NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

ご当地サイダー「富士山コーラ」から知った透明コーラの正体と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあのシーンの真相!

画像1
中央自動車道のパーキングエリアで購入したコチラ。
白いコーラ「富士山コーラ」。
コーラなのに、白い。
コーラはやっぱり黒くないとあんまりコーラ感ないよな……

……ん? そういえばかつて「透明のコーラ」ってあったな
あれなんだっけ??

とググって見て知る、あの名作映画のあのシーンの真相。
あの映画とは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。

画像3
とりあえずは「富士山コーラ」の紹介。
富士山の雪をイメージした結果、白い液体となっているこの商品は、富士山の天然水を使用。
「モンドセレクション金賞」なんて言葉が見えますが、
「富士山コーラ」がモンドセレクション受賞したわけではなく、
その原材料である「水」自体がモンドセレクションを受賞しているという。

いや、モンドセレクション、ただの水にまで認定してくれるんですね。
すげえ。

味のほうはというと、やっぱりコーラ味が付いているわけですよ。
白いのにコーラ味。
コーラは黒いという固定概念が拭い切れないので、とても不思議な気分。

さて、ここで冒頭の話題に戻ります。
皆さん覚えてますか?

「透明のコーラ」。

それは、コチラです。

49
The Archive of Softdrinksよりキャプチャ)

タブ・クリア』。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
あったわそれーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!
という反応、期待しております。

日本ではかなり爆死し、なかったことにすらなっていそうな「タブ・クリア」。
この写真を掲載している「The Archive of Softdrinks」のこの項目には注目すべき豆知識が記載されていました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-10-26)
売り上げランキング: 3,583

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
言わずと知れたハリウッドSF娯楽映画の名作。

予備知識としてまず提示したいのは、
「タブ・クリア」とは、アメリカのコカ・コーラ社が先行して販売していた「タブ」という低カロリーコーラの透明液体版。
タブ・クリアすらも記憶の奥に仕舞われている我々ですが、「タブ」はアメリカではそこそこ認知されていた商品のようで。

 「タブ」というと、映画 "Back To The Future"でマイケル・J・フォックス扮する主人公がカフェでタブを注文して店主から「伝票(タブ)は注文の後だ」と言われるシーンがあるが、ここで 注文したのがこのタブである。映画の時代設定は1955年であったので、もちろんタブはまだ発売されていない。(タブはペプシコ製品しか出て来なかったこ の映画シリーズ中で唯一名前の出たコカ・コーラ製品である)
(上記「The Archive of Softdrinksタブ・クリア項より引用)
あーーーーーーーーーーーーっ!
あったわそんなシーン!!


もう一度『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観たくなりましたね。
というお話ですw

【猪原賽】