NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

【祈W杯優勝】キャプテン翼の銅像にミサンガが巻かれていた@葛飾区立石四つ木エリア

2014-06-14-15-41-49
ブラジル・ワールドカップ。日本の大事な初戦は残念ながら勝ち点無しに終わりましたが、その初戦の前日、私はこんなところに来ていました。

葛飾区・立石。
葛飾区はマンガ「キャプテン翼」作者である高橋陽一先生の地元であることから、今年の春から「キャプテン翼」銅像が区内の各所に建てられています。
こちらはそのうちのひとつ、「大空翼」像。
ですが何やら青いリボンが巻かれていますね。

2014-06-14-15-33-44
京成線・京成立石駅を降りると、踏切前にこんな案内がありました。

2014-06-14-15-33-34
「立石・四つ木『キャプテン翼』銅像めぐりマップ」。
葛飾区の立石・四つ木のエリアに、全8体のキャプ翼銅像が建っている。

……なーんて事は、実は私は知らないでたまたま立石にいるのでした。
用事の時間は迫っているので、一番近い銅像だけにでも行ってみるか……とマップを見ると、おあつらえむきに『キャプテン翼』主人公・大空翼像が一番駅の最寄りのようです。
行ってみましょう。

2014-06-14-15-41-35
立石駅から徒歩3分程度の公園に、銅像は建っていました。
単に像があるだけではなく、ボールや高架線が描かれた背景をバックに、動きやストーリーを感じられる演出が施されていますね。

2014-06-14-15-41-41
大空翼のキャラクターデータ。高橋陽一先生のサイン入り。
建立は「2014年3月16日」。つい最近の話。
しかしそれにしても……

2014-06-14-15-42-24
なんとも走りづらそうな緊縛されてるんですけど……!
と、いうのは早計な感想。

2014-06-14-15-42-01
これはリボンではなく、青いミサンガ。
こんなニュースがありました。

W杯、さあ日本代表応援だ 大空翼もミサンガ 東京|産経ニュース
「立石駅通り商店会」と、「まいろーど四つ木商店街」が、日本代表を応援し、地域を盛り上げようとミサンガ用リボンを配布し、銅像の手首や足首に巻き付けられた。

 ミサンガは、手首や足首に3回巻いて願い事をし、自然に切れたときに願いがかなうとされる。

 まいろーど四つ木商店街振興組合の小出良文理事長は「サッカーのまちとして盛り上がる四つ木と立石から日本の勝利を祈りたい」と話した。

(以上、該当記事より引用)


2014-06-14-15-41-49
そう、こんなんなっちゃってる翼くん像。今回のブラジルワールドカップ、日本代表チームを応援するミサンガを縛り付けられた状態だったのですよ。

2014-06-16-09-52-48
立石・四つ木エリアでは、駅にこうした地図が置いてあります。

石崎了、日向小次郎、大空翼(1)、ロベルト本郷と大空翼、中沢早苗、岬太郎、若林源三、そして私も写真に収めた大空翼(2)。
四つ木駅からスタートすると、全8体巡って1時間弱ほどの「キャプ翼銅像めぐり」。

あなたも青いミサンガを持ってキャプテン翼銅像をめぐり、日本代表の次戦・ギリシャ戦の勝利を祈りませんか!?