NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

高田馬場タイレストラン「BOSS」の中華アレンジランチ”トムヤムクン炒飯”がうまい!……え、チャーハン!?

画像8
なんか不思議なランチメニューに出会いました。

こちらは高田馬場のタイ料理店「BOSS」。
実は普通にタイ料理ランチを食べたくて入ったこのお店。
あまりメニューを熟読もせずにレッドカレーをオーダー。カレーの到着を待つ間にランチメニューを熟読していると、あまり耳慣れないメニュー名が書いてあったのです。

それがこの写真に写っている……

トムヤムクン炒飯

です。
え、何これ……? と気になった私は、気もそぞろのままレッドカレーをいただき、翌日「トムヤムクン炒飯」を試すために、2日続けて「BOSS」を訪れたのでした。
画像1
高田馬場BIGBOX裏手。
ヴィレッジヴァンガード高田馬場店の真正面にこのお店があります。
扉は若干スモークされており、中は薄暗く見え、ちょっと入りづらい雰囲気もあるのですが、実際中に入ると相席上等なほどに混雑していました。
ランチタイムとはいえ、13時を過ぎた時間帯ですよ?

画像2画像3
ランチメニューはこんな感じで、タイカレーや炒めもの、焼きビーフンなどがっつり食べられるタイ料理が数多く並んでいます。

私が訪れた初日はカレーの気分だったので、

画像5
鶏肉のレッドカレーランチ(700円)をいただきました。

画像6
鶏肉、タケノコがたくさん入ったレッドカレーは、日本人の口に合うようにかやや辛味は抑えめ。
ですが辛味以外は本場の味付けといったエキゾチックな風味で、充分に満足することが出来ました。

画像7
デザートとして添えられているサツマイモの甘露煮も、なかなかお目にかからないものですよね。
でも、これはこれで大変美味しいんですけれども、このレッドカレーが届く前から、そして食べている間も、

――なぜこれに気付かなかった……!?

と私はギリギリと歯噛みしながら上の空。

画像4
ガパオライスやカウマンガイ、タイ料理の重鎮・定番の間に挟まれたなんだこれメニュー

トムヤムクン炒飯」。

(まあその隣の「カレーラーメン」も気になりますけどねw)

レッドカレーを食べながら、私は完全にこの「トムヤムクン炒飯」に心奪われ、

――絶対明日も来よう。

というわけで翌日。

画像1
また「BOSS」に来た。
前日は一人でテーブルに付けましたが、今日は相席。混んでますから仕方ありません。
メニューも見ずに、さっそく「トムヤムクン炒飯」をオーダー。

そして届いたのがコチラです。

画像9
トムヤムクン炒飯(950円)。
スープと、昨日いただいたサツマイモの甘露煮付き。
カレーに比べると値段はやや高めですが……

画像8
この謎の風貌を体験するには全く気になりませんね!
完全にトムヤムクンと炒飯のニコイチ。
香草や野菜がトッピングされ、トムヤムクン色鮮やかなライスが、見た目からして食欲をそそります。
その上トムヤムクンのあの香り。ノドが鳴りますよ。

画像10

トム(煮る)!

ヤム(混ぜる)!

クン(エビ)!

炒飯(米炒め)!

――なんだこれ!?

トムヤムクンですから、もちろんエビが入ってます。
プリップリです。
トムヤムクンですから、酸味と辛味を感じます。
炒飯ですが、インディカ米を使用しているため、パラリ度合いが素晴らしいです。
そこに玉子のふわっとした食感と甘味……

たまらんです。

いわばタイ料理の中華アレンジ。
これはかなり美味いですよ!

夢中でトムヤムクン炒飯をむさぼっていると、新たに入って来たグループ客。
完全に常連といった様子の二人と、新人二人という4人グループが席に就き、常連のほうは
「トムヤムクン炒飯が美味いぞ」と新人らしき二人に声をかけていました。

確かに。
これはこの炒飯のためだけに来る価値あります。

でも僕は……

カレーラーメンも、気になります!

トムヤムクン炒飯がこの旨さなら、
同様にタイ料理中華アレンジである「カレーラーメン」。
いわゆるラーメン屋のカレーラーメンとは絶対違うものが出てくるはず。

次「BOSS」でお昼を食べる時には、ぜひカレーラーメンに挑戦したいと思います!


タイレストラン BOSS
東京都新宿区高田馬場1丁目29−15
http://www.ksijapan.com/restaurant.html



大きな地図で見る


いなば ツナとタイカレーグリーン 125g×24個
いなば食品
売り上げランキング: 22,023

いなばのタイカレー缶レシピ
飛鳥新社編集部
飛鳥新社
売り上げランキング: 38,821