NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

ゴハン片手にグルメ一斉捜査!高円寺高架下グルメイベント「Gメシ★88」行って来た!

画像2
2月22日、JR高円寺駅高架下の商店街で行われたグルメイベント、「〜さすらいのグルメ捜査隊 Gメシ★88〜 高円寺西商店会 高架下ブル〜ス編」に参加して来たのでレポートしますよー。

小さなバーや居酒屋がひしめく高円寺西商店会。その中の14店舗の提供するオススメメニューをちょこっとずつつまみ食いして味わってみようというこのイベント。
これはかなり高円寺西商店会のアピールになったんじゃないかと思います!

高円寺高架下グルメをMy箸My茶碗持参で堪能!「Gメシ★88」今週末一斉捜査! 画像1
高円寺駅の高架下には商店街があります。線路と同じ方向に伸びるこの商店街、夜から開く店が多いので、昼はこのように単なる通路となっています。
ですが、この日は違いました。

画像2
「Gメシ★88」に参加しようという皆さんで……

画像3
長蛇の列!

画像3
これがチケットです。1,500円のイベント参加費を払うだけで、この14店舗+αのグルメをつまみ食いできちゃう。
商店街の活性化の為に多くの店が合同で縁日的なイベントを開くのはよくありますが、「Gメシ★88」には個性的な仕掛けがありました。

画像4
それは、参加者にマイ箸・マイ茶碗持参を義務付けること。
スタート地点となる居酒屋「一期一会」で、このマイ茶碗にごはんをよそってもらい、茶碗片手に商店街をウロウロ、参加店舗の料理を楽しもうというわけです。

しかしそれにしても14店舗もあったら全部食べきれないよ〜!と思いますよね。
いえ、大丈夫です。

画像5
「各店舗のグルメをつまみ食い」がGメシ★88の主旨。
お店に出向くと、1品ずつほんの一口程度のおかずが、マイ茶碗によそった白飯の上に乗っけられるというシステム。
この茶碗には既に4店舗分乗っています。

居酒屋「一期一会」の唐揚げ、
居酒屋「牛八」の牛メガネ串、
居酒屋「かっぽう着屋こうちゃん」の宮崎鶏つくね、
居酒屋「餃子処たちばな」の餃子。

少ないよ!
とも思う方もいると思います。
いえ、むしろ少ないのはゴハンのほう。なんたって14店舗ありますから、この程度がいいんですよ。
色んなグルメが集まるグルメイベントでは、どうしても「あの店に行きたい!」その結果「他の店がおろそかになる」という事もしばしば。
しかしこの一口のつまみ食いサイズなら、14店舗全て回ることが可能だし、余裕なのですよ。
そして各店舗一口といえども、14店舗分揃うとけっこうな量になります。

どんどんおかずをつまみ食いして行きましょう。

画像7
鉄板焼き「沢」の蓮根の肉はさみ焼き、

画像11
パブ「カレン」のフィリピン料理アドボ、

画像12
居酒屋「バリトラ」の鶏そぼろ、

画像9
これは居酒屋「はまちょう2」のおかず、煮物・玉子焼き・肉料理から1品選べます。

画像8
私は玉子焼きをいただきました。

画像6
中には軽い一人前を、お皿で出してくれる店もありましたね。
これは居酒屋「馬力」のさっぱりモツ煮込み、

画像10
居酒屋「明神丸」の手作りキャベツ餃子、

画像16
バー「ゴジラや2」のマスター特製カレー。
カレーは「ゴジラや」に最初に来るべきでした。だってマイ箸持参のルールですよ?
スプーン持って来るわけないじゃないですかw

画像15
他にもカレーを出すお店があったんですが、ゴハンの上にかけられると、もうほかのオカズを楽しむ白飯でなく、完全にカレーライス状態。
これはバー「WILD HERB」の燻製カレー。

あ、梅干しのタネ、気づいちゃいました?

画像13
これは14店舗の参加店以外の、「+α」とされていた、梅干し店「紀州うめまさ」の白梅干し。

画像14
これはカフェバー「キッチンバー ノラや」の鹿カレーです。

画像1
最後に、ピンぼけてしまいましたが居酒屋「四文屋ホルモン」のマルチョウ。

ふう、これで全部紹介出来たかな?
一品一品は少ないですが、この量だから全ての店舗が回れる。
一口サイズだけど、寄せ集めてハイどーぞじゃなくて、参加者は茶碗片手に商店街をめぐり、お店でお店の方に渡してもらう。
そうすると、たったそれだけの事でもお店の中に入ってお店や店員さんの雰囲気を体験出来るわけで、実際グループでGメシ★88に参加していた人達が、
「いいねこの店」
「また来よう」
「今回の14店だけじゃなくて、他のお店も行ってみたいね」
と話しているのを何度か見かけましたし、私自身もそのように思いました。

これは商店街の活性化、認知度アップとしてはかなり成功した部類じゃないでしょうか。

ただ、成功の反対、今後またこのようなイベントをするならば課題としたい問題があったのも事実。

画像3
なにせこの参加者の数ですから、
(Twitterから見えた数字では「300人分用意したメニューがはけた」なんてのもありましたので、参加者は300人以上だったのかもしれません。)

まず「マイ茶碗にごはんをよそってもらう」というスタート時点でかなり手間取り、列の進みが悪く、カラの茶碗片手にイライラしている参加者も相当数いたはずです。

もちろん参加店舗のほうも一度に300人殺到されても困るわけで、実際のところはこれくらいのペースが良かったのかもしれない、という考え方も出来ますが、どうすれば参加者にも参加店舗にもストレスなくスムーズに「つまみぐい」してもらえるか、そのシステムに関しては今後の課題になると思います。

まあでも本当に楽しいイベントでした。
また今度は普通に、このGメシ★88参加店舗を訪れたいと思います!

さすらいのグルメ調査隊 Gメシ★88
http://www.gmeshi88.com/



Gメン’75 FOREVER VOL.1 [DVD]
東映 (2006-11-21)
売り上げランキング: 68,332