NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

馬肉、まぐろ、貝…と続き今度は「鯖」専門店!専門居酒屋充実の街・中野の「さば銀」

画像6
刺し身の盛り合わせに見えるこれ、乗っている刺し身は全て「サバ」。
生サバ、〆サバ、炙りサバ、ゴマサバ……と、サバ尽くしの盛り合わせです。

中央線に乗っていても看板に気がつく駅至近の居酒屋「さば銀」。
先日ここで”サバ充”して来たので紹介しますね。

ケロロ軍曹が侵略中!?馬肉専門居酒屋「馬肉食堂さくら」の壁がスゴイことになってる!

マグロ、マグロ、マグロ!マグロ専門居酒屋「マグロマート ハンチカ」が激安で美味すぎる!

悲報!B級グルメに紙一重ながらも絶品だった”〆鯖サンド”欠番!ながらも珠玉の貝メニュー尽くしで大満足「貝や しるひ」

これまでもNewsACTでは、中野の専門居酒屋を紹介して来ました。

馬肉、まぐろ、貝……と来て、4軒目です。

今回は「鯖専門」。


画像1
ここです。中央線のホームからも、この大きな看板見えるんですけど、気になってた方います?

私は気になってました。

中野ですが、「神田さば銀」。


メニューを見ましょう。


画像2
本日のオススメ手書きメニュー。

鯖にこだわらない海鮮ものや一品料理が並ぶものの、鯖率高い。


画像3
これが通常メニュー。

惣菜や豚串メニューもありますが、やはり鯖率高い


これはもう鯖攻めするしかないですね。


画像4
しかしお通しは鶏のカレー煮込み。なぜだ……!?w


この日お店はほぼ満席。

店員さんも二人しかおらず、ややメニューの到着は遅れ気味。

いや、そこは仕方ありません。待つしかない。

このカレー煮込みをつつきながら、ホッピーをぐいぐい煽って、サバ尽くしへの期待を高めておきます。


で、まだかまだかと待った結果、とうとう来たのが冒頭のコレでした。


画像6
「さばづくし+1」です。980円。

通常のさばづくしに、何か刺し身を一品足せて、このお値段。

値段だけでなく、足が早くちょっと油断するとくさみの出てしまうサバ。でもこの盛り合わせはどれも、全然薬味もいらない程に新鮮。


実は私、青物の刺し身がちょっと苦手。

だったらサバ専門店来るなよ! と突っ込まないでくださいw

私はサバは嫌いなわけではなく味も好きなんですが、臭味が苦手なのでちょっと古い生のものが出されるとすぐわかります。そんな時はショウガや大葉、薬味をたっぷり添えないといただけないんですが……

ええ、全然ここのサバ、薬味いらなかったですよ。すごい。


これが届くと、少しずつオーダーした品が届くようになって来ました。

やっぱり前のオーダーが詰まってたんですね。いや、仕方ない。そして、待ってました!


画像5
サバと言ったら塩焼きですよね。

ここでは塩焼きは、串焼き。1本150円。


画像7
これは「サバたくあん」。450円。

〆鯖とたくあんがゴマで和えてあり、サバの味と共にタクアンの塩気と食感が楽しく、これはかなりアリ! な味。


画像8
これは「サバ琉球」。680円。

琉球という名前ですが沖縄料理ではなく、九州(大分)料理に分類されるようです。

タレと薬味で和えたサバ。卵黄を添えられており、混ぜていただきます。

サバたくあんとはまた違うアプローチで、これもまたかなり酒に合う!


画像9
サバとアボカドのタルタル。

野菜からのねっとり食感のアプローチ。

これもまた……いや、コレは酒でなく、不思議とパンに合いそう。トーストに乗せるとすごい美味そうな気がするんですが。

(ってことはワインと合う?w)


というわけでこんなメニューが存在してしまうのですよ。サバ専門店では!


画像10


〆鯖サンドイッチ!!


530円。

バターたっぷりの厚切りトーストに〆鯖がサンドされているミスマッチ!

しかも添えられている小皿には、醤油ではなくウスターソース

サバの脂とバターの脂、そしてソースの辛味……なんとも言えぬバランスだ。

(ウマイんですよ。)


実は私、この「〆鯖サンド」が一番気になっていて、ここに来た最大の目的でした。

というのも、記事冒頭に記した過去の記事、


悲報!B級グルメに紙一重ながらも絶品だった”〆鯖サンド”欠番!ながらも珠玉の貝メニュー尽くしで大満足「貝や しるひ」

このタイトルにもありますね。

貝専門店「しるひ」では、かつて”〆鯖サンド”が食べられたのです。

そして今はそのメニューが欠番となっている。

あの味、また食べたい……と願い、その代わりになるメニューじゃないかと期待して「さば銀」に来たわけです。


画像14

ちなみにこれが、かつて「しるひ」にあった”〆鯖サンド”。

(ピンク色の具はガリです。)


おわかりですね。


全然違った。


ですが、だからと言って「さば銀」の”〆鯖サンド”が良くなかったというわけではなく、これはこれでまたジャンク度が増した、まさかのB級グルメとして、かなりアリ! だったんですよ!


この他にも「〆鯖チャーハン」「ゆでタン」等、いろいろいただきました。

特に皆さんは、


「〆鯖チャーハンって何だよ!?」


と思うかもしれませんw

それは、これらのサバだらけ写真が気になって気になって仕方ないあなたが、これからの忘年会・新年会シーズン、ぜひ予約してご自分で確かめてみてくださいよ!w



さば銀

東京都中野区中野5丁目32−9

大きな地図で見る

星刻の竜騎士 XIV (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-02-23)
売り上げランキング: 2,251