NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

【名古屋珍百景】「何で鏡付いてんの?」「え、東京は鏡付いてないの?」名古屋のローカルカルチャー”電車に鏡”

画像5
名古屋人に「何これ?」と訊くと「他の土地には無いのか!?」と絶句されるのが、コレです。
わかりますか?

名古屋市営地下鉄の車両には、鏡が付いています

ドアの横、いわゆる「狛犬ポジション」の手すりの横、ちょうど目線の高さに鏡が付いています。

画像6
これでわかりやすくなったでしょうか。

名古屋地下鉄利用者は、この鏡で時折身だしなみを整えたりするわけですが、

「名古屋地下鉄 鏡」でGoogle検索すると、出てくる出てくる、

どうして鏡が付いているの?
地下鉄車内になぜ鏡?
名古屋の地下鉄に謎の鏡
名古屋の地下鉄には鏡がついている件


というフレーズの数々。

そしてその質問に対して名古屋人が、

「他の街の地下鉄には鏡ないの!?」

という反応。
ローカル文化があまりにも自然に根付いているために、全国的な文化だと勘違いしちゃうあの現象です。
なぜ鏡が付いているのか、それは上記のとおりググればすぐ出て来ますので、ここでは割愛。

実はこの車両に鏡が設置されているのは、名古屋地下鉄だけではありません。
関東にもあるんです。


それは千葉のローカル路線「新京成電鉄」。

sinkeiseikagami
(画像は新京成電鉄|通勤電車図鑑より)

むしろ名古屋地下鉄に比べ、大きな鏡が付いてますね。
新京成電鉄にとってこの鏡は「シンボル」と言うほどのマストアイテムらしいのですが、
車両に鏡、その文化は名古屋が先なのか、新京成が先なのか、気になるところです。
勝手に名古屋出身の新京成社員が発案したのでは? と想像しちゃいますけどねw