NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

comicoの編集部に行って来た!マンガ原作者ゆえに気になる「comico」の今後

2015-10-29-17-14-49
少しでも日々の生活が“仕事”に繋がれば……と考えているマンガ原作者、猪原賽ですこんにちは。

先日知人の編集者が「comico編集部(NHN comico)」を見学しに行くと言うので、無理やり連れていってもらいました。写真はNHN comicoの入っているビル「虎ノ門ヒルズ」からの夜景の眺めです。


★当ブログ管理人原作のコミックス

放課後カタストロフィ(2) (ヒーローズコミックス)
猪原 賽 平尾 リョウ
小学館クリエイティブ (2015-10-05)
売り上げランキング: 8,919


★NHN comicoに行って来た

2015-10-29-15-41-01
虎ノ門ヒルズの上のほうに、「NHN comico」はあります。

数多くのIT企業が入っている虎ノ門ヒルズ。スーツ姿のサラリーマンが多い中、「comico」では私服姿の社員さんが多いのは、やはりゲーム会社が母体であるのと同時に、マンガを手掛ける“出版社”でもあるからでしょうね。

私は15年、作家として多くの出版社と関わって来ていますが、編集者のスーツ姿なんてパーティでしか見たことない。(営業さんやものすごい上層部のことは知りませんけどね。)

ただ、そうなると気になるのは「勤務時間」。夜型の多い作家さんを抱える編集部・編集者は自ずと夜型になり、昼を過ぎても出社していない担当さんもこれまで多くいましたね。

では、comicoはと言うと、そこはやはりIT企業の一角なのでしょうか。「基本は10時始業」なんだそうですよ。


★作家ゆえに、あまり聞くこともなかった

冒頭に述べたとおり、今回は知人の編集者の「見学」に付いて行っただけなので、編集者と作家担当(comicoでは編集者にあたる)の会談や雑談に、なぜか私、「作家」が一人混じっている状況。

向こうも「何でこの人いるのかしら」という状況だったのではないでしょうか。それにブロガーとしても正式な取材ではなかったため……
こうした「インタビュー」以上のお話は聞けませんでした。

じゃあなんでブログに書く?

2015-10-29-17-14-49
NHN comicoの中に入ってこの夜景を見て来たよ! というだけの自慢です。


★しかし作家ゆえに気になる「comico」の今後

ただの「自慢」で終わっても仕方がないので、「comico」に関する雑感を述べておきます。あくまで私・猪原賽の私見であり、今回の「見学」とは関係ありません。

「スマホで表示するのに適した縦長の構成のフルカラーマンガ」――これがcomicoのコンセプトであり、サービスのUIになってますよね。

スマホ世代の若年層にはウケているが、それが既存の作家にとっては難点で、
  • 2ページ構成じゃないの?
  • 白黒じゃないの?
  • 雑誌じゃないの?
  • (紙の)コミックス出るの?
と、ちょっと敬遠する風潮があるのは確かです。(マンガ原作者として活動する私の周囲の体感です。)

ですが、こんなお知らせもありました。

comicoが出版事業に進出 オリジナルレーベル「comico books」創設(ITmedia|8月7日報)

 comico連載作品の書籍化はこれまで、作品の内容などに合った出版社から刊行されることが多かったが、レーベルを設けることで、交渉などの交通整理を図り、書籍展開を加速させることが目的とみられる。

 第1弾として10月10日、『傷だらけの悪魔』(澄川ボルボックス)、『パステル家族』(セイ)、『和おん!』(りょく)の3作品を出版。価格は いずれも740円(税別)で、B6判オールカラー、この3作品は双葉社に販売委託する形で出版する。以降は、毎月12日に3~5作品を出版していく予定。


comicoに連載されているものの、様々な出版社からそれぞれのレーベル内で発売されていたコミックスが、「comico books」のレーベルで統一する。販売出版社はバラバラで、今まで書店で「同じレーベル」として固まったいなかったゆえに、それぞれの作品が「comico」発のコミックであることの認知度を下げていたきらいがあります。

そこを統一レーベルにすることで、今後も書店での置き方、置かれ方も変わってくると思われます。

もうひとつこちら。

櫻木れが『彼氏くんと彼女ちゃん』 comicoノベルから初の書籍化(ITmedia|9月5日報)
 NHN PlayArtは9月4日、同社のスマートコミック&ノベルサービス「comico(コミコ)」のcomicoノベルから『彼氏くんと彼女ちゃん』(櫻木れが)を書籍化すると発表した。文庫本の形式で、11月12日に双葉社へ委託する形で販売する。価格は583円(税別)。

LINEのような縦スクロール、バルーン(吹き出し)表示によるノベル形式が話題になったcomicoノベルも、通常の文庫本としてのレーベルが始動。

つまり、マンガにしろノベルにしろ、第一次発信こそスマホに適した縦スクロールであろうと、着地点としては「書店に置かれる」こと、それに適した形で提供されている。

そして第一次発信だけ見ても、「comico」スマホアプリDL数は1,000万DL以上。一概に比べることは出来ませんが、最盛期のジャンプの部数を超えています。

さらにcomicoのもう一手は……

大人の読者向け新サービス「comico+(仮)」年内スタートへ(ITmedia|9月1日報)
サービスの成長とともに多様化したユーザーのニーズに応えるため、リニューアルの実施およびcomico+(仮)の提供を決定した。  comico+(仮)は推奨年齢を18歳以上とし、より豊かな表現の作品を幅広いジャンルで展開していく。comicoの連載作品からも一部移籍するが、ノベルは掲載されない。
推奨年齢を「18歳以上」とする新サービス「comico+(仮)」を年内開始。これはレーティングとしての「18禁」ではなく、「青年誌」ジャンルの開拓という意味に取るほうが正解でしょう。

「無料」ゆえに通学電車内の暇つぶしとして、中高生(若年層)のユーザーが多いと聞くcomico。さらにマンガをずっと読んで来たオトナが読むに足る「青年誌」ジャンルの拡充。

これは「これまでのマンガと違う」と、「これまでのマンガ家」が、感情で敬遠するには、もったいない話なのでは……と私は思うのです。

えー、つまり、comicoでなんか仕事できねえかな俺。


comico
http://www.comico.jp/


デジタル漫画のテクニック―comicoスタイルを学ぼう―

エムディエヌコーポレーション (2015-11-11)
売り上げランキング: 7,562
ももくり(1) [ くろせ ]
ももくり(1) [ くろせ ]