NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

関西から来た馬肉焼肉専門店!刺身から焼肉まで「けとばし屋チャンピオン」でウマウマ馬三昧!

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

2014-04-16-20-16-54
焼肉、行って来ました!
ただの焼肉じゃありません!

大阪から来た”馬焼肉”料理専門店!
東京初出店!
三軒茶屋「けとばし屋チャンピオン」!

お店の様子・馬肉の特徴

2014-04-16-19-24-34
三軒茶屋の駅から歩いて5分ほど。
馬焼専門店」の文字が高まる提灯。
お店はこのビルの地下一階です。

2014-04-16-19-40-37
焼肉の匂いが衣服に移らないよう、コート掛けはカバー付き。
そして鉄板も見えますね。

2014-04-16-19-25-44
ジンギスカン鍋ほどではないにせよ傾斜と溝の付いた鉄板。
中野の馬肉専門店は何度も行ってますが、馬の焼肉というのは初体験。
これは高まります。

2014-04-16-19-25-25
馬肉は、牛肉や他の肉に比べて、安全性とヘルシーさが特徴。
馬焼肉専門店ですが、こちら「けとばし屋チャンピオン」で提供される馬肉は、全て生で食べられる安全性。
そして栄養価が高く、ローカロリー。
食べてもウマい、身体にもウマい、それが馬肉。

メインである「馬焼肉」はあとにとっておいて、まずは一品料理から一杯行きますかね。

まずは馬刺し!レバ刺し!

2014-04-16-19-29-19
お通しは、馬すじの煮物と春雨。
ゼラチン質の馬すじは甘辛く、ネギの爽やかさや春雨のさっぱり感と合います。
これだけでもビール一杯余裕。

2014-04-16-19-38-31
馬肉刺し盛り合わせ。
生でも食べられるお肉だからこそ、まずはそのまま生でいただきたい!
普通「馬刺し」といって出て来るのは、お皿の左上の赤身と、ちょっと気の利いたお店ならその下にある「たてがみ」くらいでしょう。
ですがコチラの馬刺し盛り合わせは、見てのとおり種類が豊富。
どれもウマいよ〜!!

でも、生で食えると聞いたら、これ、外せないですよね!!

2014-04-16-19-51-11
レバ刺し!!!!
今、安全に食べられるレバ刺しは馬肉だけ!
レバ刺し好きは馬肉屋に集まれ!!

これが食べたかった! レバ刺しバンザイ!


馬肉でアレンジ!肉料理!

2014-04-16-19-54-01
「ローストホース」。
おわかりですよね、ローストビーフの馬肉版。
もちもちの生の赤身とローストされた表面の共演。
安物のローストビーフは噛み切れない……なんてこともありますが、馬肉ローストホースの柔らかさは絶品ですね。

2014-04-16-19-58-08
馬肉メンチ。
ジューシーな肉汁あふれるメンチカツ。当然肉は馬肉のみ。
馬肉独特の香りがあり、肉汁の甘さもウマい。
これもかなりビールと合う一品だ。


いよいよメイン!馬焼肉!

2014-04-16-20-16-54
刺し身、一品料理をひととおり楽しんで、主役は最後に登場するのです。
馬焼肉の盛り合わせ!

肉の上にそれぞれ部位の名前が付されており、黒字と赤字の違いは、

黒字:ウェルダン推奨
赤字:ミディアムレア推奨


ちなみにタマネギは食べ放題。お替わり自由です。

2014-04-16-20-23-59
黒字のウェルダン用のクラシタ。
当然「推奨」なだけで、「けとばし屋チャンピオン」のお肉は生でイケる肉。
試しにレアのままいただいてみましたが、ややスジばってる印象。
ですが確かに、推奨どおりここまでよく焼くと、サックリと噛み切れるようになります。

2014-04-16-19-53-21
ちなみに、焼肉用のタレはコチラ。
「けとばし屋」オリジナルの焼肉用のタレで、酢が主体となっております。

2014-04-16-20-25-35
赤字、レア用の特選とヒレ。
これはもう、ほぼ生でいただいてかまいません!

脂がじみじみとにじみ出ているのに、妙にさっぱり。
それはタレだけのせいでなく、きっと馬肉の特徴でしょう。

2014-04-16-20-45-09
これは馬ソーセージです。

例えばコンビーフ。馬肉入りのものは「ニューコンミート」と呼ばれ安物扱いですけど、きちんと作られた馬肉100%のソーセージは、ウマい。


ひととおり食べてみて

馬肉専門の焼肉。と聞いて高まったわたくし。
なにそれ、食べてみたい。
馬刺しは何度も食べたことあるし、馬肉専門店は中野にもあり、わりとお手軽に楽しめてる。
でもさすがに鉄板で、焼肉で、しかもその肉が馬肉専門
そんなお店は聞いたこともありませんでした。

行ってみれば、たしかにこの味は未体験のもの。

2014-04-16-20-59-22
盛り合わせで物足りず、「バラ」と、高級希少部位「イチボ」を、最後にオーダー。
そのウマさを再確認、確かめました。

2014-04-16-21-04-28
なんと言ってもその特徴は、「さっぱり感」です。
見たこともない馬の、各部位のお肉。
見ただけでも高まる上に、
脂でコテコテ……と見た目の特徴のある部位でも、妙にスッキリした肉で、いくらでも食べられそうな感じ。
それは馬肉そのもののヘルシーさに加え、酢ダレや、この脂を流す鉄板にもあるかもしれません。

この体験、一食の価値あり。

2014-04-16-21-47-55
最後にサービスのお味噌汁をいただいて、お会計して退店。

馬焼肉、ウマい。
また来よう。
考えてみれば実はこの日、実は私の「三軒茶屋初上陸」。
楽しそうな飲食店街もありましたし、またこの街に来なくちゃなりませんね!


けとばし屋チャンピオン 三軒茶屋店
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目36−5 ラック三軒茶屋 B1F
17:00〜24:00(金土は〜翌2:00/第一第三火曜定休)
03-5432-9593