NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

日清の”アレ”ではなく、エースコック「トムヤムクン風ヌードル」食べてみた

2014-06-18-13-23-55
「お、あまりにおいし過ぎて供給が間に合わず、一旦販売休止になってたカップヌードル トムヤムクンヌードル、販売再開か!?(※)」と手にしたカップ麺。違った。

これエースコック「トムヤムクン風ヌードル」だ!w

買おう。
日清のトムヤムクンヌードル騒ぎに乗っかる……いや、きっとエスニックブームを見越したシンクロシニティを果たすエースコックの姿勢、俺、キライじゃないぜ!!w

カップヌードル トムヤムクンヌードル は販売再開しています。
2014-06-18-13-24-23
これはエースコックの投入した新商品「エスニックカフェ」シリーズ。
「トムヤムクン風ヌードル」と「グリーンカレーヌードル」の2種類。

2014-06-18-13-25-23
ここでは「トムヤムクン風ヌードル」の紹介をします。
これがフタを開けたところ。
しっかりエビが入っています。
トムヤムクンとは、トム(煮る)、ヤム(混ぜる)、クン(エビ)。エビが入ってないと始まりませんね。

他に別添の調味料はありません。フタをあけて、お湯を入れて3分待つだけ!

2014-06-18-13-30-06
出来上がりです。
えび、 チンゲン菜、ねぎ、赤ピーマン、香菜が具となっており、確かにトムヤムクン。
ほのかに魚醤の香りも漂い……これは本格派かも。

2014-06-18-13-30-44
食べてみました。

これは言及しなくちゃいけない気がするんで書いちゃいますけど、
日清カップヌードル トムヤムクンヌードルとどうしても比べてしまいますよね。

2014-04-16-23-20-03
新商品!カップヌードルエスニックシリーズ「トムヤムクンヌードル」「ミーゴレン」レビューより)

アチラのトムヤムクンヌードルは、トムヤムペーストを後から入れるタイプで、ココナッツミルクの香りと甘さがある事が特徴でした。

2014-06-18-13-31-40
一方、エースコックの「トムヤムクン風ヌードル」ですが、ココナッツミルクの甘さはなく、魚醤、レモングラスの香りが前面に出た「酸味と辛味」のトムヤムクンを目指した作りになっているようです。

ここではレビューを省きますが、「グリーンカレーヌードル」のほうこそココナッツミルクの味わいを使っているようで、
エスニックの味を2つのカップ麺で! という状況では確かに、
「トムヤムクン風ヌードル」は「酸味と辛味」を、
「グリーンカレーヌードル」は「ココナッツミルクの味わいと辛味」を、
雰囲気の違う味を並べて売ろうというのは正解かもしれません。

2014-06-18-13-23-55
エースコックの「エスニックカフェ」。トムヤムクン風ヌードルとグリーンカレーヌードル。
ぜひこれは、ここにアイツを加えて並べ、食べ比べてみると面白いかもしれません。
それぞれの違い、個性。どちらが好きかけっこう分かれると思いますよ!