NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

阿佐ヶ谷の飲み屋街で”チビ太のおでん”を発見!おでん酒場「米久」

画像5
このおでん種、わかる人は相当のオッサンですねw
これは「チビ太のおでん」です。
まだまだ寒くておでんが恋しい季節。阿佐ヶ谷をフラッと歩いている時に見つけたおでん屋さんに、この「チビ太のおでん」がありました。

ここはJR阿佐ヶ谷駅北口スターロード商店街。
こじんまりとした居酒屋、カフェ、バーがひしめく中に、ここ「米久」があります。

画像1
おでん、おでん、おでん。看板、のれん、提灯にしつこく書かれた「おでん」の文字。
おでん屋さん以外の何物でもありません。

中に入るとカウンターのみ。

画像8
おでん鍋に浮かぶ、おでん種の数々。
ここから何を食べようかなーと探すのも楽しいですね。

画像2
とりあえず、大根、がんも、ねぎ天をば。
透明であっさりしたダシに浸かったおでんはどれも優しい味。
そして燗酒が進む味。

画像3
特に「ねぎ天」は練り物の中にねぎがたっぷり。身も大きく軽く包丁を入れて食べやすくされて出て来ました。
ねぎの香りのさわやかさが良い。

画像6
これはつみれとはんぺんと……ごぼう天だったかな。
この辺りまではわりと普通のタネですが、冒頭のアレを紹介しなくてはなりません。

画像5
通称チビ太のおでん――「おそ松くん」というタネらしいです。
三角のはんぺんを頂上に、丸天、なるとが串に刺さったもの。
本来チビ太のおでんはてっぺんの三角のヤツは「こんにゃく」じゃないかという説がありますが、まあそこはあえてツッコむこともないでしょう。
味は……まあそれぞれひとつずついただいた時の感想と変わりはしませんw
この形状にこそ意味がある!w

さて、ここまではわりと「普通のおでん」でした。東京風の薄色、薄味のおでん出汁。何の特徴もないけれども、店の雰囲気も相まって妙に落ち着くタネの数々。

しかし、2つほど感動的に美味しいタネがありました。それを最後に紹介しますね。

画像4
ひとつは、コレ。「ニラ」です。
これは注文を受けてから用意され、サッとおでん鍋で煮込まれます。つまりおでん鍋でずっと煮込まれているわけではないタネ。
いわば「おひたし」のような状態ですが、ダシをあまり絞らず、カラシ醤油と共に盛られて出て来ます。

これがねえ、超うまい。
単純なレシピですが、かなりうまい。


画像7
もうひとつは、トマト。
こちらも注文があってからおでん鍋で煮込まれます。
ニラよりも当然時間はかかりますが、頃合いにおでん鍋から引き上げられ、切って小鉢に盛られ、スプーンを添えられ出て来ます。
このまま食べても美味しいですし、スプーンで軽く潰して食べると、出汁にトマトの果汁が混ざり、不思議とイタリアンな味わいになります。それをクイーッと最後に飲み干すのがたまらなくうまい。

いい酒場だ……とほっこり出来たおでん屋さん。
阿佐ヶ谷「米久」。
ゆったりとした時間を過ごせる酒場、見つけました。


米久
東京都杉並区阿佐谷北2丁目11−7
15:00〜23:00(水・日・祝定休)



おそ松くん DVD-BOX
おそ松くん DVD-BOX
posted with amazlet at 14.02.19
ハピネット・ピクチャーズ (2003-05-21)
売り上げランキング: 78,184