NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

「オニ公園」の赤鬼の存在理由が判明!立川「やな瀬」の”うどパイ”と”オニどら”

2014-04-13-00-36-13
立川名物「うどパイ」。

立川市にある通称”オニ公園”がドラマにマンガにアニメに、数多くロケ地となっているお話は先日お伝えしましたが、そういえば立川が舞台になったアニメといえば、最近では『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』。
立川だけでなく東大和市・武蔵村山市まで含んだ「西ウド川市」という架空の舞台が登場し、たしかにその名前のとおり「ウド」がフィーチャーされていましたが、
ホントにウドが名産だったんだ……w

【聖地探訪】巨大な赤鬼滑り台が目印!立川・通称”オニ公園”行って来た

うどパイは「やな瀬」で買えます

2014-04-12-16-14-20
「うどパイ」を購入したのは、オニ公園からもほど近い「和菓子司 やな瀬」。
「うどパイ」という文字に釣られてふらふらと近づくと……

2014-04-12-16-14-37
立川名物 うどパイ」。
……ここだ! ここが西ウド川市だったんや!!w
※ちなみに作中の西ウド川市の名物は「うどまんじゅう」でしたが。

2014-04-13-00-34-57
買いました。

2014-04-13-00-36-13
開けました。

2014-04-13-00-37-02
出しました。
パイや……。これパイやで……。

ちょこっとのっかってるものは、ヴィニエイラ様のプチパイのさきっちょ……ではなく、くるみ。

2014-04-13-00-35-21
材料はパイのパイたる材料のほかに、白小豆、砂糖、白味噌。
どうやら白餡の和風パイのようです。
もちろんウドも入っています。

うどパイ、食べてみた

2014-04-13-00-37-39
わからんなこれじゃw

白餡に、白いウド。写真ではその存在感はわかりませんが、食べてみると確かにウドのしゃっくりとした歯ざわりが感じられます。
味噌の風味と餡の甘さ。
パイのサックリ、
餡のモッタリ、
ウドのシャックリ。
三者三様の味と食感が楽しいお菓子。
おいしい……。お茶欲しい……(^q^)

「うどパイ」、立川土産に最適です!

実は「オニどら焼き」も買っていた

2014-04-13-00-39-46
「オニどら」。
こちら「やな瀬」さんでは、近所にある立川の名所”オニ公園”にあやかって「オニどら焼き」も販売しています。
ほら、この焼け目……

2014-05-02-11-17-07
同じでしょ? オニ公園の赤鬼と。

オニどらで知る、オニ公園の秘密!?

前回は「オニ公園」に行きました、というレポートでしかありませんでしたが、オニ公園のヒミツは、このどら焼きに隠されていました。

2014-04-13-00-40-43
というかパッケージに説明が。
単に奇抜なデザインを置きたかったわけじゃないのですよ。
オニ公園の赤鬼滑り台とは……

昭和40年代、立川の表鬼門にあたる場所だった「錦第二公園」に、街の鬼門を守るものとして設置されたもの。

おい、マジかよ。

風水かよ。

2014-05-02-11-16-51
立川市はこの赤鬼に守護(まも)られてたんや……!!!

守護鬼の「オニどら」食べてみた

2014-04-13-00-40-03
オニどらを割るとふっくらとした生地に包まれた粒あんが入っています。
栗入りで、餡よりカタメのほっくりした食感がいい感じ。
「うどパイ」はかなりカーブでキメて来ましたが、オニどらは直球の和菓子。
うまい。

立川土産はうどパイとオニどらでキマリ!

2014-04-13-00-36-132014-04-13-00-39-46
うどパイは立川名産ウドを使用したおいしいお菓子。
オニどらは立川を護る鬼を模したおいしいお菓子。

双方確かに「立川」らしい、「立川」ゆえの、「立川」にふさわしいお土産。
IKEA立川もオープンしましたし、ぜひ立川市にお立ち寄りの際は立川土産として「和菓子司 やな瀬」へもどうぞ!

和菓子司 やな瀬
東京都立川市錦町1丁目3−12
9:00~19:00(日曜休み)
http://www.onkashi-yanase.com/