NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

集英社ジャンプ改、秋田書店プレイコミック相次いで休刊の報!【6月4週前半のニュース】

2014-06-18-16-42-36

マンガ


今週前半は、なんとマンガ雑誌の休刊のニュースが2件も飛び込んできましたね。

私もマンガ原作者なので、こうしたニュースにはちょっと過敏になってしまいます。

特にプレイコミックは、私が今でも思い入れある作品『悪徒-ACT-』を連載していた週刊少年チャンピオンの出版社、秋田書店。

『優駿の門』の続編や『本気-マジ-』の続編が掲載されており、個人的にも楽しみな雑誌のひとつだったのですが……
マンガ雑誌に限らず「雑誌」というものが低迷している昨今。
特にマンガの未来はWEB媒体、そして無料化への流れは止められないのだと思っています。
それについては別件でブログ記事にしたりしています。


そして、私が作品を提供しているいわゆる「絶版漫画図書館」Jコミ絡みではこんなニュースも。

 ネットで、無料で読める、絶版マンガ。
 無料なのは広告が付いているからで、その広告収入は100%作者へ還元されるのが「Jコミ」のシステム。
 私はこのシステムをものすごく高く評価していて、でも作家の収入としてはまだまだ、それをメインにというわけにはいかないのがもったいないと考えています。
 このニュースは著作権消滅作品「イガグリくん」を掲載始めたというニュースでしたが、ちょっとマンガカテゴリを離れて別のニュースを紹介しますね。

 私はマンガ畑の人間で、ITやシステムといったものには何の意見も、提案も言えません。
 が、マンガ業界に限らず、雑誌が低迷する出版業界において、作者に正しく、そして作家として食って行けるくらいの収入をもたらす画期的なシステムは、作家側や出版社が作るのではなく、エンジニア側からの何か新しいアプローチが必要なんじゃないかと思っています。

 さて、では今週前半、私がチェックしたニュースの続きを。

【映画】

奇しくもこちら映画のニュースも、原作がマンガの映画のニュース。

俺も夏帆さん主演で作ってもらいたい映画があるんですよ!ドラマじゃなくってね!





【出版】

 新潮社もラノベに参戦とな!?

【ブログ】


【映像】

 「生き物」が「食べ物」になる過程は、人間は他者の命をいただいて生きている以上、知っておくべきかと。まさに「いただきます」なのだ。


【社会】

 超いい親の姿。かっこいい。


【ネタ】


【地域】

 本日も開店前の10時頃に品切れ列カットだったもよう。
 その代わりと言ってはなんだけど、今日はさすがに開店が30分早まって10時半に開店したらしい。
 べんてん、残すところあと2日……。
 どうしても並びたい人、食べたい人はがんばってくださいwww


営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
中村 信仁
ビーコミュニケーションズ
売り上げランキング: 706