NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 18:00

借金も余裕で返済出来るほどの収穫量とおいしさ!埼玉・秩父在来大豆「借金なし」とは

2015-06-15-10-32-23
何の変哲もない「豆せんべい」ですが、今回はこの「豆」の紹介です。

栽培すると借金を返せるほどに儲かる――そんな意味が込められた、その名も「借金なし大豆」という品種の豆。しかし文字通り読んだ「借金“無し”」ではなく、とある地方の“方言”なんだとか。

おせんべいやさん本舗の「借金なし豆せん」

2015-06-15-10-31-23
「希少大豆」と銘打たれた「借金なし」を使ったせんべい。それがこの「借金なし豆せん」。

2015-06-15-10-31-32
私が愛してやまない地元・埼玉のおせんべいの銘店「おせんべいやさん本舗」の商品です。

(※私が大好きな「おせんべいやさん本舗の黒胡椒せん」については過去記事参照)

やみつきの味!「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒せん
きゃりーぱみゅぱみゅもTVで推薦!埼玉ブランド「おせんべいやさん本舗」の「細切りぬれせん」

2015-06-15-10-32-23
で、この「借金なし豆せん」で使用されている「借金なし大豆」とは……


「借金なし大豆」とは“幻の大豆”だった

埼玉県在来大豆(借金なし)『煎り大豆』衝撃の品種名、大豆の品種が「借金なし」という面白い名前甘みが強く、より大豆のおいしさを味わえる品種
埼玉県在来大豆(借金なし)『煎り大豆』衝撃の品種名、大豆の品種が「借金なし」という面白い名前甘みが強く、より大豆のおいしさを味わえる品種

楽天の通販でもこう「衝撃の品種名」「面白い名前」と紹介されているこの「借金なし」。

「埼玉県在来大豆」と書いてあるように、埼玉・特に秩父地方で限られた農家が生産していたもので、甘味とコクのあるおいしい大豆にも関わらず生産量が少なく、農家の自家消費のみで市場に出回らない“幻の大豆”だったそうなんです。


「借金無し」ではなく「借金為し」

そもそも「借金なし」という品種名の由来は、「借金を為せるほど収量が多く取れること」が由来。

「為す」とは秩父の方言で「返す」という意味で、そもそも「借金が無い」のではなく、あくまで「それまであった借金を返せる」という状況は、昔の秩父の小作農家の大変さをちょっと慮ってしまいますねw

また、そんな品種であっても実質生産量が少なかったのは、どうやら他の大豆品種に比べ「黒ずんで見える」事が消費者に敬遠された――という過去があるようです。

借金を返せるほど収穫出来る、一方で、売れない。おいしいのに。

そう考えるととても皮肉な名前ですが、2010年前後までひっそりと栽培されていた「借金なし大豆」は、現在「秩父在来大豆借金なし生産組合」が結成され、生産量も多くなり、「借金なし」を使用した「炒り豆」「味噌」「豆腐」「枝豆」などを開発。
  • 「借金なし」生産の復活
  • 土地改良による農地復活
  • 豆製造の復活
と「復活!」にかけた「借金なし」の生産プロジェクトも稼働し、今後“幻”ではなく、実際に「借金為し」な秩父の農業ブランドとして知名度アップを期待したいですね。

地元で生産され、お土産として販売されている関連商品はあるようですが、まだまだ通販で買える品は多くないようです。

るるぶ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (JTBのムック)

ジェイティビィパブリッシング (2014-03-19)
売り上げランキング: 12,714
埼玉県在来大豆(借金なし)『煎り大豆』衝撃の品種名、大豆の品種が「借金なし」という面白い名前甘みが強く、より大豆のおいしさを味わえる品種
埼玉県在来大豆(借金なし)『煎り大豆』衝撃の品種名、大豆の品種が「借金なし」という面白い名前甘みが強く、より大豆のおいしさを味わえる品種