NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

閉店まであと4日!高田馬場「べんてん」行列狂騒曲―ちょっと5時間並んでみた(6月24日)

2014-06-24-13-43-55
高田馬場「べんてん」閉店に衝撃走る!ラストつけ麺に駆け込むファンの行列がすごい

高田馬場のラーメン屋「べんてん」が閉店するというニュースは高田馬場民だけでなく、ラーメンファンの間でも瞬く間にトップニュースとして駆け巡り、閉店前の駆け込み来店者が、開店を待つ行列に並ぶために早朝から並ぶ姿などが報告されました。
高田馬場で仕事をするようになって半年。「べんてん」を未体験のまま終われない……!!

今日、6月24日。べんてんが閉店する4日前。実際並んで食べてみました

【8時50分】
2014-06-24-15-31-07
店前到着。既に長蛇の列に萎えながらも列の人数確認。65人だった。
そんな中、店主が常連客とおぼしき客と話す様子が見えた。
この列の状況に申し訳なさそうな顔をしている。

【8時55分】
この日は一人で並ぼうというわけではなかった。
友人の到着を待ち、二人で並び始める。この時点で私は70番目
ゴミ回収車が通りかかり、係がダンボールを拾いながら、並ぶ人に「なにこの列は?」と問う様子が見えた。

【9時15分】
2014-06-24-09-10-09
行列が(目算)80人となる。

【9時45分】
2014-06-24-15-06-59
行列が(目算)95人となる。
90人を過ぎた頃から、列の伸びはやんだ感じ。
橋まで伸びる列に恐れをなして諦めているのかもしれない。

【10時5分】
我々は気付かなったのだが、この時間に本日の品切れラインの宣告があったようだ。

【10時10分】
2014-06-24-10-24-15
我々がべんてんの行列に並んでいることを知った高田馬場の仕事場のスタッフが、差し入れを持って来てくれた。

2014-06-24-10-25-24
なお、その時我々は、iPadにて将棋に興じていた。

【10時50分】
2014-06-24-10-43-13
暗雲たれこめる空。

2014-06-24-10-50-41
雨がポツポツと降って来る。

【10時58分】
2014-06-24-15-07-32
べんてんの開店時間は、11時。
が、その前にはファーストロットの客が既に入店していた模様で、列が少し進む。
ファーストロットで入店出来るのは12名。
列を離れて前のほうを見に行っていた友人が、その12人を含めて今日の行列が95人と思われると報告。
(※写真手前の男性が本日のべんてんラスト客、95番目の勇士ということになる。)

【11時11分】
2014-06-24-11-11-47
雨がガチぶりとなる。その中、オセロをして過ごす我々。

【11時20分】
雨がやむ。

【11時28分】
列が進む。ファーストロット客が出て来たか?

【11時58分】
2014-06-24-13-39-50
なにげなくTwitterで「べんてん」を検索すると、10時5分、本日分売り切れが予測された、品切れ行列カットがなされていた事を知る。95人から行列が伸びないわけを知る。

店先には「本日は閉店致しました」の木札がかかっている。
これ以上並んでも提供出来る分はない。そういう意味で早々にこの木札がかかっていたとしたら……

今日のべんてんは開店より前の10時5分の段階で閉店。という意味のわからない事にw

【12時5分】
ランチタイムに出るサラリーマンが、行列を奇異な目で見る中、じりじりと進む行列。

【12時10分】
2014-06-24-12-17-09
都内に雷雲発生のニュースが届く。
さっきの雨はこれだったかと空を見るが、晴れている。暑い。

【13時40分】
2014-06-24-15-05-04
我々より断然前のほうに並んでいたカップル。
食後、店先で記念撮影をしていた。

我々ももうすぐだ。

【14時10分】

店内に入り、着席。
実に並び始めて5時間15分が経過していた。
飲食店に限らず、これ以上並んで待つ、なんてことをしたのはコミケくらいだろうか。

2014-06-24-14-13-14
オーダーしたのは、
つけ麺(並盛)と、
ビール。

「つけメンマチャーシュー」をオーダーする気マンマンだったが、メンマ・チャーシューは品切れとのことで、通常のつけ麺をチョイスしてみた。

2014-06-24-14-16-01
が、「ビール」には自動的にメンマとチャーシュー盛りのおつまみがセットで出てくる。
ビールを飲みながら、これを半分くらい食べて、残った半分をつけ汁に投入し「結果的につけメンマチャーシュー」とする算段をする。

