NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

【名古屋珍百景】空中浮遊信号機(最新バージョン)

画像4
名古屋の大須に、不思議な信号があります。
「名古屋の珍信号」と呼ばれ、そのすじの方にはわりと有名なスポットらしいです。
この交差点の信号がそうなんですが、どう不思議なのかわかります?

交差点のど真ん中にあり、たった一本の支柱で支えられてるんですよ。

画像3
場所は名古屋市中区大須。赤門通りと裏門前通りの交差する場所。
4つの車両用信号が一箇所に集まり、4方向に向いているだけでなく、
その裏側(内側)には歩行者用信号が収まっています。

画像2
こう見ると完全に「空中に浮いた信号機」。
SF映画に車が空を飛んでいる”エアカー”描写がよくありますが、
そのエアロードの信号機はこんなふうに浮かんでたりしますよね。

ですが、この信号を見せようと連れて来た名古屋人がこの信号を見て、

「これじゃない!」

と叫びました。
私にとっては充分物珍しい形状の信号機。
これでひとつ「珍風景」的なネタになるぞと思ったのに、何が違うというのか。

「LED電灯タイプになって、形も普通になってる!」

LEDはともかく、これは普通の形じゃないと思うんですが……
と、彼はすかさずiPhoneで画像検索。
そして私に見せつけた画像がコチラ。

22
大須 合理的な珍信号|名古屋圏よりキャプチャ)

2010年にLEDタイプに掛け変わったこの信号機。
以前はこんな形状の信号機だったらしいです。
こちらも一本の支柱に支えられた空中浮遊タイプですが、現在のものに比べるとかわいげがあるようにも思います。

実はこの信号。合理的に設置はされていますが、道の真ん中にあるために利用者に取って「見づらい」との感想も多くあり、実際この交差点を渡ってみると、特に歩行者は横断歩道から約45度左右に信号ランプがあるわけで、確かに見づらいw

それでもLED化された折に、この形状の基本は変えずに掛け変わった事実を鑑みるに、やはり「珍信号」としての知名度のある「地元の名所」という部分を、変えるというわけにはいかなかったのでしょうね。

【猪原賽】

旅で見つけたニッポン珍景・百景―あなたも探してみませんか?
稲葉 隆生
コスモトゥーワン
売り上げランキング: 34,538