NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

全長50センチのソーセージ!「サブマリン」の超巨大ホットドッグ

画像1
絶望的な佇まいのホットドッグに出会いました。
わかるでしょうか。その大きさが。

本来1個のホットドッグを収めるべきペーパーパッケージが2枚、

左右からホットドッグを挟んでいます。
なんというバランスの悪さ。
いや、豪勢なデカ盛り……って言うのかなあ、ホットドッグの場合。

この超ロングサイズのホットドッグが買えるのは……


画像1

ここ、ホットドッグの「サブマリン」。

埼玉県東松山市にあります。
最寄り駅は東武東上線・高坂駅。

実はここに巨大なホットドッグがあると聞いてやって来た筆者。

画像2
ダイナマイトホットドッグ。これか。これだな。
限定15本に限って、正規の値段1,280円が1,000円とお得にはなっているが、
1,000円たってすげえ値段。
だって、別にドリンクとセット価格ではなく、ホットドッグ1本の値段が1,000円ですよ?
本来なら1,280円ですよ?
そりゃ期待も高まるという……

意外にも、店内で調理販売しているのは老夫婦
アメリカかぶれの若者が、話題作りの為にデカ盛り作りにがんばっちゃったのでは……なんて思ってたら、
開店して18年、御年78歳のおばあt……いやお母さんが店主なんだとか。
(定年後始めた計算……だろうか。)

画像3
画像4
画像5
歴史を語る、手作り感あふれるメニュー。
そのホットドッグの種類、20種類を超えている……!

チリビーンズやザワークラウト、チーズ……トッピングがいろいろあって目移りします。
が、ここは初志貫徹。

私はここに、最大サイズのホットドッグを食いに来たのだ。

「ダイナマイトホットドッグください」
「はいよ、1,000円ね!」

と、威勢のいい母さんが答えてくれた。
良かった……限定数にはまだ達していなかったようだ。
店主の母さんはオーダーを聞いてから調理を始める。
それを窓口で見守っていると……

画像6

ねえ、その鉄板の上で焼かれてるの、何?

鉄板に垂直にも水平にも収まらないソーセージが、斜めに転がされている。

うっへえ、おら、わくわくしてきたぞ。

画像1

で、渡されたのがコレですよ。

この大きさは写真じゃ伝わらないかなあ。
とにかく本来ホットドッグが軽く収まるはずの紙パッケージが2枚、左右からホットドッグを挟んでいます。
バンズは「コッペパンだろこれ」というサイズ。
ですがモノは柔らかめのバゲットだと思われます。

かんじんのソーセージは、

その長さ、50センチ

そりゃ鉄板にも収まらない。
バンズにも収まるわけがない。

画像4
こいつを攻略するには、こうやってハミ出たソーセージをまずかじってですね……

画像10

やっぱでけえよ!

遠近感あるとは言え、俺の手との対比おかしいだろ!?

困ったことに、このホットドッグが超うまい。
もっちりとしたバンズと、ジューシィなソーセージ。
「あったかいうちに食べてね!」と店のおかあさんは言っていましたが、
このやろ! このやろ!と格闘するつもりが、もぐもぐもぐもぐ……といつの間にか全部食べてました。

ところで、この「ダイナマイトホットドッグ」が「サブマリン」の最大ホットドッグなわけですが、実は、

画像1
画像3
この時同行した友人たちが買った「フツーのホットドッグ」も充分に大きかった。

チーズたっぷり、ザワークラウトたっぷり。
おや、美味しそうですね……とヨダレが垂れるものの、自分の「ダイナマイト」をやっつけるので手一杯で、味見出来ませんでしたよ?w

全国1億人のホットドッグファンの皆さん!
埼玉に来た時はぜひ、東松山の巨大で美味な「サブマリン」のホットドッグ、体験してみてくださいね!


サブマリン
埼玉県東松山市毛塚713−1

(11:00〜20:30/月曜定休/月曜が祝日の場合は火曜休み)

大きな地図で見る