【14時21分】
2014-06-24-14-22-06
つけ汁くる。

【14時23分】
2014-06-24-14-23-35
麺も登場。
朝8時55分に行列の最後尾に並んだ我々が、
「べんてん」のつけ麺にありつけたのは、
並び始めてから5時間28分後であった。


2014-06-24-14-24-10
つけ汁。
酸味と醤油の辛味に獣系の出汁の味。魚系の出汁の味は控えめか。
魚粉で旨味を暴力的にチャージするタイプとは違い、それら流行りのつけ麺に比べると淡口と言っていいほどだが、確かに旨味はたっぷりだ。
チャーシューとメンマのトッピングは不可能だったが、デフォルトでかなり具が多い。

2014-06-24-14-24-15
肉もメンマもゴロゴロ入っている。
これ、「つけメンマチャーシュー」なんてもの頼んだら、どんな事になっていただろう。恐ろしい。

2014-06-24-14-23-45
そして「並」の麺量が「並」とは思えないハンパないボリューム。
この麺、生麺の状態で360グラムあり、茹で上がりは500グラムとなるらしい。
5時間も並んでおなか空いたし、中盛とか行っちゃおうかな〜なんて考えていた自分を叱ってやりたい。
そしてそれでも(ドカ盛り的な)ネタに走らず、並盛をチョイスした自分を褒めてやりたい。

あとでこの時一緒した友人に聞けば、「中盛り」は茹で上がりで1kgあるという。

2014-06-24-14-24-47
中太ストレートの中華麺は、するするっとした食感でのどごしが気持ちいい。
麺や具のボリュームに負けず味わえるつけ汁は、醤油味が強いが確かに旨味もあり、これまたいい。

2014-06-24-14-25-39
ビールのツマミの残りを足し、卓上の辛子味噌を足すと、またパンチとボリュームが出、

2014-06-24-14-28-28
残る麺をすんなりとやっつける事が出来た。

……が、これが限界。
スープ割りを楽しむ胃の余裕は無かった。無念。

【14時35分】
2014-06-24-14-35-36
食い終わって店を出る。
自分の番はまだかまだかと並ぶ客が、未だ店の外に20人ほど列を作っていた。

そして店の中には、最後の機会とばかりに、
油そばとつけ麺!」(一人で!?)と頼む客や、女性ながらも「塩ラーメン中盛に味玉2つ」(食い切るの!?)と頼む客を始め、名残惜しさを麺と共に噛みしめる者でいっぱいだった。

2014-06-24-08-51-50
店頭の閉店案内には、
 「ヤメナイデ!!」
 「悲しいです。移転とかないですか?」
 「また食べたいです」

とファンの落書きがされていた。

ごちそうさま。確かに高田馬場ナンバーワンとの評判高いのが、味からもCPからもよくわかった。
もう二度と食べられない……とは言わない。
閉店までまだあと4日ある。

2014-06-24-13-43-55
閉店は今週末、6月28日。
もしどうしても最後の「べんてん」を体験したい方は、朝から並び、食べるまで5時間以上かかることを覚悟して欲しい。
Twitterに見えた情報によると、今日のトップバッターは朝5時に並び始めたという。
ファーストロットのトップバッターとはいえ、開店は11時。
結局6時間並んでいたことになり、その時間は我々とほぼ変わりがない。


べんてん
東京都豊島区高田3-10-21
11時〜15時(日・月定休)
※2014年6月28日閉店予定


つけ麺☆エクスタシー
トッピング☆ガールズ2.0
インディペンデントレーベル (2011-10-19)
売り上げランキング: 335,430