NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

幻となった「栄楽」の味を求めて……「丸長 新井薬師店」に行って来た

画像12

こういうのがいいんだよね、こういうのが。

魚介ダシ、魚粉たっぷり、濃厚どろり。そんなつけ麺がもてはやされ、実際食べて美味しいわけですが、たまにはこういう「昔ながらのシンプルなつけ麺」が食べたくなるんです。

ここは中野区、西武新宿線・新井薬師前駅の駅前「丸長 新井薬師店」。
つけ麺と言えば東池袋大勝軒の大将・山岸氏ですが、大勝軒系も元を辿れば行き着くという「丸長のれん会」、そのひとつがここ「丸長 新井薬師店」です。

老舗の灯、消える…つけ麺の名店「栄楽」突然の閉店
「栄楽」の味を求めて……「中野大勝軒」に行ってきた
幻となった「栄楽」の味を求めて……沼袋「丸長」のつけそば


丸長のれん会の一員でもあった中野「栄楽」のつけ麺(つけそば)が好きだった筆者は、その味を求めていくつかのお店を訪れましたが、今回もそのシリーズの1つと言っていいでしょう。

画像9
これが新井薬師前駅 駅前の「丸長 新井薬師店」。
ネットに散見する評判では、「野菜つけそば」が人気のようです。

画像10
野菜つけそばは700円。これは試してみたい……が、私が丸長系で好きなつけ麺は、「生玉子トッピング」なんですよ。というわけで評判の野菜つけそばはまたの機会にして、

画像12
「つけそば(生玉子)」600+50円。

画像13画像15
つけ汁は醤油味が濃くて、あまりダシの味は強くないです。
酢もやや薄めかな。
だが、それがいい。そんなシンプルなつけ麺が食いたいんですよ俺は!
具は細切りチャーシューにメンマ、そして玉ねぎ。

画像11
卓上には一味や酢が用意されていますから、「もうひと味」はカスタマイズすればOK。

画像14
そしてこちらの特徴は、自家製麺の麺。
太めでやや縮れのある麺は、しっかりとコシがあり、つるりとしていて美味しい。

正直、閉店前数年間の「栄楽」は、かつてあった麺のコシが失われ、「最近茹で過ぎな気がする……」と残念に思いつつ、それでも満足して食べてました。
ですが「丸長 新井薬師店」の自家製麺のこの麺は、私が好きだった頃の「栄楽」の麺に近い太さとコシ!
ああ、もっと早くこの店に来るべきだった!

大満足、大感激で並盛りつけそば(生玉子入り)をぺろりと平らげ、冷たくなってしまった残ったつけ汁。
店主におそるおそるスープ割りを頼んでみると、もちろんスープ割りにも対応。

あったかさを取り戻し、スープで薄まったつけ汁を飲むと……
おや、これは……!

昔ながらの、旨味ではなく醤油の味の強いつけそばのつけ汁だったものが、足された煮干し系のスープによって旨味が倍増。
これは実はここ「らーめん」がうまいんじゃなかろうかと思うくらいの〆のスープとなり、こちらもぺろぺろと丼を舐めたい勢いで完飲。

評判の「野菜つけそば」は、もやし・ニンジン等の野菜を炒めてつけ汁に浸したもの。
そしてスープ割りから想像される「らーめん」。
どちらも早急に試してみたい……! と思いつつ、

画像9
なかなかこののれんをくぐれないのは、ちょっと営業時間が短いんですよね……w
(夜の営業は19:30まで)

丸長 新井薬師店
東京都中野区上高田3-41-6 薬師駅前協同ビル 1F
(11:00〜14:20/17:00〜19:30 日曜定休)

エースコック 池袋大勝軒 つけめん 131g×12個
エースコック
売り上げランキング: 22,528