NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

西武新宿線・新井薬師前〜野方駅間鉄道地下化工事始まる――沼袋住人の不安を煽る駅前施設続々撤退

画像3
西武新宿線・沼袋駅近辺が、西武鉄道の”線路地下化工事”でどんどん変貌しています。
というか、駅舎近隣の施設がどんどん閉店・閉鎖を余儀なくされ、あっという間に閑散としてしまいました。
「いろいろ閉店してて、どんどん不便になっていく。引越も検討しようかな……」と沼袋在住の友人は言います。
沼袋駅前に何が起きているのでしょうか。
画像6
酒飲み友達――というか幼馴染(高校時代の同級生)が住んでいるために私はちょくちょく中野区・沼袋を訪れるのですが、最近の急激な駅前の変貌におどろきます。
都心部の私鉄が線路工事やそれに伴う駅舎工事を行うことは多いですよね。いわゆる”開かずの踏切”の解消策のひとつでもあり、私の思い出の地・江古田駅近辺も久々に訪れるとびっくりするほどに変貌しています。

画像5
その背景にあるのは、西武新宿線・新井薬師前駅〜沼袋駅〜野方駅の3駅に渡る線路の地下化工事
ここ1、2ヶ月の間に、線路沿いの物件が軒並み閉店ラッシュ。
近隣住人の生活を少しずつ不便にしていることは否めない状況。

持ち帰りとんかつ店「さぼてん」の撤退に始まり、
パン屋「オーブンフレッシュキッチン」閉店、
証明写真ボックス駅前自販機の撤去、
ゆうちょ銀行ATMの撤去、


ここにいくつか挙げただけでも、これらが数ヶ月でなくなるという事態、近隣住人にちょっとした痛手であることはおわかりいただけるでしょう。

そして近々駅前交番の北口から南口への移設と、駅前公衆トイレの撤去、クリーニング店「ポニー」閉店が予定されているとか。

画像4
さっそくこの週明けには駅前で工事が始まり、期間や時間帯の表示されていない工事看板にもちょっとし不安を感じます。
ちなみにこの看板が立てかけてある建物が1月に閉店したパン店「オーブンフレッシュキッチン」。
こんな駅前の好立地にあったにも関わらず、どうやら工事資材の搬入場所として使われる為に撤退したと思われ、工事関係者がパイプや柵を運び込んでいる様子もこの時見えました。

実は近隣住人にとって一番大きな生活施設が、唯一、線路沿いの駅近くに残っています。
それはスーパー「西友」。


これまでの線路沿い施設の撤退を見るに、「西友」の撤退も間近かもしれない……と、沼袋在住の友人は嘆いていましたが、確かに沼袋駅周辺には深夜遅くまで開いている大きなスーパーが「西友」以外になく、そこまで撤退した日には「(沼袋からの)引越も考える」と彼が言うのもムリらしからぬ話。

総本山が茨城県?謎の家系ラーメンチェーン「清六家」の”家系担々麺”がウマい
画像5
一方、その西友と細い道路を挟んだテナントに、先日ラーメン屋がオープンしたのも事実。
道路一本北と南でその明暗は分かれているのでしょうか。

私が練馬区江古田地域に生活していた頃は、西武池袋線の線路・駅舎が高架に変貌していく時期でした。
高架の場合はその線路の下が商業テナントとして利用されますが、この沼袋の工事は「地下化」。

って、これまで線路があった場所は、まさか道路になったりするわけないですよね?
大きなビルでも建つのでしょうか。
消えた店舗・施設、そして進退不明の「西友」は……

31
西武鉄道公式サイトよりキャプチャ)

実は1月31日から西武鉄道では「新宿線中井〜野方間連続立体交差事業のご案内」をサイトにアップしています。
近隣住人はこのサイトをぜひチェックしましょう。
開設したばかりで工事期間についてや、工事の詳細はまだ出ていませんので、まだ「なにやらすごい事業だ……」としか言えないのですがw


新宿線中井〜野方間連続立体交差事業のご案内|西武鉄道
http://www.seibu-group.co.jp/railways/smile/nakai_nogata/index.html



トミカトーマス ブルーマウンテン立体交差セット
タカラトミー (2013-04-25)
売り上げランキング: 11,135