NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

常温でそのままOKのラーメン缶詰!「盛岡冷麺缶」「盛岡冷麺缶<激辛>」

2015-10-13-11-58-46
こんにちは、マンガ原作者・猪原賽です。こうマンガと関係ないB級グルメなど紹介するブログを書き続けていると、友人が不思議なものをお土産としてくれるのでありがたいです。

さて今回は、東北土産のひとつとして「盛岡冷麺缶」をいただきました。おでんやカレーの缶詰はかなりメジャーになりましたが、「盛岡冷麺の缶詰」……? さっそく試食です!

★NewsACT管理人原作のコミックス★

放課後カタストロフィ(2) (ヒーローズコミックス)
猪原 賽 平尾 リョウ
小学館クリエイティブ (2015-10-05)
売り上げランキング: 8,919


★「缶詰」が青森土産のひとつ

2015-10-04-17-42-45
青森土産のピンとキリ!土産店の「まぐろの塩辛」と地元スーパーの“アレ”


先日アップしたこちらの記事で青森・大間に旅行した友人からのお土産「まぐろの塩辛」と「こわれせんべい」を紹介しましたが、もうひとつ、今回紹介する缶詰も貰っておりました。

2015-10-13-11-58-46
それがこちら、「盛岡冷麺缶」。まあ、青森ではなく岩手の土産ですが、通常の味と、激辛の二種類。

B級グルメ好きで、激辛好きなわたくし、猪原賽の趣味をわかっている友人のチョイス。ありがたやありがたや。


★「盛岡冷麺缶」を眺めてみよう

2015-10-13-11-59-39
「冷麺」ですが、その麺は“こんにゃく”。長く保存することを考えれば、本来の麺では当然缶詰には出来ませんよね。

2015-10-13-12-19-36
開けてみました。左が通常の「盛岡冷麺缶」、右がその「激辛」です。激辛のほうのスープには、なにやら浮いています。原材料から判断するに、ゴマや唐辛子……なのかな。

2015-10-14-09-29-16
器にあけてみました。構成される具は、ニンジン、豚肉、そしてうずらの玉子。冷麺としての最低限の具は保証されています。

image
なぜか、追加のトッピングのオススメは、「激辛」のほうにのみ表記されています。

キムチ、ネギ、スイカやナシなどの果物のトッピングをオススメされましたんで……

image
キムチとゆで玉子をトッピングしてみました。いや、正直うずらの玉子が入ってるとは思ってなかったんで、玉子が被っちゃったなー。まあいいか。


★「盛岡冷麺缶」を食べてみた

2015-10-14-09-29-44
左が「盛岡冷麺缶」、右がその「激辛」。

食べ比べてみたところ、基本のスープ味は変わりませんが、「激辛」は確かに辛口。注意するほどの激辛度ではありませんが、気をつけて下さい。意外に辛味が底に沈んでおり、よくかき混ぜねば、食べ進めるほどに辛さが増します。

麺は……まあ、普通に「こんにゃく」です。噛み切れないとの感想の多い冷麺ですが、そのムチッと伸びる感じを残しつつ、こんにゃくゆえのぶつ切れやすさ。

ただ、味はもう完全にこんにゃくw スープも長期保存を第一目的にしたクオリティ……というと失礼かもしれませんが、そこはかとなく「おでん缶」の出汁に似た雰囲気を感じる……。

2015-10-13-11-58-46
まあ、缶詰ですが、「冷麺」がゆえに常温保存し、おでん缶のように温める必要なくそのまま食べられる。保存食品のひとつのバリエーションとしては、アリかもしれません。


【岩手県_物産展】ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺スペシャルセット(6食)
【岩手県_物産展】ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺スペシャルセット(6食)