NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

いなばの本格カレー缶シリーズ「チキンとインドカレー」食べてみた

画像1
いなばのツナ缶、チキン缶は「ツナとタイカレー」の大ブームによってバリエーションをどんどん増やしてますね。
今度はタイを離れて「チキンとインドカレー」缶を発売。
ちょっとこれは買わざるをえない。

とこれまでも「いなば缶」をレビューして来た当ブログ。
もちろんそれぞれ常備してます!

画像1
そこにまたまた割り込むか、いなばの新商品「チキンとインドカレー」。

画像4
中身はこんな感じで、カレーペーストにたっぷりひたったチキン。

画像5
冷やゴハンの横に添えて、レンジアップするだけで本格インドカレーの出来上がりです!

画像1
お肉もゴロッと。

味は……かなり甘めかな。
辛さは控えめで、ココナッツミルクの甘味が強いです。

ん? ココナッツミルク?

ココナッツミルクミルクってタイカレーじゃなかったっけ?

……という方は早計です。
インドカレーにもココナッツミルクを使うレシピはあるのです。そして……

画像3
バターのコクが楽しめる本格インドカレーです。

そうそう、甘味はバター由来のもったりとした脂の甘味もあるかもしれません。
ですがたぶんこういう味のほうが日本人は好みなんじゃないでしょうか。

タイカレーはスパイスというよりハーブの香りが強く、実は人によっては好悪がハッキリしますよね。
なので今までのいなばのタイカレーシリーズに比べると、だいぶ食べやすい、好みだと言う方は多くなると思います。

個人的には私は辛党なのでちょっと辛味が物足りないんですが、そういう時は……

画像1
この「極上スパイス喜」で味を補填。
うん、うまい。

(参考)戦場カメラマン渡部陽一推薦!全てのメニューを極上にする魔法の調味料「極上スパイス 喜」がすごい

画像1
ところで、この缶のデザインも、ちょっと物足りなくないですか?

画像1
これまでのタイ缶シリーズは、このように
本場タイで製造
と書いてありました。

今回の「チキンとインドカレー」。本格ならば「インドで製造」と書いてあっても良さげなんですが……

画像2
原産国:タイ」。

おやあ……?w