NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

生誕50周年!洋風京菓子「千寿せんべい」が美しい!おいしい!オシャレ!

画像12

なんか不思議なお菓子をいただいたんですよ。
これこそ和洋折衷ってヤツかな……と思うオシャレな「おせんべい」。

京都の菓子舗「鼓月」の代表銘菓「千寿せんべい」。
せんべい、と名は付いていますが、紅茶に、コーヒーに。
オシャレなカフェでいただいても良さげな雰囲気は、さすが京都のお菓子、といった風格。
画像16
個包装されているコチラ「千寿せんべい」。
京都出身の方の正月帰省土産としていただいたのですが、
「せんべい」というわりにはかなりオシャレな様子。

画像12
開けてみると、幾何学的と言っていいほどの均一な凹凸が表面にあり、漢字の「一」の字が中心にあしらわれています。
むしろ洋菓子「ワッフル」のようなものにも見えるのですが……

画像13
2枚重ねのそれは、中心にクリームが挟んであります。
波のような形が、きれいに重なっています。

画像14

ねえ、これ、ワッフルじゃね?

本当にせんべいなの?

「鼓月」の公式サイトによれば、

波間に飛鶴の影が映る、おめでたい情景をあらわし、千代の寿ぎを願って「千寿」の名をつけました。
あっさりとしたシュガークリームをはさんだ口ほどけのよいヴァッフェル生地のおせんべいです。


しかもその誕生は昭和38年(1963年)だというのだから、かなり歴史のあるお菓子。

「ヴァッフェル生地のおせんべい」と書いてあるので、やはりワッフルに近いせんべいなんでしょうか。
何に一番イメージが近いかというと、コレですね。
五月ヶ瀬 煎餅 (8枚入)
「ピーナツせんべい」。
このピーナツが入ってなくて、もっと落ち着いた優しい味とでも言いましょうか。
そんな洋風せんべいに、

画像14
たっぷりシュガークリームが挟んであるのですよ。
これがまあ、うまい。

画像12
漢字の「一」かと思いきや、

「波間に飛鶴の影が映る、おめでたい情景」

確かにせんべいの凹凸は波間に見え、そこにあしらわれた中心の焼き目は羽ばたく鳥の影にも見えます。

オシャレで遊び心もある、しかし丁寧な仕事の見える洋風和菓子。
しかも半世紀もの伝統もある京菓子。

これは確かに「京都土産」としてかなりポイントの高いお土産だと思います。

56
京菓子處 鼓月公式サイトより)

これは覚えておかねばと公式サイトを探っていると、
「千寿せんべい50周年記念サイト」が公開されていました。

皆さんもぜひ「鼓月」の「千寿せんべい」、覚えておくといいですよ!
おみやげに、贈答に。ぜったい喜ばれると思います。

あと、後日デパートのお菓子売り場をウロウロしてたら、

類似品がいっぱいあった

でも元祖はこちら、京都の「鼓月」千寿せんべいですよ!

それこそこの特殊な形状だけでなく、雁の影すらそのまま似たように焼き印してるメーカーがあって、ちょっと萎えましたね。


京菓子處 鼓月
http://www.kogetsu.com/


鼓月 千寿せんべい
鼓月 千寿せんべい
posted with amazlet at 14.01.10
鼓月
売り上げランキング: 47,606