼり。

2014年のかいぼりは「かいぼり25」と題し、2回目となる今回は「かいぼり27」、そして井の頭恩賜公園開園100周年を迎える2019年には「かいぼり29」と、都合3回、5年計画なんだそうですよ。(数字は年号での年度を表す。)

DSC_3358

DSC_3360

DSC_3361

DSC_3362
この日は雨。若干の水が張っていますが、水はほんの少し流れるほど。遥か江戸時代は湧き水によってたたえられていた井の頭池は、現在は湧き水は干上がり、地下水を汲み上げていたのだそうです。

そのポンプを止め、今は“池”底を空気にさらし、天日干しをしている状態。こうなると、池の底を歩いてみたくなるもの……

もちろん、勝手に入ってはいけません。危険ですからね。きちんと“池”底探検できるイベントがありますので、そちらを検討してみては?


★「いのかしら池底ツアー」毎週末実施中!

DSC_3364
水ではなく露出した池底を見下ろす橋を渡っていると、小さなポスターを発見しました。

DSC_3363
いのかしら池底ツアー」を知らせるポスターです。

公式サイトのイベントお知らせページより引用します。

弁天池かいぼりの際にご好評いただいていた池底ツアーですが、お茶の水池でも開催いたします!普段は降り立つことのできない池底にあなたも降りられる!
弁天池で参加していただいた方も、お茶の水池ではまた違った風景が見られるかと思いますので、是非ご参加ください。
参加記念スタンプカードのポイントを一番多く貯めるのは誰だ?!

3月6日までの毎週、土・日・祝の午後1時から1時間ほどに開催。
事前予約不要で、1日先着15名まで。
参加費(保険)や服装のお知らせ、年齢によっては保護者同伴など詳しいルールは、公式サイトのお知らせを参照ください。

あとは残すところ、2月27日、28日、3月5日、6日の4日間ですね。(雨天中止)

親子で参加すると楽しいかもしれません。お近くのファミリーはぜひご検討を。


かいぼり|水と緑部会|井の頭恩賜公園100年実行委員会公式サイト
http://inokashirapark100.com/water_green/kaibori/index.html


(参考)【画像あり】完全に干上がってる!「かいぼり」水質改善計画中の井の頭恩賜公園・井の頭池見て来たから写真貼る(2014年)


井の頭ガーゴイル(1)
井の頭ガーゴイル(1)