NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

プリンなの? どら焼きなの?九州物産展で見つけた大分「ぷりんどら」がうまい!

画像2
ゆふいん創作菓子 ぷりんどら」。

由布院といえば九州・大分。
お土産としても喜ばれそうですが、九州では有名なお菓子のひとつらしく、東京でも度々スーパー等の「九州物産フェア」で見かけることがあります。

プリンだろうか? どら焼きだろうか?
実際買って、食べてみました。


画像3
パッケージを開けて側面から見るとこんな感じです。
単にプリンがどら焼きの皮に挟まれている……だけじゃないですね。

画像4
ふっくらとした甘さ控えめの皮の間には、カラメル付きのプリン。
まさに「プリン」そのものと言っていい佇まいで挟まれいます。
その上にぼってりの乗っているのはカスタードクリーム。
「どら焼き」としての和の要素はあくまでどら焼きの皮まで。
皮がなければ洋菓子として普通にありそうな組み合わせです。

画像5
これがまあ、うまい。

パッケージをもう一回見て欲しいんですが、この商品、要冷蔵
まあ、プリンですから。

冷たいなめらかなプリンと、ぼってりとした冷たいカスタード。
その甘さにちょこっとカウンターな、カラメルの苦味。
そして和の皮はむしろパンケーキにも似た厚みと食感。それがひんやりしっとりとして……
こりゃもう和菓子じゃないな! 和の慎ましさのある洋菓子だ!
わたしこれ、かなり気に入りました。

まあ、ちと季節感は無いですが(オイ)、暑い季節に冷たい煎茶と合わせていただくとスッと汗が引いて一息つけそうな味です。
甘さもくどくないので、冷たさが引き立つ感じですかね。

さて、これを買ったスーパーでは九州フェア終わっちゃったし、どこで買えるかなー、お取り寄せかなーと公式サイトを見てみたら、

purindora001
お菓子の菊屋公式サイトより転載)
年間160万個、累計1,800万個製造・販売された爆発的人気商品だったらしいです。
いきなり黄金伝説。」等の人気TV番組や新聞・雑誌でも、至高のお取り寄せグルメとして紹介されていたようで、その人気、味に納得。

ゆふいん創作菓子 ぷりんどら」。
贈答用にも、ご自宅用にも、これは九州フェアを待つまでもなく、直接取り寄せて買うべき!


お菓子の菊屋
http://www.kikuya-shop.net/


菊家 ぷりんどら
菊家 ぷりんどら
posted with amazlet at 13.12.04
冬ギフト歳暮屋